楳本法神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

楳本 法神(うめもと ほうしん、1727年享保12年) - 1830年文政13年)8月14日[1]は、日本剣法家。

経歴[編集]

家系、生没年等、来歴は謎に包まれており、その詳細はほとんど判明していない。

本姓富樫で、加賀金沢富樫政親(政高とも)の子という。父から家伝の剣法を学び、長崎医学占術を学び、1日に30を走るなど、文武とも卓越していたとされる。

晩年は、上州群馬県赤城山に住み木曽三柱神社の境内で法神流剣法を指南。門人3千といわれた。その剣法は法神亡きあと、法神流として伝えられた。

関連項目[編集]

出典[編集]

『剣の達人111人データファイル』(新人物往来社

脚注[編集]

  1. ^ 群馬県勢多郡北橘村箱田にある木曽三柱神社の法神流剣法伝統碑によれば、168歳で没したとある。