極付印度伝 マハーバーラタ戦記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

極付印度伝 マハーバーラタ戦記』(きわめつきいんどでん まはーばーらたせんき)は、インドの神話的叙事詩であるマハーバーラタ歌舞伎化した作品。

極付印度伝 マハーバーラタ戦記
脚本 (原作者不明)
青木豪(脚本)
宮城聰(演出)
初演日 2017年10月1日 (2017-10-01)
初演場所 歌舞伎座
オリジナル言語 日本語
ジャンル 新作歌舞伎
軍記物
舞台設定 古代インドの人々と神々の世界
架空の世界

概要[編集]

世界最長の文学と言われる『マハーバーラタ』を歌舞伎化した作品。全編で18巻、全10万詩節からなる原典は日本語訳が完成していない[1]。上演時間約4時間の大作。本作では原典の登場人物のひとりであるカルナ王子を主人公として描いている[2]

2014年に静岡県舞台芸術センター(SPAC)で芸術総監督の宮城聰の演出で上演された『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』を観た五代目尾上菊之助が歌舞伎化を発案し、その後宮城に相談して構想がはじまった[2] 。宮城は2014年7月、フランスで行われる世界最高峰の演劇の祭典「アヴィニョン演劇祭」で、同演劇祭に参加する20年ぶりの日本人演出家の作品として同作品を上演しており、菊之助が観劇したのは同年9月に凱旋公演として行われた神奈川芸術劇場(KAAT)での公演[3]

衣装はインドの伝統舞踊劇「カタカリ」の衣装要素を取り入れ[4]、多数の宮城聰作品を手掛けた高橋佳代によって「インドの神が日本に渡ってくるまでの変遷で、ちょうどいいところを探り」制作された[5]

2017年(平成29年)芸術祭十月大歌舞伎の昼の部公演として上演された。平成29年度(第72回)文化庁芸術祭参加公演。日印友好交流年記念。インド大使館後援。

場名[編集]

  • 序幕 神々の場所より大詰 戦場まで
    • 神々の場所~ガンジスの川岸~迦楼奈の家~五王子の宮殿~修験者の庵~競技場~祭りの町の別邸

~バンチャーラ国~鶴妖朶の屋敷~密林~ガンジス川のほとり~象の国の陣営 ~開戦~バガバッド・ギーター~迦楼奈と汲手姫~戦場[6]

配役[編集]

役名 演者 備考
迦楼奈
かるな
五代目尾上菊之助
シヴァ神
汲手姫
くんてぃ
中村時蔵 若き日の汲手姫を中村梅枝が演じる
帝釈天 中村鴈治郎
鶴妖朶王女
(づるような)
中村七之助 原典のドゥルヨーダナは男性
百合守良王子
ゆりしゅら
坂東彦三郎
多聞天
風韋魔王子
びーま
坂東亀蔵
阿龍樹雷王子
あるじゅら
尾上松也 迦楼奈の異父兄弟
梵天
(若き日の)汲手姫 中村梅枝
森鬼飛
しきんび
風韋魔と契る魔物
納倉王子
なくら
中村萬太郎
我斗風鬼写
がとうきちゃ
沙葉出羽王子
さはでば
中村種之助
弗機美姫
どるはたび
中村児太郎
森鬼獏
(しきんば)
尾上菊市郎
拉南
(らーな)
市村橘太郎
道不奢早無王子
どうふしゃさな
片岡亀蔵
修験者 破流可判
(はるかばん)
河原崎権十郎
亜照羅多
(あでぃらた)
坂東秀調
羅陀
(らーだー)
市村萬次郎
弗機王
どるぱた
市川團蔵
行者
大黒天  坂東楽善
太陽神 市川左團次
那羅延天 尾上菊五郎
仙人 久理修那
くりしゅな

スタッフ[編集]

公演[編集]

平成29年度(第72回)文化庁芸術祭参加公演。日印友好交流年記念。インド大使館後援。10月1日(日)~10月25日(水)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ インド叙事詩「マハーバーラタ」とは | 歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」極付印度伝 マハーバーラタ戦記
  2. ^ a b “尾上菊之助、父・菊五郎「日印と言えばカレーライス?」の言葉に噴き出す!新作歌舞伎『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』製作発表”. エンタステージ. (2017年8月31日). https://enterstage.jp/news/2017/08/007865.html 2019年2月20日閲覧。 
  3. ^ 菊之助に聞きました” (2017年8月9日). 2019年2月21日閲覧。 - 歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」極付印度伝 マハーバーラタ戦記
  4. ^ 菊五郎、菊之助『マハーバーラタ戦記』初演への思い”. 松竹 (2017年10月1日). 2019年2月20日閲覧。
  5. ^ 衣裳はこんな感じ” (2017年9月23日). 2019年2月20日閲覧。 - 歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」極付印度伝 マハーバーラタ戦記
  6. ^ a b 松竹歌舞伎公演データベース マハーバーラタ戦記