楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楽器(がっき、: musical instrumentあるいは単に: instrument[1][注 1])とは一般的には「音楽素材としてのを発するための道具の総称[2]」「音楽に使用される音を出す器具[3]」とされる。

範囲[編集]

[注 2] 『音を出すもの』全てが楽器なのではなく、『音を出すためのもの』が楽器であり、言い換えると、音を出すことを目的とするものが楽器である、とも指摘されている。大抵のものは叩けば音がするが、それだけでそれを「楽器」と言うことはない。例えばスプーンは(叩けば音がするが、それだけでは)楽器ではない。だがアフリカにはそれを重ね合わせて楽器とする例があり、『スプーン・カスタネット』と呼ばれる。また法螺貝は元々は貝の殻であり、その時点では楽器でないが、死んで(音を出す目的で)吹かれると楽器になる。他の用途にも使える楽器もあり、例えばステッキとして使えるフルートなどが実在する。この場合、(ステッキとして使っている間はステッキであって)フルートとして使っているときは楽器だと言うことになる[4]

などを叩いて「音楽の素材にする」こともできないわけではないため、広くは「音を出すことができるものはすべて楽器(になりうる)」とみなすことができる。しかし、「音を出すために使われる(ことがある)が、(一般的に他の用途のほうがむしろ主で)楽器とまでは言い難い道具は音具と呼んで区別する」という考え方もある。

歴史[編集]

そもそも楽器はいつ頃 発明されたのか?とか、様々な楽器がそれぞれいつ発明されたのか?という問題は多くの人の関心を呼んできたが、初期の楽器は今日的な意味で「発明」されたわけではなく、大地を踏み鳴らしたり、で体を打ったりといった人間の様々な動作衝動によって生み出されてきたに違いないのであって、おそらくリズムを刻む種類の楽器が最初に作られたのであろうとザックスは指摘した[5]。さらにはより大きな音や激しい音を得るために木や石を叩いた可能性も大きい。具体的には旧石器時代に「がらがら」を作っていたことが知られ、これは音をより長く持続させるための工夫であったかも知れない。 楽器の種類としては打楽器が最も早かったと考えられる。これは作るのが容易であると考えられること、それに現在の民族で打楽器を持たないものがほとんど無いことから推察される。がらがらの他に木のを叩く「クラッパー」などがもっとも初期のものと考えられる。なお、も、すでに旧石器時代のそれと思われるものが発見されている[6][注 3]

構造[編集]

物理的な側面から見ると、楽器の多くは

の双方から成っているが、中には後者を持たないものもある。

楽器の分類[編集]

今日、多種類の楽器が知られているが、これらは以下のように様々な見方で分類することができる。

旧来の慣用的分類[編集]

主に西洋音楽の分野で歴史的に用いられている分類。奏法を感覚的に把握する上であるていど役立つ実用性をもつ反面[注 4]明確な分類基準に基づくものではないので、楽器を体系的に分類するには適していない。

  • 管楽器 - 一般的には「管」の内部の空気を振動させて音を出す楽器であるが、オカリナのように「管状」でないものも含まれるから、訳語としては「吹奏楽器」の方が適切である。後述のHS分類では気鳴楽器となる。管状の楽器では、音高は筒の長さや形状によって決まり、音色は楽器の作りによってかなり異なったものとなる。
    • 金管楽器 - の振動によって管の内部の空気を振動させる楽器。唇簧管楽器。広義のラッパ。音高を変えるために、バルブなどによって管の長さを変える仕組みを持つものが多い。「金属」で作られているかどうかは無関係である。
    • 木管楽器 - 金管楽器以外の管楽器すべて。唇の振動によらないもの。広義の。無簧(エアリード)、単簧(シングルリード)、複簧(ダブルリード)に分けられる。一般に音高を変える側孔(音孔)を持つ。「木」で作られているかどうかは無関係である。
  • 弦楽器 - 張力を持たせて張ったを弾く、擦る、叩くなどして音を出す楽器。音高は弦の長さや張力、単位長さ当たりの質量によって決まり、弦の材質、共鳴胴の形状、材質などによって様々な音色のものがある。HS分類では弦鳴楽器となる。
  • 打楽器 - 楽器をばちで打ったり楽器同士を打ち合わせることによって音を出すものが多いが、振ったり擦ったりして出す楽器もある。様々な材料と形のものがあり、音や奏法も様々である。HS分類では体鳴楽器または膜鳴楽器となる。
  • 鍵盤楽器 - 指や足で演奏するための鍵盤を有するもの。HS分類では発音原理次第で、体鳴楽器、弦鳴楽器、気鳴楽器、電鳴楽器のいずれかに該当することになる。
  • 電気楽器 - 何らかの手段で作り出した物理的振動を、電気的、電子的に増幅処理して、最終的に電磁気力によって音を出す楽器。振動源だけに着目すれば、HS分類の体鳴楽器、膜鳴楽器、気鳴楽器、弦鳴楽器のいずれかに属するわけであるが、いずれであってもHS分類では電鳴楽器として分類される。
  • 電子楽器 - 振動自体を電子的手段で作成し、最終的に電磁気力によって音を出す楽器。HS分類では電鳴楽器となる。
  • - 人間の声は一種の楽器として取り扱われることもあり、その場合は声帯が振動源、口腔が共鳴部ということになるが、一般的には「声楽」は「器楽」の対語であり、声は楽器とみなさない。HS分類でも楽器に含めない。

楽器分類学における分類[編集]

最もよく知られているザックス=ホルンボステル分類(HS分類)では、発音原理に基づいて以下の5つに分ける。当初は「体」「膜」「弦」「気」の4分類法だったが、後に「電」が加えられた[2]

音域による分類[編集]

機能による分類[編集]

西洋音楽の3要素であるリズムメロディハーモニーに注目した分類。

両者の境界線は曖昧である。例えば、一見すると不完全楽器であるヴァイオリンも、和声伴奏部をアルペジオで崩して弾いたり、バッハ弓を使うなどの裏技を駆使すれば、完全楽器に近い演奏が可能である。

音の安定性による分類[編集]

  • 定音楽器 - ピアノのような鍵盤楽器など、楽器の構造上、鳴らすだけで正確な高さの音が出る楽器。
  • 作音楽器 - バイオリンのような弦楽器や、尺八のような管楽器など、楽器の構造上、奏でるだけでは正確な音程が出ず、演奏者が音の高さを調整して作らねばならない楽器。

作音楽器は人声のように、ピアノでは出せない微妙な高さの音も奏でることができる。

音の持続性による分類[編集]

  • 減衰楽器 - ピアノやギター、ハープ、三味線など。
  • 持続楽器 - 笛やバイオリン、オルガン、コンサーティーナ、人声(楽器と見なす場合)など。

減衰楽器は構造上、熟練奏者であっても持続音を出すことはできない[注 5]。持続楽器は意図的に楽音を増減させることができるので、表現力豊かな演奏が可能である。

地域による分類[編集]

  • 民族楽器民俗楽器) - 西洋音楽に用いる楽器以外の楽器。世界的には、日本人だけが用いている伝統的楽器も「民族楽器」に分類される。ただし、日本語で書かれた日本人だけに向けた教科書類で「民族楽器」と言った場合にはそれ(和楽器)を含まず別格にしたがる傾向がある。
  • 和楽器 - 日本の伝統的な楽器。
  • 洋楽器 - 広義では上記以外の楽器全て。狭義では「明治時代以降に西洋から日本に伝来した楽器」。

地域による楽器分類の境界線は曖昧である。例えばバラライカバグパイプカンテレなどは広義の洋楽器だが、狭義ではヨーロッパの民族楽器である。また一般人が日本語で漠然と「洋楽器」と言うと結果として古楽器は含んでいないことが多いが、これも専門家だと異なる用い方をすることがある。

その他の分類[編集]

楽器メーカーや楽器店では、アコースティック楽器フレット楽器、リード楽器蛇腹楽器など、購買層のニーズや楽器の流通経路の実態に応じた実用的分類も行われており、それぞれの楽器の専門店も存在する。

楽器メーカー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 英語で「instrument」だけでも楽器を指しうるので、たとえば歌詞カードでも「All Other Instruments(その他全ての楽器)」「All Instruments(全ての楽器)」「Other Instruments(その他の楽器)」といった表記がされることになる。
  2. ^ 「楽器は一般的には「音楽のための道具であり、そのために音を出すもの」である。ただし楽器は必ずしも音楽のためだけに使われるものではない。合図を発するため、あるいは猛獣を避けるために音を鳴らすのも楽器である。したがって楽器とは『を発するための道具』とするのが妥当である。」[要出典]
  3. ^ ちなみに、日本の古代を研究する考古学領域では、近畿地方を中心とする遺跡から出土する銅鐸について、「祭祀に用いられるのような楽器であった」とする説が有力である。
  4. ^ 例えば(ピアノ式の手鍵盤をもつ)「鍵盤楽器」の指遣いはどの楽器でも同じであるため、ピアノの奏者は、HS分類では異なる種類に分類されるオルガンや鍵盤ハーモニカ、電子キーボードなども問題なく弾ける。「金管楽器」であれば、呼吸器が弱い人は不利だと想像できる。
  5. ^ ただし、電気を用いる楽器ではこれを可能にする例も存在する。
出典
  1. ^ Oxford Dictionary "instrument 3."
  2. ^ a b 下中直也(編) 『音楽大事典』 全6巻、平凡社、1981年
  3. ^ 『音楽中辞典』 音楽之友社、1979年
  4. ^ 守重(2015),p.19-20
  5. ^ クルト・ザックス(著) 柿木悟郎(訳) 『楽器の歴史(上)』 全音楽譜出版社、1965年、ISBN 4-11-800011-3
  6. ^ 守重(2015),p.21

参考文献[編集]

  • 守重信郎、『写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門』、(2015)、時事通信出版局、 ISBN 978-4788714175

関連項目[編集]