楽園のつくりかた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

楽園のつくりかた』(らくえんのつくりかた)は、笹生陽子の児童小説および、それを原作に2003年11月29日NHKで放送されたテレビドラマ。天海祐希落合扶樹の共同主演。2002年講談社刊、2005年角川文庫刊。第50回産経児童出版文化賞受賞作。

ストーリー[編集]

一年前に事故死した父親の死を受容しきれず、都会の日常の中で傷つき孤独を抱え込んでしまった主人公の中学生・星野優(落合扶樹)。

そんな息子を見かねた母・涼子(天海祐希)は、長野県にある亡き父の生家に親子で「山村留学」することを決意。

ボケかけた祖父・高志(田村高廣)や、里親の下に山村留学している同級生たちとの温かなふれあい・山村留学生の里親(祖父の友人)の死などを通し、父の死を受容し自分を取り戻していく少年とその母の姿を、美しく雄大な長野の自然を背景に描いた。

出演[編集]