楽天ユニオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

楽天ユニオン(らくてんユニオン、: Rakuten-Union)は、インターネットショッピングモール楽天市場の出店者でつくる任意団体

概要[編集]

代表者は元楽天市場出店者の勝又勇輝。参加者は楽天の一方的な規約変更を問題視する楽天市場出店者であるが、サポーター会員として楽天社員、マスコミ関係者、弁護士などもいる。

活動内容[編集]

具体的には以下のような活動を行い、各種メディアやホームページ、SNSを通じて情報を発信している。

  • 相談窓口
  • 署名活動(2020年1月22日公正取引委員会へ署名の提出が行われた - [1]
  • 記者会見(弁護士が同席し、法的なコメントが行われている)
  • 取材協力(テレビ、雑誌等の取材に応じている)
  • 勉強会(出店者の中で法的な問題などの共有が行われている)
  • 楽天とトラブルになった店舗へのフォロー(店舗のみならず楽天社員も含まれる)
  • 問題点指摘

記者会見[編集]

楽天ユニオン記者会見の概要
日付 場所 記者会見の内容・理由 主な発表者 主な参加者
2020年01月22日 東京

千代田会館ビル4 階

大会議室

公正取引委員会への署名及び排除措置請求の提出に関する報告

楽天株式会社は、公正取引委員会から「優越的地位の濫用にあたる恐れがある」と指摘を受けながらも、2020 年3月18日に3,980円以上で「送料無料ライン」の実施をすると明言したため。

  • 「送料無料に反対」楽天出店者の団体、撤回求め署名提出[2]
  • 楽天送料無料に差し止め請求検討 出店者負担強制で「利益減る」[3]
  • 楽天送料無料化に反旗 「負担一方的」公取委に調査要請[4]
  • 楽天市場送料無料化 三木谷会長「店も売り上げ伸びる」 予定通り3月実施を強調[5]
川上資人弁護士

勝又勇輝代表

坂井健一副代表

マスコミ各社

楽天ユニオンの会員

2020年03月10日 東京

千代田会館ビル4 階

大会議室

送料込みラインに関する緊急記者会見

一部メディアによる『楽天が送料無料化の一律無料化を断念した』といった報道が行われ、出店者並びに一般の方に誤解が生じていると判断したため。

  • 楽天出店者団体、裁判所に楽天への緊急停止命令求める[6]
  • 楽天市場の送料無料化に反発する「楽天ユニオン」、またも怒りの記者会見 三木谷社長との直談判を要望[7]
川上資人弁護士

勝又勇輝代表

坂井健一副代表

マスコミ各社

楽天ユニオンの会員

2020年07月16日 静岡

静岡商工会議所

401号室

楽天市場における問題点、被害者(元出店者)の訴えの概要、楽天側の勝又代表に対する嫌がらせ・誹謗中傷の内容、民法改正の説明が行われた。
  • 楽天手数料引き上げ告発[8]
  • 出店者は相談を 楽天ユニオン、問題点説明 /静岡[9]
御宿哲也弁護士

川上資人弁護士(ZOOM)

勝又勇輝代表

坂井健一副代表

マスコミ各社

楽天ユニオンの会員

複数の弁護士(ZOOM)

脚注[編集]

  1. ^ 令和2年1月22日付 事務総長定例会見記録:公正取引委員会”. www.jftc.go.jp. 2020年8月11日閲覧。
  2. ^ 「送料無料に反対」楽天出店者の団体、撤回求め署名提出:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年8月13日閲覧。
  3. ^ 楽天送料無料に差し止め請求検討 出店者負担強制で「利益減る」(共同通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年8月13日閲覧。
  4. ^ 楽天送料無料化に反旗 「負担一方的」公取委に調査要請” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年8月13日閲覧。
  5. ^ 楽天市場送料無料化 三木谷会長「店も売り上げ伸びる」 予定通り3月実施を強調” (日本語). 毎日新聞. 2020年8月13日閲覧。
  6. ^ 日経クロステック(xTECH). “楽天出店者団体、裁判所に楽天への緊急停止命令求める” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2020年8月13日閲覧。
  7. ^ 楽天市場の送料無料化に反発する「楽天ユニオン」、またも怒りの記者会見 三木谷社長との直談判を要望” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年8月13日閲覧。
  8. ^ 楽天手数料引き上げ告発/公取委に排除措置請求へ 出店者ら” (日本語). www.jcp.or.jp. 2020年8月13日閲覧。
  9. ^ 出店者は相談を 楽天ユニオン、問題点説明 /静岡” (日本語). 毎日新聞. 2020年8月13日閲覧。