楽就

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

楽 就(がく しゅう、? - 197年)は、中国後漢時代末期の武将。

正史中の事跡[編集]

姓名 楽就
時代 後漢時代
生没年 生年不詳 - 197年建安2年)
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 〔不詳〕
爵位・号等 -
所属・陣営等 袁術
家族・一族 〔不詳〕

袁術配下。建安2年(197年)9月、曹操は自ら国に進攻して来た袁術を討伐しようとした。これに対して袁術は、橋蕤に加えて李豊梁綱・楽就の3将を陳国に残留させ[1]、自分だけ寿春へ逃げ帰ってしまった。楽就は、他の将軍たちと共に曹操軍を迎撃したが、敗北して戦死した。

物語中の楽就[編集]

小説『三国志演義』では、李豊・梁剛(正史の梁綱)と共に呂布討伐の際に袁術軍各軍の督戦官を務めている。曹操らが寿春に攻め込んで来ると、淮水を渡って逃れようとする袁術の命により、楽就は李豊・梁剛(正史の梁綱)・陳紀と共に寿春城を固守している。しかし、曹操軍の猛攻の前に城が陥落し、楽就らは城内の市場へ引き出されて斬首されてしまう。

[編集]

  1. ^ 後漢書』袁術伝によると、張勲も留まったとされる。

参考文献[編集]