楽月慎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

楽月 慎(らくづき しん、1975年[1] - )は、日本小説家宮城県仙台市出身、在住[1]白鴎大学経営学部卒業。別名に添野慎太郎(そえのしんたろう)。会社員として働く傍ら執筆を続ける。

2005年、「陽だまりのブラジリアン」で第16回朝日新人文学賞を受賞。

作品[編集]

  • ファースト・フィナーレ
    • 2002年3月20日、本の森、ISBN 978-4434013935、添野慎太郎名義)
  • 陽だまりのブラジリアン
    • 2006年6月、朝日新聞社、ISBN 978-4022501912
  • 青色ミライ
    • 2007年10月20日、光文社、ISBN 978-4334925246
  • 思川バルーン
    • 2008年3月、幻戯書房、ISBN 978-4901998314
  • 檸檬に、キスマーク
    • 2012年8月、総合文学ウェブ情報誌 文学金魚に連載
  • 海岸のマサオさん
    • 2013年5月、幻戯書房、ISBN 978-4864880213

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ISBN 978-4022501912 『握りしめた欠片』 著者紹介情報