楽遊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
楽遊IDOL PASS
LUCK YOU IDOL PASS
ジャンル 情報誌、クーポンマガジン
読者対象 アイドルファン
刊行頻度 季刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 1,000円(税込)
出版社 株式会社アドサプライズ
刊行期間 2017年9月 -
ウェブサイト 楽遊IDOL PASS

楽遊(らっくゆう)は、株式会社アドサプライズのアイドル関連事業のブランドネーム。同社が出版するクーポンアイドル専門誌「楽遊IDOL PASS」や 主催・制作するアイドルイベント・テレビ番組等に冠して使われている。

かつては、首都圏アミューズメント施設や飲食店の情報と割引クーポンを掲載する「楽遊」というフリーペーパーを発行していたが、これを廃刊し、2017年9月に業界初のクーポン付アイドル専門誌「楽遊IDOL PASS」(有料)を創刊することで、アドサプライズの一連のアイドル関連事業のブランドネームに衣替えした。

楽遊IDOL PASS[編集]

楽遊IDOL PASS(らっくゆうあいどるぱす)は2017年9月に創刊された 業界初のクーポンアイドル専門誌。アイドルイベントの物販等で提示することにより様々な特典が受けられる[1]。特典の総額は一冊で2万円分以上と謳っている(Vol.4の場合)。創刊からVol.3までは全国のアイドルを一冊にまとめていたが、Vol.4より「関東+東日本版」(3,6,9,12月発売)と「関東+西日本版」(1,4,7,10月発売)に分けて発行されることになった。掲載アイドルのライブ会場での物販のほか、タワーレコード全店、HMV全店、新星堂サンシャインシティアルタ店で販売されている。また通信販売も行っている。

  • 日本タウン誌・フリーペーパー大賞(一般社団法人日本地域情報振興協会)に2016年、2017年とエントリーし、2016年は読者投票部門で160誌中第3位(3,438票)となり、表彰を受けた[2]。また、2017年は読者投票部門で159誌中第8位のほか、「ビジネスモデル部門 優秀賞」を受賞した[3]

楽遊の★さきどりアイドル塾[編集]

楽遊アイドル編集部が様々なライブアイドルを紹介するテレビ番組。主催ライブの様子も放映される。2017年4月7日から放送されていた「楽遊の高層アイドル!!」[4]の後継番組として2018年8月3日放送開始した。放送は東京MXTVで毎月第一金曜日27:10〜27:40。この番組はエムキャスにより東京MXTV視聴エリア外でも視聴可能である(40秒程度の遅れあり)。

楽遊アイドル編集部[編集]

「楽遊IDOL PASS」その他関連イベントの企画・編集・取材・デザイン・営業を全面的に行うアイドルユニット。

楽遊アイドル編集部
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2016年7月 -
レーベル LUCKYOU PROJECT
事務所 アドサプライズ
メンバー 福島ゆか

来歴[編集]

2016年7月、福島ゆかと柳瀬悠希の2人で活動開始。全国のアイドルを紹介しながら、ライブMC・ライブアイドルとして自らもアイドル活動を行い、アイドル文化の素晴らしさを人々に伝えていくことを目標にしている。 名称については当初「楽遊アイドル部」としていたが、公式発表をしないまま2017年夏頃から「楽遊アイドル編集部」を名乗っている。 なお、フリーペーパーの旧「楽遊」時代にも同様に「楽遊アイドル編輯部FINDS」というアイドルユニットが結成されており(活動期間2013年2月〜2015年11月)、当時の楽曲を「楽遊アイドル編集部」でも使用したことがある。

メンバー[編集]

  名前 ニックネーム 誕生日 出身地 所属(担当) 加入年月 備考
1 福島ゆか ゆす 10月12日 福島県 編集長 2016年7月 ソロ歌手としても活動。元 楽遊アイドル編集部FINDS

元メンバー

  名前 ニックネーム 生年月日 出身地 担当(所属) 活動期間 備考
1 柳瀬悠希 うーたん 1992年7月11日 愛知県 広報部 2016年7月〜2017年5月 サンスポアイドルリポーターSIRと兼任
2 前澤玖美 ちゃんくみ 1993年9月24日 大阪府 営業担当 2017年2月〜2018年6月 サンスポアイドルリポーターSIR6期候補生
3 夏芽優李 スイカ 1993年7月26日 東京都 イベント担当 2017年2月〜2018年6月 「スイカバーの人」ソロ歌手としても活動。元 Winning Girls
4 豊田彩 8月29日 デザイン担当 2017年6月〜2017年7月 2017/3-5 研究生、現役美大生
5 桜井景子 けいちゃん 1991年5月10日 静岡県 企画担当 2017年6月〜2017年7月 2017/3-5 研究生、元 ピカ☆マイ

出演[編集]

テレビ[編集]

インターネット放送[編集]

CD[編集]

楽遊
LUCK YOU
ジャンル フリーペーパー
読者対象 20代 - 40代の学生、ビジネスマン、OL、主婦
刊行頻度 隔月刊(偶数月第3金曜日配布)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 無償配布
出版社 株式会社アドサプライズ
刊行期間 2007年12月 - 2016年4月
発行部数 公称10万部(2014年10月自社[5]調べ)
ウェブサイト 楽遊-らっくゆう-

旧「楽遊」の概要・特徴[編集]

  • 2007年12月創刊。隔月刊[6]で、偶数月第3金曜日の発行としていた。発行元は株式会社アドサプライズ。発行部数は10万部(2014年10月)[7]。設置場所は首都圏(主に東京都神奈川県)のアミューズメント施設コンビニエンスストア等のほか、京急線のほぼ全駅と相鉄線の20駅にも設置されていた。
  • 日本フリーペーパー大賞2013(一般社団法人日本フリーペーパー振興協会)において、投票期間後半からのエントリーであったにもかかわらず、読者投票部門で121誌中第6位に入賞[8]、翌年衣替えした日本タウン誌・フリーペーパー大賞2014(一般社団法人日本地域情報振興協会)においても、読者投票部門で258誌中第2位(3,333票)となり、表彰を受けた[9]
  • 掲載情報は、カラオケボックス、マンガ喫茶、パチンコホール、ボウリング場、スパ等のアミューズメント施設や、居酒屋、ラーメン店、レストラン等の飲食店のほか、映画・演劇・音楽・アイドル、パチンコ新台・ゲーム新機種の情報等幅広く扱っていた。また、短編マンガ(藤波俊彦)やコラム(アントキの猪木)等も掲載していた。
  • 2012年頃よりアイドル情報を拡充していたが、2013年2月に自らアイドルユニット「楽遊アイドル編集部FINDS」(詳細は後述)のプロデュースに乗り出し、同年の通巻31号より FINDSを企画・取材・編集に起用した誌面づくりを始めた。かつては「楽遊イメージガール」を起用した取材レポートを行ったり、「サンスポアイドルリポーター SIR」が誌面を飾っていた時期もあったが、FINDS結成により、これらの役割は発展的にFINDSに移行した。同年の通巻33号では TOKYO IDOL FESTIVAL 2013 の参加ユニットを紹介する特集記事を6ページにわたって組み、通巻34号ではFINDSによる同フェスティバルの取材リポートを見開きで掲載するなど、力の入った編集をしている。また、表紙・巻頭インタビューにもアイドルユニットを取り上げることが次第に増えていった。
  • 隔月刊であったが、2015年の通巻43号から隔月刊の発行が行われず発行間隔が開くようになった。時期を同じくしてFINDSも2015年前半にメンバーチェンジが行われたが、同年11月に全員卒業という形で事実上解散した。福島ゆかのみがFINDS卒業後も編集部に残り編集に携わったが、結局2016年4月28日発行の通巻47号を最後に廃刊となった。

表紙・巻頭インタビュー[編集]

ローコストのフリーペーパーとしては珍しく毎号旬のタレントアイドルが表紙を飾っており、同時にインタビュー記事も巻頭に掲載されていた。(名前の前の数字は通巻号数)

主催イベント[編集]

  • 楽遊主催イベントとして「楽遊アイドルセレクション」と題した対バンライブを何度か開催した。これは出演するアイドルが来場者の投票により楽遊のインタビュー記事に登場する企画であった。他にも声優を招いてのカラオケイベントやFINDS参加のボウリングイベント等を開催していた。
  • かつてはパチンコホールに「ラックイーン」という名のキャンペーンガールが来店するイベント(楽遊推奨日)も行っていた。「ラックイーン」については2011年以降、サンスポPSリポートの「サンスポアイドルリポーター SIR」や「サンスポP-1娘」がこれに代わっている。

楽遊アイドル編集部FINDS[編集]

楽遊アイドル編集部FINDS(らっくゆうあいどるへんしゅうぶ・ふぁいんず)は、「日本初の歌って踊れる本格編集アイドル」として活動したアイドルユニット。「楽遊」(フリーペーパー)の企画・取材・編集リポートのほか、ライブ活動、CDリリース、冠番組放送(ニコニコ生放送)などを行っていた。2013年2月結成、2015年11月全員卒業(事実上の解散)。

楽遊アイドル編集部FINDS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2013年2月 - 2015年11月
事務所 アドサプライズ
メンバー 福島ゆか
鈴木芽瑠(楠芽瑠)
鈴木ゆき
西井雅
駄場詩織
依東杏奈

来歴[編集]

サンケイスポーツがプロデュースするアイドルユニット・サンスポアイドルリポーター SIRの運営に携わっていた株式会社アドサプライズが、自らプロデュースするアイドルユニットとして 2013年2月に「楽遊アイドル編集部 YuSu-TAN」を結成したのが始まり。[10] 結成当初のメンバーは、福島ゆかと鈴木芽瑠(楠芽瑠)。SIR2期候補生として活動した2人に対し、SIR2期生発表の場において特別賞を授与し、後日ユニットの結成に至った。「YuSu-TAN」の命名は2人のニックネーム(福島ゆか=「ゆす」、鈴木芽瑠=「めるたん」)に由来する。その後同年5月に新メンバーとして鈴木ゆきと西井雅を加え、ユニット名を「楽遊アイドル編集部FINDS」に改称した[11]。なお「FINDS」は「FIND=見つけ出す」という意味に由来する。

その生い立ちや運営会社が同じであることから、サンスポアイドルリポーター SIRを「姉妹ユニット」と称し、合同のライブを度々行うなど、ユニット間の親交も深かった。

【2013年】

  • 1月24日「新生SIR発表会」において、福島ゆかと鈴木芽瑠に特別賞が贈られる。
  • 2月 「楽遊アイドル編集部 YuSu-TAN」結成が発表される。
  • 2月14日 楽遊チャンネル「こちらアイドル編集部!」(ニコニコ生放送)第1回放送。
  • 3月12日 SHIBUYA GIRLS CARNIVAL(渋谷・duo MUSIC EXCHANGE)に出演。
  • 3月31日 初の単独イベント「第1回ファンミーティング」を開催。(カラオケの鉄人新宿大ガード店)
デビューシングルCD「夢の大空/Lucky元気お天気!」発売。
  • 5月9日 鈴木ゆきと西井雅を加えて「FINDS」に改称することを発表。
  • 5月18日 楽遊チャンネル「こちらアイドル編集部!」初の公開生放送。(赤坂・アンドロイドルカフェ)
  • 5月26日 ウタ娘スーパーライブ(新木場・STUDIO COAST)に出演。
  • 6月22日〜7月6日にかけて、FINDSとしての1st,2nd,3rd CDを連続発売。ジャケットは各メンバーごとの特別仕様となっており、3作で全12種類のジャケットが用意された。
  • 8月5日 SIR×FINDS 編集アイドル2マンライブ(秋葉原・TwinBox AKIHABARA)第1回目[12]。以降たびたび開催。
  • 8月23日 楽遊チャンネル「こちらアイドル編集部!」の放送を一新。「出張!こちら楽遊アイドル編集部!」と改題し、放送日時を変更するとともに、毎回公開生放送となる。
  • 9月1日 ASIA IDOL PARADE2013(渋谷・VUENOS)に出演。
  • 9月8日 日台友好フェス出場予選ライブ!(新宿RUIDO K4)に出演し、予選1位通過。
  • 10月13日 日台友好フェス出場決勝ライブ!(新宿RUIDO K4)に出演したが、惜しくも台湾行きを逃す。
  • 11月3日 ウタ娘スーパーライブ2013冬(新木場・STUDIO COAST)に出演。
  • 12月4日 FINDS 新曲CD&DVDリリースライブ 〜ありがとうを君に〜(池袋Dot)

【2014年】

  • 2月21日 新たに「楽遊アイドル営業部apo」を結成し、スポンサーの獲得、フリーペーパーの設置、FINDSのライブ出演交渉等を担当することが発表される。メンバーは山邊霞と矢野冬子。これ以降、FINDSとapoを総称して「楽遊アイドル部」という呼称が用いられるようになった。
  • 4月30日 1stワンマンライブ〜絆 KIZUNA〜(渋谷・REX)
  • 12月22日 鈴木ゆきとapoの山邊霞が卒業。

【2015年】

  • 1月 楽遊アイドル部研究生として矢野冬子、依東杏奈、夢乃ちいかが活動開始。
  • 3月2日 鈴木芽瑠が卒業。SIR4期候補生だった駄場詩織がFINDSに加入。
  • 4月8日 研究生から依東杏奈がFINDSに昇格。
  • 6月1日 2ndワンマンライブ(TwinBox AKIHABARA)
  • 7月3日 3rdワンマンライブ(渋谷・clubasia)
  • 11月2日 全員卒業(事実上の解散)。

メンバー[編集]

  名前 ニックネーム 生年月日 出身地 活動期間 備考
1 福島ゆか ゆす 10月12日 福島県 2013年2月〜2015年11月 キラポジョ(すずきゆか)、FINDS卒業後もアイドル編集部に残る
2 鈴木芽瑠 めるたん 1991年6月26日 東京都 2013年2月〜2015年3月 アイドルの穴2013 敢闘賞, 卒業後 楠芽瑠に改名しxoxo(Kiss&Hug) EXTREMEで活動
3 鈴木ゆき ゆっころ 1987年1月17日 埼玉県 2013年5月〜2014年12月 グラビアアイドル DVDリリース多数
4 西井雅 みやびん 1994年2月10日 東京都 2013年5月〜2015年11月 アリスインプロジェクト「ラフィン〜笑いの免許証〜」ほか
5 駄場詩織 だばちゃん 1992年5月10日 東京都 2015年3月〜2015年11月 卒業後は舞台女優として活動
6 依東杏奈 あんちゃん 1996年5月25日 富山県 2015年4月〜2015年11月 グラビアアイドルやアイドルユニット「チックガールズ」として活動

CD[編集]

  • 「夢の大空/Lucky元気お天気!」(YuSu-TAN, 2013年3月31日)
  • 「夢の大空」(2013年6月22日)
  • 「マイ・愛・アラカルト」(2013年6月23日)
  • 「Lucky元気お天気!」(2013年7月6日)
  • 「ありがとうを君へ」(2013年12月4日)- テレ玉「ウタ娘」2013年12月度エンディングテーマ
  • 「Finding Road」(2014年2月17日)

DVD[編集]

  • 「ありがとうを君へ」(2013年12月4日)

インターネット放送[編集]

  • 楽遊チャンネル「出張!こちら楽遊アイドル編集部!」(ニコニコ生放送)2013年2月14日〜2015年5月11日
公開生放送。毎月第1金曜日の来場者にはFINDSメンバーの手料理がふるまわれた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ アイドル専門誌「楽遊IDOL PASS」が好評発売中!”. zakzak by 夕刊フジ (2016年10月18日). 2017年11月9日閲覧。
  2. ^ 日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016 読者投票部門賞”. 一般社団法人日本地域情報振興協会 (2016年12月2日). 2017年7月8日閲覧。
  3. ^ 日本タウン誌・フリーペーパー大賞2017 ビジネスモデル部門賞”. 一般社団法人日本地域情報振興協会 (2017年12月2日). 2017年12月4日閲覧。
  4. ^ 4月7日27:10よりTOKYO MX1にて楽遊の冠番組「楽遊の高層アイドル!!」がスタート”. 楽遊IDOL PASS (2017年4月6日). 2017年11月9日閲覧。
  5. ^ フリーペーパー・ナビ - 楽遊
  6. ^ フリーペーパー・ナビ - 楽遊”. 株式会社ポイントラグ (2011年8月19日). 2017年7月8日閲覧。
  7. ^ NiCoA正会員 媒体のご紹介”. 一般社団法人日本地域情報振興協会 (2014年10月24日). 2017年7月8日閲覧。
  8. ^ 日本フリーペーパー大賞ありがとうございました!!福島ゆかの楽遊活動BLOG 2013年12月13日
  9. ^ 日本タウン誌・フリーペーパー大賞2014 読者投票部門賞”. 一般社団法人日本地域情報振興協会 (2014年12月6日). 2017年7月8日閲覧。
  10. ^ 前代未聞の“編集アイドル”を仕掛けた敏腕社長日刊SPA! 2013年12月15日
  11. ^ 楽遊アイドル編集部に新メンバーが加入し、新ユニットFINDSを発表!I ♥ 楽遊〜Luck You〜 2013年5月13日
  12. ^ SIR×FINDS 編集アイドル2マンライブが8月5日に開催決定!GirlsNews 2013年8月2日