榊原政倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
 
榊原政倫
時代 江戸時代
生誕 寛文5年2月1日1665年3月17日
死没 天和3年2月27日1683年3月25日
改名 熊之助、政倫
墓所 東京都江東区三好一丁目 長専院
幕府 江戸幕府
氏族 榊原氏
父母 父:榊原政房、母:池尻共孝の娘
兄弟 松姫
養嗣子:政邦

榊原 政倫(さかきばら まさみち)は、江戸時代前期の大名播磨姫路藩第3代藩主、越後村上藩初代藩主。榊原家5代当主。

父・政房の急逝により、当時熊之助と名乗っていた政倫が3歳で家督を継いだが、播磨姫路藩は西国を抑える要地ということで幼少の大名には不適と判断され、越後村上藩に転封を命じられ、同地で子がないまま没する。家督は一門榊原勝直の子・政邦が継ぐ。

武蔵国岩槻藩阿部正邦の娘と婚約していたが、娘が早世したため婚姻には至っていない。

経 歴[編集]

官位位階[編集]