榊原政敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
 
榊原政敦
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦5年8月20日1755年9月25日
死没 文政2年2月24日1819年3月19日
改名 小平太(幼名)→政敦
戒名 景徳院殿潤誉光岸湊鷗大居士
官位 従四位下、式部大輔
幕府 江戸幕府
越後高田藩
氏族 榊原氏
父母 父:榊原政永、母:園(堀田正亮の娘)
兄弟 政敦、政晨、政億、政成、職序、稲垣長続、京極高貞、大久保政敏
正室:池田宗政の娘)
政令(長男)、石河貞大(次男)、有馬徳純(四男)、娘(本多忠知正室)

榊原 政敦(さかきばら まさあつ)は、江戸時代後期の大名越後高田藩第2代藩主。榊原家10代当主。

先代藩主・榊原政永の次男。寛政元年(1789年)、父の隠居により家督を相続した。文化7年(1810年)家督を長男の政令に譲って隠居した。文政2年(1819年)死去、享年65。奥州領五万石余を頸城郡天領と交替することに成功した[1]

注釈[編集]

  1. ^ 物語藩史第4巻(兒玉幸多・北島正元著、人物往來社刊、1966年)103p
越後高田藩主・榊原家を祀る榊神社(さかきじんじゃ)[新潟県上越市]