榊原経武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
榊原経武

榊原 経武(さかきばら つねたけ、安政4年2月2日[1]1857年2月25日) - 昭和14年(1939年10月2日[2])は、衆議院議員立憲政友会)、栃木市長弁護士

経歴[編集]

江戸に生まれ、東京法律学舎・講法学舎で法学を学び、またボアソナードに師事し、代言人試験に合格した[2]1892年明治25年)、栃木県会議員、栃木町会議員に当選。1897年(明治30年)には都賀郡会議員に当選した[1]

1903年(明治36年)、第8回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。1915年大正4年)から1924年(大正13年)まで栃木町長を務め、1924年の第15回衆議院議員総選挙で再選された[1]1936年(昭和11年)、再び栃木町長に選ばれ、翌年の市制施行とともに、初代栃木市長に就任した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『全国市長銘鑑』P.17
  2. ^ a b 『衆議院議員略歴』

参考文献[編集]

  • 『自治制実施五十周年記念 全国市長銘鑑』 帝国自治協会、1938年
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局1940年


公職
先代:
-
日本の旗 栃木市長
初代:1937年 - 1939年
次代:
横山定吉