榎木和貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

榎木 和貴(えのき かずたか、1974年6月7日 - )は日本の陸上競技選手、陸上競技指導者。専門は長距離走宮崎県出身。宮崎県立小林高等学校中央大学卒業。旭化成沖電気を経てトヨタ紡織所属。同社陸上競技部コーチを経て、監督を務める。2019年2月1日より箱根駅伝を目指す創価大学(東京都)の監督就任。身長176cm、体重57kg(現役当時)。

剣道での足腰鍛錬のため、日々のジョギングから陸上に目覚め、中学時代から長距離のエースとして全国大会で活躍し、故:外山方國(元小林高校駅伝部監督に素質を見出され同校へ進学、全国高校駅伝でも区間賞などの成績を残し、当時の新監督であった冨永博文氏の母校中央大学へ進学する。駅伝を最も得意とし箱根駅伝では4年連続区間賞獲得など中央大学の主力選手として活躍。[1]。このうち1995年第71回箱根駅伝では8区を走り復路優勝の成績を残した[2]1996年3年時の第72回箱根駅伝4区では4人抜きで2位まで順位を上げ、中央大学32年ぶり14回目の総合優勝に貢献した。2000年の第49回別府大分毎日マラソンでは2時間10分44秒の自己新記録で優勝を飾った。この後大学時から抱えていた坐骨神経痛が再発。2004年からは沖電気に移り、陸上競技部コーチとして女子選手の指導を担当した。 2007年からトヨタ紡織陸上部のコーチ、2011年から監督として指揮を執り、ニューイヤー駅伝での最高成績は7位。2019年2月より創価大学駅伝部監督就任。好きな言葉『臥薪嘗胆』。『駅伝は走力だけではない、人間力!』を自論とする。 2019年創価大学陸上競技部監督就任 公式ホームページhttps://mlt.jpn.com/ke-blog/

主な戦績[編集]

  • 1994年 第70回箱根駅伝 8区 21.3km 区間賞 1時間06分31秒
  • 1995年 第71回箱根駅伝 8区 21.3km 区間賞 1時間06分03秒(区間新記録)
  • 1995年 第7回出雲駅伝 1区 6.0km 区間賞 17分19秒
  • 1995年 第27回全日本大学駅伝 2区 13.2km 区間賞 38分43秒
  • 1996年 第72回箱根駅伝 4区 20.9km 区間賞 1時間02分15秒
  • 1996年 世界ロードリレー(デンマーク)日本代表に選出
  • 1997年 第73回箱根駅伝 4区 20.9km 区間賞 1時間06分03秒
  • 1998年 第3回全国都道府県対抗男子駅伝 3区 9.2km 区間2位 26分30秒
  • 1999年 第37回延岡西日本マラソン 42.195km 4位 2時間13分18秒
  • 2000年 第49回別府大分毎日マラソン 42.195km 優勝 2時間10分44秒
  • 2005年 第54回別府大分毎日マラソン 42.195km 8位 2時間13分34秒
  • 2007年 第9回長野オリンピック記念マラソン

42.195km 5位 2時間14分19秒

自己記録[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 他には5区山男・大久保初男(大東文化大学)、元2区区間記録保持者・大塚正美(日本体育大学)、武井隆次ら数名が4年連続区間賞を獲得している。
  2. ^ この年中央大学は8区榎木から10区佐藤信之まで3区間連続で区間賞を獲得。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 佐藤信之 - 第70回箱根駅伝では9区を務め、8区榎木から中央大学・赤のタスキを受けた。
  • 石本文人 - 箱根駅伝では第72回1区、第73回10区を務め、榎木の後輩として共に箱根路を駆けた。
  • 谷口浩美 - 小林高校・旭化成の先輩であり、沖電気所属時には監督・コーチの間柄でもあった。
  • 箱根駅伝の記録一覧