榎本就宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
榎本就宣
時代 江戸時代
生誕 慶長13年(1608年
死没 元禄6年8月21日1693年9月20日
改名 榎本満作(幼名)→榎本就宣→全真(法名)
別名 通称:忠兵衛、九郎兵衛
官位 大膳亮→大膳正(官途名
主君 毛利秀就綱広吉就
長州藩
氏族 藤原北家高藤流上杉氏庶流 榎本氏
父母 父:榎本元吉、母:矢島氏の娘
兄弟 元忠、就時就宣就行、就利、久留就則、就之、女(三浦又右衛門室)、女(粟屋九郎右衛門室)、女(内藤左衛門室)、女(木原次郎兵衛室)、女(毛利春直室)
正室:内藤郷右衛門の娘
継室:石川氏の娘
就正

榎本 就宣(えのもと なりのぶ)は、江戸時代武士毛利氏の家臣で、長州藩士。父は毛利氏の重臣である榎本元吉

生涯[編集]

慶長13年(1608年)、毛利氏の重臣である榎本元吉の三男として生まれ、毛利秀就綱広吉就の三代に仕えた。

元和3年(1617年8月2日、飯田元貞の給地115石を譲られる。また、元和4年(1618年)閏3月7日には父の知行2001石の内の300石を譲られた。元和6年(1620年9月5日には先述の合計415石を知行することを改めて輝元と秀就から認められたが、父・元吉は自身が当役となる厚恩を受けた上に、三男である就宣までがこのような厚遇を受けるのは恐ろしく思うとして、飯田元貞の旧領115石は輝元と秀就に預けた。しかし、115石を預けても役儀等を欠くことは無かったため、そのまま返上することとした。

寛永8年(1631年4月1日に「忠兵衛尉」、寛永9年(1632年1月11日には「九郎兵衛尉」へと秀就より任じられる。

元禄6年(1693年8月21日に死去。享年86。子の就正が後を継いだ。

参考文献[編集]