榎本直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
榎本 直樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県南牟婁郡御浜町
生年月日 (1948-07-10) 1948年7月10日(70歳)
身長
体重
178 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト2位
初出場 1972年9月25日
最終出場 1977年8月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

榎本 直樹(えのもと なおき、1948年7月10日 - )は、三重県南牟婁郡御浜町[1]出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

三重高校では1966年に、エース水谷孝の控え投手として春夏の甲子園に連続出場。春の選抜では2回戦(初戦)で宇部商に敗れ、榎本の登板機会はなかった。夏の選手権では2回戦に進出するが、平安門野利治池田信夫両投手の継投の前に2-7で敗退。この試合で水谷をリリーフし、1イニングだけ登板した。

高校卒業後は、中京大学に進み、愛知大学野球リーグでは1968年秋季リーグから1970年秋季リーグまでの連覇に貢献。3年生春から4季連続で最優秀選手とベストナインに選ばれた。1970年全日本大学野球選手権では、決勝で山口高志投手を擁する関西大学を降し、愛知大学野球連盟代表として初優勝を飾る。ただ山口は法大との準決勝で延長20回を投げ抜いており、この試合は登板を回避した。同年の明治神宮野球大会では、決勝でエース川端理史(住友金属)らのいた東海大学に敗れ準優勝にとどまった。愛知大学リーグ通算59試合登板、36勝7敗、防御率1.15、266奪三振。

大学4年時の1970年秋には、ドラフト会議大洋ホエールズから6位指名を受けるも、プロ入りを拒否[1]。翌年、北海道拓殖銀行へ入行した。

1971年ドラフト会議ヤクルトアトムズに2位指名され、入団[1]。最も活躍したのは2年目の1973年で、松岡弘に次ぐ23試合に先発し5勝4敗、規定投球回(13位)にも到達した。しかし翌年は未勝利に終わり、その後は主に中継ぎとして起用された。

1976年オフに、瀬戸和則投手との交換トレードで広島東洋カープへ移籍するも10試合のみの登板に留まり、1978年暮れに引退した[1]。引退後は北海道にある夫人の実家で酪農業に従事する。

選手としての特徴[編集]

左のサイドスローから、スライダーシンカーフォークボールなどの変化球を繰り出す、抜群のコントロールで勝負する技巧派投手。中でも特に、左腕特有の縦に割れるカーブは評価が高い。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 ヤクルト 4 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 41 10.0 8 1 4 0 0 14 0 0 4 4 3.60 1.20
1973 37 23 1 0 0 5 4 -- -- .556 597 146.1 117 16 51 7 1 74 2 0 51 44 2.71 1.15
1974 12 5 0 0 0 0 2 0 -- .000 108 23.2 31 4 11 1 0 10 0 0 19 17 6.38 1.77
1975 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 45 11.1 9 2 2 0 0 3 0 0 5 5 4.09 0.97
1976 22 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 134 31.0 31 6 12 1 0 9 0 0 21 16 4.65 1.39
1977 広島 10 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 19 3.0 7 1 3 0 0 2 0 0 3 3 9.00 3.33
通算:6年 95 31 1 0 0 7 9 0 -- .438 944 225.1 203 30 83 9 1 112 2 0 103 89 3.56 1.27

背番号[編集]

  • 13 (1972年 - 1976年)
  • 47 (1977年 - 1978年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、92ページ

関連項目[編集]