榎 (楢型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
艦歴
計画 1917年度[1]
起工 1917年10月1日[1]
進水 1918年3月5日[1]
就役 1918年4月30日[1]
その後 1930年6月1日掃海艇編入、第十掃海艇(二代)と改名[1]
1936年4月1日雑役船編入、船名を「麗女」と称す(非公式名)[1]
1940年4月1日廃駆逐艦第21号と仮称[2]
除籍後、船体は呉海軍工廠魚雷実験部防波堤となる[1]
除籍 1940年[1]
廃船 1940年[1]
性能諸元(計画)
排水量 基準:770トン
常備:850トン
全長 全長:290 ft 0 in (88.39 m)[注釈 1]
垂線間長:275 ft 0 in (83.82 m)[3]
全幅 25 ft 4 in (7.72 m)[注釈 1]
吃水 7 ft 10 in (2.39 m)[注釈 1]
機関 推進:2軸 x 730rpm
主機:ブラウン・カーチス式単式直結タービン 2基
出力:17,500馬力
ボイラー:ロ号艦本式缶 重油専焼2基、石炭重油混焼2基
速力 31.5ノット
燃料 重油212トン、石炭98トン
航続距離 3,000カイリ / 14ノット
乗員 竣工時定員 112名[4]
兵装 45口径三年式12cm単装砲3門
三年式機砲(6.5mm機銃) 2挺
45cm3連装魚雷発射管2基6門
搭載艇 4隻

(えのき)は、大日本帝国海軍駆逐艦で、楢型駆逐艦の6番艦である。同名艦に橘型駆逐艦の「」があるため、こちらは「榎 (初代)」や「榎I」などと表記される。

艦歴[編集]

1917年大正6年)10月1日、舞鶴海軍工廠で起工[5][6]1918年(大正7年)3月5日午後3時進水[7]。同年4月29日竣工[8][注釈 2]

1930年昭和5年)6月1日、掃海艇に転籍、第十号掃海艇(二代)となる。1936年(昭和11年)4月1日、雑役船編入、船名を「麗女」(うるめ)と称す(非公式名)。1940年(昭和15年)除籍。同年4月1日廃駆逐艦第21号と仮称。その後、船体は呉海軍工廠魚雷実験部防波堤となる。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

艤装員長
  • 山本松四 少佐:1917年12月1日[9] - 1918年3月20日[10]
  • (兼)山本松四 少佐:1918年3月20日[10] -
駆逐艦長
  • 山本松四 少佐:1918年3月20日[10] - 9月10日[11]
  • 大久保義雄 大尉:1918年9月10日[12] -
  • 千谷定衛 少佐:1918年12月1日 - 1920年11月20日
  • 西川速水 少佐:1920年12月1日[13] - 1921年7月1日[14]
  • 石井先知 少佐:1921年7月1日[14] - 12月1日[15]
  • 次木亀作 少佐:1921年12月1日[15] - 1922年6月15日[16]
  • 鈴木幸三 少佐:1922年6月15日 - 1923年1月20日
  • 保村禎一 少佐:1923年1月20日[17] - 1924年2月5日[18]
  • (心得)村瀬頼治 大尉:1924年2月5日[18] - 不詳
  • 村瀬頼治 少佐:不詳 - 1924年12月1日[19]
  • 津田源助 少佐:1924年12月1日[19] - 1926年2月1日[20]
  • 藤田類太郎 少佐:1926年2月1日 - 1926年11月1日
  • 山口常太郎 少佐:1926年11月1日[21] - 1928年12月10日[22]
  • (兼)樋口通達 中佐:1928年12月10日[22] - 1929年7月20日[23]
  • (兼)西岡茂泰 少佐:1929年7月20日 - 1929年11月1日
  • 小沢三良 少佐:1929年11月1日[24] - 1930年6月1日[25]
掃海艇長
  • 小沢三良 少佐:1930年6月1日[25] - 1930年12月1日[26]
  • 野口照隆 大尉:1930年12月1日[26] - 1932年2月1日[27]
  • (兼)有田貢 少佐:1932年2月1日[27] - 1932年4月1日[28]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c #昭和造船史1pp.788-789、6.駆逐艦及び水雷艇要目表では桃型と同じ水線長85.85m、垂線間長83.82m、最大幅7.74m、公試状態吃水2.36mとしている。また#日本駆逐艦史1992p.52では全長85.9mとしている。
  2. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1p.275では4月30日竣工となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『日本海軍史』第7巻、299頁。
  2. ^ 『写真日本海軍全艦艇史』資料編「主要艦艇艦歴表」12頁。
  3. ^ #横須賀海軍工廠史3p.13。ただし楢の値として。
  4. ^ #海軍制度沿革10-1(1972)pp.570-571『大正六年十二月二十八日(内令三二三) 海軍定員令中ノ通改正セラル 驅逐艦定員表其二ヲ附表ノ通改ム(附表略)』槇を追加、將校、機關將校6人、特務士官、准士官3人、下士24人、卒79人。
  5. ^ #海軍制度沿革11-2(1972)pp.1072-1073、昭和3年2月14日(内令43)、艦船要目公表範囲。
  6. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1p.275
  7. ^ #T7公文備考20艦船1/駆逐艦楢、榎、槙、欅、桑、椿製造画像80『大臣宛駆逐艦榎本日午後三時無事進水結了 三月五日 舞鎮長官』
  8. ^ #T7公文備考20艦船1/駆逐艦浦風、江風、製造(1)画像6『榎引渡結了 四月二十九日 舞鎮長官 椿竣工本日授受結了 四月三十日 呉鎮長官』
  9. ^ 『官報』第1601号、大正6年12月3日。
  10. ^ a b c 『官報』第1688号、大正7年3月22日。
  11. ^ 海軍辞令公報 大正7年9月』 アジア歴史資料センター Ref.C12070263200 
  12. ^ 『官報』第1833号、大正7年9月11日。
  13. ^ 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  14. ^ a b 『官報』第2676号、大正10年7月2日。
  15. ^ a b 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  16. ^ 『官報』第2961号、大正11年6月16日。
  17. ^ 『官報』第3140号、大正12年1月22日。
  18. ^ a b 『官報』第3434号、大正13年2月6日。
  19. ^ a b 『官報』第3684号、大正13年12月2日。
  20. ^ 『官報』第4030号、大正15年2月2日。
  21. ^ 『官報』第4258号、大正15年11月2日。
  22. ^ a b 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  23. ^ 『官報』第768号、昭和4年7月22日。
  24. ^ 『官報』第854号、昭和4年11月2日。
  25. ^ a b 『官報』第1025号、昭和5年6月2日。
  26. ^ a b 『官報』第1179号、昭和5年12月2日。
  27. ^ a b 『官報』第1525号、昭和7年2月2日。
  28. ^ 『官報』第1575号、昭和7年4月2日。

参考文献[編集]

  • 『海軍制度沿革 巻十の1』明治百年史叢書 第182巻、海軍省/編、原書房、1972年4月(原著1940年)。
  • 『海軍制度沿革 巻十一の2』明治百年史叢書 第185巻、海軍省/編、原書房、1972年5月(原著1941年)。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。ISBN 4-7698-0386-9
    • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 『世界の艦船増刊第34集 日本駆逐艦史』、海人社、1992年7月
  • 『昭和造船史(第1巻)』明治百年史叢書 第207巻、(社)日本造船学会/編、原書房、1981年(原著1977年10月)、第3版。ISBN 4-562-00302-2。
  • 『帝国海軍機関史』明治百年史叢書 第245巻、日本舶用機関史編集委員会/編、原書房、1975年11月
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』光人社、1993年。ISBN 4-7698-0611-6
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』戦史叢書第31巻、朝雲新聞社1969年
  • 『横須賀海軍工廠史(3)』明治百年史叢書 第331巻、横須賀海軍工廠/編、原書房、1983年8月(原著1935年)。ISBN 4-562-01380-X。
  • 『写真日本海軍全艦艇史 Fukui Shizuo Collection』資料編、KKベストセラーズ、1994年。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正7年 公文備考 巻20 艦船1/駆逐艦楢、榎、槙、欅、桑、椿製造』。Ref.C08021104300。
    • 『大正7年 公文備考 巻20 艦船1/駆逐艦浦風、江風、製造(1)』。Ref.C08021104400。

関連項目[編集]