榧 (松型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
基本情報
建造所 舞鶴海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
級名 松型駆逐艦
艦歴
発注 1944年(昭和19年)度計画
起工 1944年4月10日[1]
進水 1944年7月30日[1]
竣工 1944年9月30日[1]
除籍 1945年10月5日
その後 1947年7月5日、ソ連に引渡し
要目
基準排水量 1,262t
公試排水量 1,530t
全長 100.00m
最大幅 9.35m
吃水 3.30m
ボイラー ロ号艦本式缶 2基
主機 艦本式タービン 2基2軸
出力 19,000hp
速力 27.8kt
燃料 重油370t
航続距離 18ktで3,500
乗員 211名 / 297名[2]
兵装
テンプレートを表示

(かや)は、日本海軍駆逐艦[3]。艦名は樅型駆逐艦の2番艦「[4]に続いて2代目。松型駆逐艦の11番艦として[5]舞鶴海軍工廠で建造された[6]1944年(昭和19年)9月30日に竣工[1]。 訓練部隊の第十一水雷戦隊に編入され[7]、訓練と同時に、僚艦と共に幾度か輸送作戦に従事する空母の護衛任務に就いた[注 1]11月25日[10]第三十一戦隊隷下の第43駆逐隊に編入された[11][12]。 南西方面に進出後、12月末の礼号作戦に参加して小破した[13]1945年(昭和20年)1月中旬から舞鶴工廠[14][15]呉工廠で修理をおこなう。4月上旬の大和沖縄特攻作戦では、豊後水道まで第一遊撃部隊を護衛した[16]。戦後は復員輸送に従事する。のちにソ連に引き渡された[17]

艦歴[編集]

建造[編集]

1944年(昭和19年)4月10日[18]舞鶴海軍工廠で起工[1]。仮称艦名は丁型駆逐艦[19](一等駆逐艦)第5492号艦[17]6月20日、「」と命名される[3]。同20付で駆逐艦4隻(樫、榧、檜、楓)は松型駆逐艦に類別された[20]7月30日、進水[21]同日付で舞鶴鎮守府[22]8月15日、舞鶴海軍工廠内の榧艤装員事務所は、事務を開始した[23]

9月18日、岩淵吾郎少佐は榧艤装員長に任命される[24][注 2]9月30日、竣工[28][注 3]。岩淵(榧艤装員長)は制式に榧駆逐艦長となった[30]

南西方面作戦[編集]

就役後、訓練部隊で第二遊撃部隊(指揮官:志摩清英第五艦隊司令長官)麾下の第十一水雷戦隊[31](司令官高間完少将海軍兵学校41期、旗艦「多摩」)[32]に編入される[7]10月5日に舞鶴を出発して瀬戸内海に回航され、訓練に従事した[33][34]。10月中旬、第六三四海軍航空隊九州鹿屋航空基地転進に協力した[35][36]

台湾沖航空戦台湾第二航空艦隊が消耗したので、大本営海軍部は海上護衛総司令部大鷹型航空母艦海鷹」を航空機輸送任務に投入した[注 4]10月25日、松型4隻(榧、)は、空母2隻(龍鳳海鷹)を護衛して佐世保を出撃する[8]。10月27日に基隆に到着した[38]。輸送任務を終えた後は10月30日に基隆を出港して佐世保を経由し、11月2日に帰投した[39]。その後は訓練をおこなう[40]

11月25日付で[11][41]第三十一戦隊[42](司令官江戸兵太郎少将[43]・海兵40期)[44]麾下の第43駆逐隊に編入される[12][45][注 5]

11月25日昭南に向かうヒ83船団を[9]、空母「海鷹」と駆逐艦5隻(卯月型夕月卯月[51]、松型〈樅、檜、榧〉)および海防艦複数隻などで護衛して門司を出撃する[52][53]高雄到着後、駆逐艦はヒ83船団と別れる[54]。「榧」はマニラ方面へ進出した。

12月13日、陸軍偵察機がミンドロ島を目指す連合軍大部隊を発見し[55]12月14日をもって第十次多号作戦(駆逐艦「清霜[注 6]、松型複数隻[57]等参加予定)[58]は中止された[59]。 同14日、第38任務部隊(ジョン・S・マケイン・シニア中将)の艦上機はマニラを含めルソン島各地を襲撃した[60]。 マニラには、第八次多号作戦に参加して損傷した第43駆逐隊が停泊していた[61][62]。 第43駆逐隊司令菅間良吉大佐(海兵50期)は司令駆逐艦を「」から「榧」に変更した[63]。 空襲を受け、松型3隻(榧、)は共にマニラを脱出することとなる[64][注 7]

14日20時[70]、南西方面艦隊司令長官大川内傳七中将(南西方面部隊指揮官)は、敵がルソン島に来攻した場合に第二遊撃部隊(第五艦隊)と第三十一戦隊の駆逐艦4隻(梅、榧、杉、樫)で突入作戦を実施させるため、両部隊の南沙諸島進出を命じた[71]。第二遊撃部隊は既にカムラン湾に進出していた[72]。 マニラ脱出後の松型3隻(樫、杉、榧)は、ひとまず南沙諸島で様子を伺う事となった[64]。なお北東方面艦隊の解隊にともない第五艦隊12月5日付で南西方面艦隊に編入され[73]、第五艦隊隷下の第三十一戦隊も自動的に南西方面艦隊所属となった[48]。軍隊区分においては、南西方面部隊の警戒部隊であった[74]

12月15日、アメリカ軍はミンドロ島に上陸を開始してミンドロ島の戦いが始まる[75]12月16日午前8時35分[76]大川内長官(中将、海兵37期)は[77]、南沙諸島に待機中の駆逐艦3隻(樫、榧、杉)によるミンドロ島サンホセへの殴り込み作戦を発令、突撃部隊指揮官は第43駆逐隊司令菅間良吉大佐(海兵50期)であっ[78]。 計画では「マニラへ向かう航路を取りつつカラミアン諸島を背景にサンホセに突入し、突入後はマニラに帰投する」という作戦だった[79]。この時、松型3隻(榧、杉、樫)はカムラン湾入港直前だったという[80]。「樫」は給水ポンプの復旧の見込みが立たず速力は21ノットを出すのがやっと、「杉」は多号作戦での損傷が癒えておらず、「榧」も不具合を抱えていた[81]。同16日夕刻[82]、43駆司令指揮下の3隻(杉、樫、榧)はカムラン湾に入港し、タンカー「日栄丸」(日東汽船、10,020トン)から燃料を補給した[83]。同16日夜、連合艦隊司令部(参謀長草鹿龍之介中将、先任参謀神重徳大佐)は南西方面部隊に対し、第二遊撃部隊のミンドロ島突入を迫った[84][85]

12月17日、松型3隻はカムランを出撃したが海上は台風で大荒れだった[80]。同17日午後[83]、菅間司令は突入作戦成功の見込みなしと判断し、サンジャックに移動して修理すると報告した[86]18日夜、第二遊撃部隊がサンジャックに到着する[83]。菅間司令は指揮下駆逐艦3隻の20日夜突入と「但シ 司令ハ肺浸潤俄カニ重リシトシテ「サイゴン」病院ニ入院」を打電した[83]。榧駆逐艦長の指揮下で再出撃したが[80]12月19日午前5時46分になり大川内長官は松型3隻の突入中止と[87]、第二遊撃部隊との合同を命じた[88][83]

12月20日、連合艦隊司令部(草鹿参謀長、神重徳参謀)は南西方面艦隊にミンドロ島逆上陸と水上部隊殴り込みを督促した[84][注 8]。大川内中将は第二水雷戦隊(司令官木村昌福少将・海兵41期)を中心としてサンホセへの突入作戦を行うよう、志摩中将に命令した[91][注 9][注 10]

第二遊撃部隊指揮官(第五艦隊司令長官)は旗艦を重巡「足柄」から航空戦艦「日向」に変更した[95][注 11]12月21日21時30分[97]、3隻(樫、榧、日栄丸)はサンジャックを出発、22日夕刻にカムラン湾へ進出した[98]。挺身部隊(指揮官木村昌福少将、第二水雷戦隊司令官)の集結を待ち[99]12月24日にカムラン湾を出撃して殴りこみ作戦「礼号作戦」が開始された[100][101][102]

ミンドロ島が目前に迫った12月26日夕刻[103]、挺身部隊はミンドロ島に進出したばかりの第5空軍機の空襲を受ける[104]。21時30分には、機銃掃射後の機体の引き起こしのタイミングを誤った[105]P-38が後マストに当たり、根本から折れる被害が出た[106]。また僚艦「清霜」の被弾(のち沈没)も目撃した[107]。 空襲と魚雷艇の襲撃を受けつつもサンホセに接近し、マンガリン湾に潜む4隻のリバティ船に対して、「」「樫」とともに魚雷を発射した[108]。いずれの魚雷であるかは判然としないが、魚雷は貨物船ジェームズ・H・ブリーステッド (SS James H. Breasted) に命中して着底させた[109]。作戦を通じ、後マスト折損の他に機銃掃射による燃料タンク損傷からの一つが使用不能となり、火災が発生する[107]。最大速力が20ノットに下がる損傷を受け、戦死者4名、負傷者17名を出した[110](岩淵艦長の回想では、戦死者30名以上)[107]

作戦からの帰途[111]12月28日午後、南西方面艦隊は松型3隻(榧、樫、杉)を第二遊撃部隊からとりあげ、南西方面部隊警戒部隊に編入した[112]。松型3隻は二水戦から遅れてカムラン湾へむけ航行中、アメリカ潜水艦デイス (USS Dace, SS-247) の雷撃により沈没した給糧艦「野埼」の乗員を発見、救助を実施した[113][114]12月29日11時35分、カムラン湾に帰投した[115][116]。松型3隻は大型艦(足柄、大淀)から燃料を補給した[117]。同29日1400、「樫」や大淀等はカムラン湾を出発、12月30日13時サンジャックに到着した[117]

終戦まで[編集]

1945年(昭和20年)1月1日、松型3隻(樫、榧、杉)はサンジャックを出港し、香港経由で1月7日台湾高雄に到着した[118]8日朝、南西方面艦隊は第三十一戦隊に麾下3隻(梅、樫、杉)のルソン島リンガエン湾突入を促した[119]9日朝、南西方面艦隊は水上部隊のリンガエン湾突入をあきらめた[50]。高雄で修理中の「榧」は舞鶴へ帰投することになり、香港で修理中の「梅」も高雄へ移動した[119]。高雄での応急修理の後、搭載弾薬を他の艦艇に融通して1月9日に出港し、13日舞鶴に帰投した[120][注 12]。 「榧」は舞鶴所在の各艦と共に修理をおこなう[注 13]

同時期、第43駆逐隊司令は菅間大佐から吉田正義大佐に交代した[123]。吉田大佐は松型3番艦「」を司令駆逐艦としたが[124]ルソン島からの航空隊撤収作戦に従事中[125]1月31日に沈没した[126]。そのため本艦は同31日付で第43駆逐隊の司令駆逐艦となる[127]

「榧」が舞鶴で修理中の2月5日[122]、第五艦隊は解隊されて第十方面艦隊が新編され[128]、五艦隊隷下の第三十一戦隊は連合艦隊付属となった[129](高雄警備府部隊編入)[50]。第三十一戦隊司令部は空路で内地にもどり、松型駆逐艦「」や秋月型駆逐艦「花月」(舞鶴工廠で前年12月26日に竣工)[130]に将旗を掲げた[131]3月1日、第43駆逐隊司令は吉田大佐から作間英邇大佐に交代した[132]4日、「榧」と海防艦「択捉」は舞鶴を出発する[15]。「榧」はに回航され、3月15日まで呉海軍工廠で残りの修理を受ける[133]。 同15日付で第三十一戦隊は第二艦隊に編入された[134]18日からは新旗艦「花月」や三十一戦隊僚艦(杉、樫、桐、槇)とともに第一航空戦隊の戦艦「大和」警戒任務に就いた[135]

3月19日、米軍機動部隊艦上機による呉軍港空襲がおこなわれた[136]。この戦闘で43駆僚艦「」が機銃掃射で若干の被害を受けた[137]28日17時30分、第三十一戦隊(花月、槇、榧)をふくむ第一遊撃部隊[注 14]は佐世保回航のため呉を出撃したが、直後に回航は中止された[139]。翌29日、駆逐艦「」が機雷で損傷、曳航されて呉に帰投した[140]

4月5日夕刻、第一遊撃部隊の沖縄出撃が伝達され[141]、第三十一戦隊は出撃各艦に弾薬を移載した[142]4月6日朝、三十一戦隊3隻(花月、榧、槇)は「大和」および第17駆逐隊(磯風、雪風、浜風)に燃料補給をおこなった[143]。 同6日15時20分の第一遊撃部隊徳山沖出撃では[144]大和特攻/坊ノ岬沖海戦[145]、呉防備戦隊の各部隊や海防艦「志賀」等と協力し[146]、前路掃蕩隊(花月[147][148])として豊後水道出口まで第一遊撃部隊に随伴した[149][注 15]。16時20分、伊藤中将より帰投命令があり、第三十一戦隊は引き返した[150]。第三十一戦隊は待機部隊に編入され、第十一水雷戦隊司令官の指揮下に入った[16]

4月20日付で第二艦隊や第二水雷戦隊が解隊されると、第三十一戦隊は連合艦隊付属にもどった[151]25日、森本義久少佐(当時、海軍兵学校教官)[152]が榧駆逐艦長に任命された[注 16]。 5月20日、軽巡「北上」(人間魚雷回天母艦)や駆逐艦「波風」および第三十一戦隊を基幹として海上挺進部隊が新編され、第43駆逐隊の「榧」も同部隊所属となる[154]。出撃の機会はなく、瀬戸内海で訓練と待機の日々を過ごした。 燃料の欠乏のため、6月下旬から7月上旬にかけて山口県屋代島の日見海岸に疎開し、松型3隻(榧、槇、竹)は横一列に並んでカモフラージュを施された[155]。対岸でも3隻(花月、)が擬装を施されて碇泊していた[155]。各艦は空襲を受けることなく、そのまま終戦を迎えた[155]。10月5日、除籍。

太平洋戦争後[編集]

1945年(昭和20年)12月1日に特別輸送艦に指定され、復員輸送に従事、終了後は賠償艦として1947年(昭和22年)7月5日にナホトカソ連に引渡された。同日、「屹然たる、意志の固い」という意味のヴォレヴォーイロシア語:Волевойヴァリヴォーイ)に改称され、7月7日、艦隊水雷艇(駆逐艦のこと)として第5艦隊へ編入された。1949年2月14日には予備役にまわされた。6月17日には除籍され、武装解除の上で標的艦に類別を変更、名称も「第23標的艦」を意味するTsL-23ЦЛ-23ツェエール・ドヴァーッツァチ・トリー)に改められた。1953年4月23日には太平洋艦隊に編入された。

1958年6月10日には暖房船(бон-отопитель)に変更され、名称もOT-61ОТ-61オテー・シヂスャート・アヂーン)となった。1959年8月1日付けで退役し、解体のため資金資産局への引き渡された。1959年9月2日には海軍より除籍された。ヴォレヴォーイの艦名は、30-bis号計画型駆逐艦に受け継がれた。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』365-366頁による。

艤装員長[編集]

  1. 岩淵悟郎 少佐 1944年9月18日[24] - 1944年9月30日[30]

駆逐艦長[編集]

  1. 岩淵悟郎 少佐 1944年9月30日[30] - 1945年4月25日[152]
  2. 森本義久 少佐 1945年4月25日[152] - 不明

出典[編集]

[編集]

  1. ^ 10月下旬、台湾行きの空母2隻(海鷹龍鳳)を護衛[8]、11月下旬にヒ83船団の空母「海鷹」を護衛した[9]
  2. ^ 岩淵少佐は前年11月5日より神風型駆逐艦「夕凪」艦長だった[25]1944年(昭和19年)8月25日、「夕凪」はアメリカ潜水艦ピクーダに撃沈される[26]。岩淵は9月1日付で夕凪駆逐艦長の任を解かれていた[27]
  3. ^ 同9月30日[28]、舞鶴海軍工廠では姉妹艦「椿」が進水した[29]
  4. ^ 大海指第四百七十五号 昭和十九年十月十七日 軍令部総長及川古志郎豊田聯合艦隊司令長官 野村海上護衛司令長官 }ニ指示 海上護衛司令長官ハ内地ヨリ臺灣方面ニ対スル航空資材緊急輸送ニ関シ 海鷹(護衛用飛行機ヲ含ム)ヲシテ聯合艦隊司令長官ノ指揮ヲ承ケシムルモノトス(大海機密第一七一七二五番電)[37]
  5. ^ 第三十一戦隊は第五艦隊に編入されていた[46]。この日、第三十一戦隊旗艦「霜月」が潜水艦カヴァラに撃沈され[47]、江戸少将と司令部は全滅した[48]。後任司令官は鶴岡信道少将で[49]、新司令部は12月上旬に内地で発足、空路でマニラへ進出した[50]
  6. ^ (昭和19年12月12日)[56]〔 十二日一六四六(指揮官)NSB|十三日〇二〇〇(指揮官)2YB (司令官)2Sd(GF長官-)|南西方面部隊電令作第八一八號 第十次多號輸送作戰期間中第二水雷戰隊ノ駆逐艦一隻ヲ護送部隊ニ一時編入ス 右駆逐艦ハ十二月十四日一二〇〇迄ニ「マニラ」ニ回航セシムベシ|無電 〕/〔 十三日〇六四五(司令官)2Sd(宛略)二水戰電令第八號 南西方面部隊電令作第八一八號ニ依ル駆逐艦ヲ二駆(清霜)ニ指定ス|信號 〕/〔 十三日(指揮官)2YB|十三日〇八四〇 2YB|着信者 二水戰司令官 清霜 通報 GF長官 GKF長官 第一輸送戰隊司令官 南西方面部隊電令作第八一八號ニ依ル駆逐艦一隻ヲ第二駆逐隊(清霜)ニ指定ス|信號(無電) 〕
  7. ^ 空襲を逃れてマニラを脱出した姉妹艦(梅、)のうち、「梅」は空襲により艦首に被弾して小破[65]海南島経由で香港に脱出できた[66]。「桃」は空襲で損傷したあと[67]避退中の12月15日20時30分[68]、潜水艦ホークビルによって撃沈された[26]。第九次多号作戦で損傷した「桐」は15日にマニラを脱出[69]、内地に帰投できた。
  8. ^ 12月23日には草鹿参謀長、神重徳参謀、淵田美津雄航空参謀が空路でマニラに乗り込み、現地陸海軍との調整をおこなった[89][90]
  9. ^ NSB電令作第838号[92](20日0819番電)一 第二遊撃部隊指揮官ハ左ニヨリ「サンホセ」突入作戦ヲ実施スベシ 編制及行動予定ヲ予メ報告スルト共ニ関係各部ニ通報スベシ/指揮官 二水戦司令官/兵力 巡洋艦一隻乃至二隻 駆逐艦四乃至六隻/突入期日 十二月二十二日以降ナルベク速ニ夜半突入 本作戦中 杉、樫、榧ヲ一時第二遊撃部隊ニ編入ス 〕
  10. ^ 12月20日時点でサンジャック所在艦艇(足柄、日向、伊勢、大淀、朝霜、清霜、杉、樫、榧、日栄丸など)、サンジャック南南西約330浬に妙高救援部隊[93](羽黒、妙高、霞、初霜、海防艦千振など)[94]
  11. ^ 礼号作戦終了後の1945年(昭和20年)1月1日、シンガポールで第二遊撃部隊旗艦は「日向」から「足柄」に復帰した[96]
  12. ^ 同年1月13日[14]、舞鶴海軍工廠では姉妹艦「」が進水した[121]
  13. ^ 1945年(昭和20年)1月から3月にかけて舞鶴海軍工廠が修理した艦艇は、重巡洋艦利根、海防艦(占守択捉、笠戸)、駆逐艦(朝顔波風)、潜水艦複数隻など[14][122][15]
  14. ^ 指揮官は第二艦隊司令長官伊藤整一中将[138]:戦艦大和第一航空戦隊)、第二水雷戦隊(軽巡矢矧、第7駆逐隊、第17駆逐隊、第21駆逐隊、第41駆逐隊)、第三十一戦隊(花月、榧、槇)。
  15. ^ 戦艦「大和」、第二水雷戦隊旗艦「矢矧」、第17駆逐隊(磯風雪風浜風)、第21駆逐隊(朝霜初霜)、第41駆逐隊(冬月涼月[150]
  16. ^ 森本は、駆逐艦「雪風」水雷長、重巡「羽黒」水雷長、駆逐艦「春風」艦長等を歴任していた[153]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 舞廠造機部 2014, pp. 448a-449舞廠建造艦艇一覧、榧(5492)
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127600, pp.8
  3. ^ a b #S19.6-7海軍公報(部内限)/6月(12) p.17〔 達第二〇二號 昭和十八年度及昭和十九年度ニ於テ建造ニ着手ノ驅逐艦四隻、潜水艦三隻、海防艦六隻及輸送艦一隻ニ左ノ通命名ス 昭和十九年六月二十日 海軍大臣  株式會社藤永田造船所ニ於テ建造 驅逐艦 樫(カシ)/舞鶴海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 榧(カヤ)/横須賀海軍工廠 驅逐艦 檜(ヒノキ) 驅逐艦 楓(カヘデ)(以下略) 〕
  4. ^ 福井静夫、日本駆逐艦物語 1993, p. 295日本海軍駆逐艦艦名一覧/二等駆逐艦/榧(I)Kaya
  5. ^ 戦史叢書88 1975, pp. 52-56駆逐艦(丁)
  6. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 291-293帝国海軍駆逐艦・水雷艇建造小史(18)戦時急造艦―松型と同改(丁型)
  7. ^ a b #S1906十一水戦(3) p.43〔 (四)麾下艦船ノ行動 〕(昭和19年9月)
  8. ^ a b 日本空母戦史 1977, pp. 720-722海鷹・竜鳳
  9. ^ a b #S1906十一水戦(4) p.58〔 (指揮官)1KEg66(宛略)|機密第二一二一一番電 1KEg電令作第五一二號 護衛区分左ノ通定ム ヒ八三(二十五日門司)第七運航指揮官 海二五 三五 一 三 六四 二〇七及30dg 52dg(檜 樅) 榧(途中迄協力)|無電 〕
  10. ^ #S1906十一水戦(4) p.66(昭和19年11月)〔 二五|(略)|52dgヲ11Sdヨリ除キ31Sニ編入 榧ヲ11Sdヨリ除キ43dgニ編入 櫻11Sd編入 〕
  11. ^ a b 『第五艦隊戦時日誌』C08030019800, pp.20〔 (海軍大臣)二五日附 駆逐艦編制中左ノ通改正セラル「43dgノ項中ニ榧ヲ加フ」|無電 〕〔(海軍大臣)十一月二十五日附帝國海軍戰時編制中左ノ通改正セラル 一.52dgヲ11sdヨリ除キ31Sニ編入/二.榧ヲ11Sdヨリ除キ43dgニ編入|無電 〕
  12. ^ a b #内令(秘)昭和19年11月(4) p.1〔 内令第一二九一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年十一月二十五日 海軍大臣 第四十三驅逐隊ノ項中「梅、竹、桃、槇、桐」ヲ「梅、竹、桐、桃、槇、榧」ニ改ム 〕
  13. ^ 昭和19.1~昭和20.2大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和19年12月 」 アジア歴史資料センター Ref.C16120660300  p.11(昭和19年12月26日、礼号作戦概要)
  14. ^ a b c #S2001舞鎮日誌 pp.11-12〔 (b)損傷艦船 驅逐艦 榧 一月十三日入港損傷復舊竝ニ整備工事中/海防艦 占守 一月二十日入港損傷復舊竝ニ整備工事中/驅逐艦 朝顔 一月二十五日入港損傷復舊竝ニ整備工事中/軍艦 利根 前月ニ引續キ損傷復舊竝ニ整備工事中/驅逐艦 波風 前月ニ引續キ損傷復舊竝ニ整備工事中(以下略) 〕(昭和20年1月)
  15. ^ a b c #S2003舞鎮日誌 pp.12-13〔 (2)損傷艦船  朝顔 損傷復舊竝ニ整備工事完成三月二日出撃/榧 損傷復舊竝ニ整備工事完成三月四日出撃/占守 引續キ損傷復舊竝ニ整備工事中/呂五十潜 同右|(3)修理艦船 第二十號掃海艇 三月四日入港一般整備工事施行三月二十八日出港/擇捉 一般修理工事施行三月四日出港/笠戸 一般修理工事施行三月六日出港(以下略) 〕(昭和20年3月)
  16. ^ a b 吉田満、原勝洋 1986, pp. 77-79出撃
  17. ^ a b 福井静夫、日本駆逐艦物語 1993, p. 291日本海軍駆逐艦艦名一覧/一等駆逐艦/榧(II)Kaya
  18. ^ #S1904舞鎮日誌 pp.8-9〔 (a)新造艦船(中略)第二四三一號艦四月一日、第五四九二號艦四月十日起工(以下略) 〕
  19. ^ 戦史叢書88 1975, p. 55第5492号艦 榧(かや)
  20. ^ 自昭和19年1月至昭和19年7月内令(防衛省防衛研究所)昭和19年6月 」 アジア歴史資料センター Ref.C12070195400 p.37〔 内令七七九號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十九年六月二十日 海軍大臣 驅逐艦、一等松型ノ項中「樅」ノ下ニ「樫、榧、檜、楓」ヲ加フ(以下略) 〕
  21. ^ #S1907舞鎮日誌 p.8〔 (a)新造艦船 第六十一號海防艦 七月二十五日進水/榧 七月三十日進水/槇 艤装中(以下略) 〕、同部隊戦時日誌p.63(経過概要、7月30日)(天候略)〔 官房機密第三一一二一〇番電ニ依リ驅逐艦榧ノ本籍ヲ舞鎭ト定メラル(中略)驅逐艦榧進水式 〕
  22. ^ 昭和19年8月~9月 秘海軍公報(防衛省防衛研究所)8月(1)/海軍公報 第4758号 昭和19年8月3日 」 アジア歴史資料センター Ref.C12070495900  p.7〔 ○令達 内令第九〇五號 驅逐艦 榧 右本籍ヲ舞鶴鎭守府ト定メラル/第四十三號海防艦 右本籍ヲ横須賀鎭守府ト定メラル 横須賀鎭守府在籍 第四十三號海防艦 右警備海防艦ト定メラル 昭和十九年七月三十日 海軍大臣 〕
  23. ^ 昭和19年8月25日 秘海軍公報 第4780号 p.8」 アジア歴史資料センター Ref.C12070496300 〔 ○事務開始 呂號第五十五潜水艦艤装員事務所ヲ八月十九日岡山縣玉野市三井造船株式會社玉野造船所内ニ設置シ事務ヲ開始セリ/第三百三十三設営隊事務所ヲ舞鶴市宇公文名舞鶴海軍施設第一設営班内ニ設置シ事務ヲ開始セリ/驅逐艦榧艤装員事務所ヲ八月十五日舞鶴海軍工廠内ニ設置シ事務ヲ開始セリ/信濃艤装員事務所ヲ八月十七日横須賀海軍工廠内小海桟橋前ニ設置シ事務ヲ開始セリ/伊號第三百六十九潜水艦艤装員事務所ヲ八月二十日横須賀海軍工廠内ニ設置シ事務ヲ開始セリ 〕
  24. ^ a b 昭和19年9月22日(発令9月18日付)海軍辞令公報(甲)第1600号 p.20」 アジア歴史資料センター Ref.C13072101000 
  25. ^ 昭和18年11月10日(発令11月5日付)海軍辞令公報(部内限)第1257号 p.15」 アジア歴史資料センター Ref.C13072094300 
  26. ^ a b 戦史叢書46 1971, pp. 446a-447米潜水艦に撃沈されたわが駆逐艦一覧表
  27. ^ 昭和19年9月5日(発令9月1日付)海軍辞令公報(甲)第1585号 p.30」 アジア歴史資料センター Ref.C13072100800 
  28. ^ a b #S1909舞鎮日誌 p.7〔 (a)新造艦船 第六十一號海防艦 九月十五日完成引渡/榧 九月三十日完成引渡(以下略) 〕、同部隊戦時日誌 p.52〔 三〇(天候略)驅逐艦槇第四十三驅逐隊ニ編入|(略)|工廠工事 第五四九八號艦(椿)進水 榧竣工(以下略) 〕
  29. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 448c-449舞廠建造艦艇一覧、椿(5498)
  30. ^ a b c 昭和19年10月7日(発令9月30日付)海軍辞令公報(甲)第1603号 p.43」 アジア歴史資料センター Ref.C13072101400 
  31. ^ 戦史叢書37 1970, p. 370第二遊撃部隊(第五艦隊)/編成
  32. ^ 戦史叢書37 1970, p. 372.
  33. ^ #S1906十一水戦(4) p.10〔 榧クカ(宛略)機密第〇五〇九一三番電発 榧クカ 〇七一五桂島ニ向ケ舞鶴発六日午後着ノ予定|無電 〕
  34. ^ #S1906十一水戦(4) p.5〔 (四)麾下艦船ノ行動 〕(昭和19年10月)
  35. ^ #S1906十一水戦(4) pp.20-21,pp.38-39
  36. ^ #S1906十一水戦(4) pp.22-23〔 榧クカ|(司令官)11Sd (司令官)4Sf (霜月 2YB)|機密第一四〇三三五番電 十三日一六〇〇鹿児島湾着 十四日〇三〇〇任務終了皈途ニ就キ二〇〇〇桂島着ノ予定|無電 〕
  37. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 463-464.
  38. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.5,31,41
  39. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.33,42,51,52
  40. ^ #S1906十一水戦(4) p.47〔 (四)麾下艦船竝ニ一時加入艦船ノ行動 〕(昭和19年11月)
  41. ^ #S1906十一水戦(4) p.45(昭和19年11月、十一水戦軍隊区分)
  42. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 361-364第三十一戦隊の新編
  43. ^ 戦史叢書37 1970, p. 78.
  44. ^ 戦史叢書46 1971, pp. 330-332第三十一戦隊の編成
  45. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.59
  46. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 67-69第一水雷戦隊の解隊と第三十一戦隊の第五艦隊編入
  47. ^ 戦史叢書46 1971, pp. 446b-447.
  48. ^ a b 戦史叢書54 1972, pp. 454-455水上兵力の漸減
  49. ^ 昭和19年12月6日(発令12月1日付)海軍辞令公報(甲)第1661号 p.1」 アジア歴史資料センター Ref.C13072102200 
  50. ^ a b c 戦史叢書93 1976, pp. 128-129水上部隊
  51. ^ 歴群64、睦月型 2008, p. 153.
  52. ^ 『第一海上護衛隊戦時日誌』pp.52 、駒宮, 297ページ
  53. ^ 日本空母戦史 1977, pp. 843-845海鷹・竜鳳
  54. ^ 日本空母戦史 1977, p. 844.
  55. ^ 戦史叢書54 1972, pp. 456a-459ミンドロ島上陸と禮号作戦
  56. ^ #S1911二水戦日誌(1) pp.34-35
  57. ^ 佐藤、艦長続篇 1984, p. 197b.
  58. ^ 二水戦突入す 2003, p. 88.
  59. ^ 戦史叢書56 1972, p. 570多号第十次輸送作戦の中止
  60. ^ 戦史叢書56 1972, p. 573a連合軍の比島空襲、激化す
  61. ^ 秋月型(光人社) & 2015), p. 334.
  62. ^ 戦史叢書56 1972, p. 563第八次多号作戦
  63. ^ 佐藤、艦長続篇 1984, p. 197.
  64. ^ a b 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.37
  65. ^ 佐藤、艦長続篇 1984, p. 85.
  66. ^ 秋月型(光人社) & 2015), pp. 314-315難をのがれ香港で修理
  67. ^ 二水戦突入す 2003, p. 89.
  68. ^ 昭和19.1~昭和20.2大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和19年12月 」 アジア歴史資料センター Ref.C16120660300  p.8(昭和19年12月)〔 15|2030|桃 高雄ニ向ケ避退中マニラノ北西210浬附近ニ於テ敵(潜水艦)ノ雷撃ヲ受ケ轟沈(以下略) 〕
  69. ^ 岸見勇美 2010, p. 252.
  70. ^ #S1911二水戦日誌(1) p.39〔 十四日二〇〇五(指揮官)NSB|十五日〇七三五(司令)43dg 樫、榧(2YB指揮官、GF長官)|南西方面部隊電令作第八二六號 梅(修理完成次第)杉、樫、榧ハ第四十三駆逐隊司令之ヲ指揮シ速ニ新南群島ニ回航第二遊撃部隊ニ合同待機スベシ|無電 〕
  71. ^ 戦史叢書56 1972, p. 575a南西方面部隊の処置
  72. ^ 戦史叢書56 1972, p. 575b.
  73. ^ 北方方面の作戦(防衛省防衛研究所)/其の2「アリューシャン」群島撤退後の作戦/第2項 大本営の作戦指導/第3目 昭和19年12月(北東方面艦隊の解編)第4目 昭和20年5月」 アジア歴史資料センター Ref.C14121149200 
  74. ^ 戦史叢書54 1972, p. 455.
  75. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 578-579付記 米軍の作戦概要
  76. ^ #S1911二水戦日誌(1) p.43〔 十六日〇八三五(指揮官)NSB(宛略)南西方面部隊電令作第八二九號 第四十三駆逐隊司令ハ 杉、樫、榧 ヲ率ヰ明十七日夜半「サンホセ」《ミンドロ》ニ突入的艦艇船舶ヲ奇襲スベシ予定ヲ報告スベシ|無電 〕
  77. ^ 二水戦突入す 2003, p. 110.
  78. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 580a-581駆逐隊の突入を企図
  79. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.39,40
  80. ^ a b c 佐藤、艦長続篇 1984, p. 198.
  81. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.42,43,44
  82. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.65(昭和19年12月16日)(天候略)〔 一一〇〇清霜新南群島ヨリ「カムラン」皈投/一七〇〇 第四十三駆逐隊(榧)杉樫「カムラン」湾入泊 〕
  83. ^ a b c d e 戦史叢書56 1972, pp. 580b-581.
  84. ^ a b 戦史叢書56 1972, pp. 579-580逆上陸の構想
  85. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 105-106聯合艦隊、逆上陸を督促
  86. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.66(昭和19年12月17日)(天候略)〔 (中略)「第四十三駆逐隊(榧)杉樫「カムラン」出撃 GKF電令作第八二九号ニヨル「サンホセ」突入ニ向ヒタルモ荒天ニヨル被害アリ從来ノ故障缺損モアリ突入成算見込立タズ一應「サンジャック」ニ回航」〕
  87. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.44
  88. ^ #S1911二水戦日誌(1) p.44〔 十九日〇一三七(指揮官)NSB(宛略)|十九日〇五四六 榧 樫 杉 (指揮官)GFGB(2YB指揮官、GF長官-)|南西方面部隊電令作第八三五號 南西方面部隊電令作第八二九號ニ依ル「サンホセ」突入作戰ヲ見合ス 榧、樫、杉ハ第二遊撃部隊ニ合同スベシ|無電 〕
  89. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 101-102聯合艦隊参謀長らのマニラ派遣
  90. ^ 二水戦突入す 2003, pp. 127-129.
  91. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.45
  92. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 582a-583突入部隊編成に関する各部の意見、編制の変更
  93. ^ 戦史叢書56 1972, p. 582b.
  94. ^ 二水戦突入す 2003, pp. 58-59.
  95. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.67-68(昭和19年12月21日)(天候略)〔 一七三〇2YB旗艦ヲ一時足柄ヨリ日向ニ変更ス/一八三〇挺身部隊(指揮官第二水雷戰隊司令官 兵力 足柄大淀清霜朝霜杉其ノ他一部欠)「カムラン」湾ニ向ケ「サンジャック」発/尚 榧 樫ハ日栄丸ヲ護衛シ別動「カムラン」湾ニ向フ(以下略)〕
  96. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900,pp.58〔 一月一日一二〇一 二遊撃部隊指揮官|南西方面艦隊長官(東通 十通 二艦隊長官)|通報(宛略)2YB〔(足柄、大淀) 2Sd(霞、朝霜)〕一二〇〇昭南水道着 旗艦ヲ足柄ニ復皈|無電 〕
  97. ^ 『礼号作戦戦闘詳報』pp.8
  98. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 583-585挺身部隊のカムラン湾進出
  99. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.68(昭和19年12月24日)(天候略)〔 〇九〇〇礼号作戰挺身部隊(〈将旗〉霞 足柄 大淀 清霜 朝霜 榧 樫 杉)「カムラン」湾出撃 〕
  100. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 108-109水上部隊、ミンドロに突入す ― 礼号作戦
  101. ^ 佐藤、艦長続篇 1995, pp. 229a-230礼号作戦発令される
  102. ^ 佐藤、艦長続篇 1995, pp. 361a-363満身創痍のミンドロ突入
  103. ^ 二水戦突入す 2003, pp. 16-17第二水雷戦隊、礼号作戦の航跡図(昭和19年12月24日カムラン出撃)
  104. ^ 佐藤、艦長続篇 1995, p. 232.
  105. ^ 木俣, 596ページ
  106. ^ 『礼号作戦戦闘詳報』pp.12
  107. ^ a b c 佐藤、艦長続篇 1995, pp. 361b-363.
  108. ^ 『礼号作戦戦闘詳報』pp.68 、木俣『日本水雷戦史』601、602ページ
  109. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II 、木俣『日本水雷戦史』601、602ページ
  110. ^ 『礼号作戦戦闘詳報』pp.68,69
  111. ^ 佐藤、艦長続篇 1984, p. 200.
  112. ^ 二水戦突入す 2003, p. 229.
  113. ^ 木俣『日本水雷戦史』606ページ
  114. ^ 二水戦突入す 2003, p. 300.
  115. ^ 『礼号作戦戦闘詳報』pp.64
  116. ^ 戦史叢書56 1972, p. 505aカムラン湾への帰投
  117. ^ a b 戦史叢書56 1972, p. 505b.
  118. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.8,9,28,29,31
  119. ^ a b 戦史叢書54 1972, p. 460b.
  120. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.9,31,33,37、#S1909舞鎮日誌 p.42(昭和20年)〔 一三(天候略)十三日附 椎ノ本籍ヲ舞鎭ト定メラル 榧修理ノ爲入港(中略)工廠工事 椎進水(舞廠) 〕
  121. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 448d-449舞廠建造艦艇一覧、椎(4811)
  122. ^ a b #S2002舞鎮日誌 pp.12-13〔 (2)損傷艦船 驅逐艦波風 損傷復舊竝ニ整備工事完成二月二日出撃/軍艦利根 損傷復舊竝ニ整備工事完成二月二十八日出撃/呂號第五十潜水艦 二月二十三日入港損傷復舊竝ニ整備工事施行中/驅逐艦 榧 前月ニ引續キ損傷復舊竝ニ整備工事/驅逐艦 朝顔 同右/海防艦 占守 同右|(3)修理艦船(中略)海防艦 擇捉 二月二十五日入港一般修理工事施行中/海防艦 笠戸 二月二十五日入港一般修理工事施行中 〕(昭和20年2月)
  123. ^ 昭和20年1月15日(発令1月9日付)海軍辞令公報(甲)第1693号 p.14」 アジア歴史資料センター Ref.C13072144100 
  124. ^ 自昭和20年1月.至昭和20年8月 秘海軍公報(防衛省防衛研究所)2月(4)/海軍公報第4943号、昭和20年2月27日(火)」 アジア歴史資料センター Ref.C12070504100  p.1〔○司令驅逐艦變更 第四十三驅逐隊司令ハ一月九日司令驅逐艦ヲ驅逐艦梅ニ變更セリ|○将旗移轉 本職二月十二日将旗ヲ門司廰舎ニ移轉セリ(第一護衛艦隊司令部) 〕
  125. ^ 戦史叢書54 1972, pp. 462-463航空兵力の比島撤収
  126. ^ 昭和19.1~昭和20.2大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和20年1月 」 アジア歴史資料センター Ref.C16120660400  p.12(昭和20年1月)〔 31|1520|比島要員転進作戰部隊d×3(梅、楓、汐風)鵝鑾鼻ノ南方20浬ニテ敵艦上機十數機ト交戰 梅 沈没 楓 中破 潮風 軽微ナル損傷 〕
  127. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.14
  128. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 178-179第五艦隊の解隊
  129. ^ 戦史叢書54 1972, pp. 539-542西部方面部隊、第十方面艦隊の新設
  130. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 446-447舞廠建造艦艇一覧、花月(366)
  131. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 179-180第三十一戦隊の第二艦隊編入
  132. ^ 昭和20年3月9日(発令3月1日付)海軍辞令公報(甲)第1741号 p.32」 アジア歴史資料センター Ref.C13072103700 
  133. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.6,7,8,23
  134. ^ 戦史叢書93 1976, p. 180.
  135. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.29,44(経過概要、昭和20年3月18日)(天候略)〔 一.31S(花月、杉、樫、桐)大和合同ノタメ一六一四呉発桂島ニ回航/二.四三駆(槇)一八三六桂島ニ於テ大和ニ合同/三.榧大津島発夕刻桂島ニ於テ大和ト合同|旗艦ヲ花月ニ変更|四三驅司令駆逐艦ヲ榧ニ復皈ス 〕
  136. ^ 吉田満、原勝洋 1986, pp. 14-15米機動部隊の来襲
  137. ^ 南海の死闘 1994, pp. 184-186「呉」空襲「竹」修理完成後の新任務
  138. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 277-279海上特攻隊の編制と出撃準備
  139. ^ 吉田満、原勝洋 1986, p. 16邀撃作戦の混乱
  140. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 622-623響の触雷(三月二十九日)
  141. ^ 吉田満、原勝洋 1986, pp. 22-25出撃発令
  142. ^ 戦史叢書17 1968, p. 629出撃準備
  143. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.78-79(経過概要、昭和20年4月6日)(略)〔 一.31S(花月、榧、槇)〇六〇〇ヨリ〇七二四迄燃料搭載ノタメ徳山ニ回航/二.重油搭載後出港 徳山湾口ニテ大和ニ合同/三.一六一一命ニ依リ反転大和ト分離一八〇一柳井泊地着|31S(花月 榧 槇)〇八〇〇ヨリ一一四〇迄重油清水搭載 〕
  144. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 626.
  145. ^ 木俣、駆逐艦入門 2006, pp. 367-368.
  146. ^ 戦史叢書85 1975, pp. 408-409第一遊撃部隊の出撃
  147. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 624-625第三十一戦隊旗艦 花月(三月)
  148. ^ 雨倉孝之「松型駆逐艦長の奮戦記」『松型駆逐艦』104ページ
  149. ^ 雨倉, 104ページ
  150. ^ a b 日本水雷戦史 1986, p. 627.
  151. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 283-284第二艦隊、第二水雷戦隊の解隊
  152. ^ a b c 昭和20年5月10日(発令月日付)海軍辞令公報(甲)第1795号 p.41」 アジア歴史資料センター Ref.C13072104700 
  153. ^ 佐藤、艦長続篇 1995, pp. 332a-333最後に快適な艦内生活
  154. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 396-397海上挺進部隊の編成
  155. ^ a b c 佐藤、艦長続篇 1995, pp. 332b-333.

参考文献[編集]

  • 大内建二「第6章 日本の護衛空母の戦い」『護衛空母入門 その誕生と運用メカニズム』光人社〈光人社NF文庫〉、2005-0 2004。ISBN 4-7698-2451-3。
  • 岡本孝太郎『舞廠造機部の昭和史』文芸社、2014年5月。ISBN 978-4-286-14246-3。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0386-9
  • 岸見勇美『地獄のレイテ輸送作戦 敵制空権下の多号作戦の全貌』光人社、2010年12月。ISBN 978-4-7698-2666-8。
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年3月。
  • 木俣滋郎『駆逐艦入門 水雷戦の花形徹底研究』光人社〈光人社NF文庫〉、2006年7月。ISBN 4-7698-2217-0。
  • 木俣滋郎『第二水雷戦隊突入す 礼号作戦 最後の艦砲射撃』潮書房光人社〈光人社NF文庫〉、2003年3月。ISBN 4-7698-2375-4。
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続篇 17人の艦長が語った勝者の条件』光人社、1984年4月。ISBN 4-7698-0231-5。
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続篇 17人の艦長が語った勝者の条件』光人社〈光人社NF文庫〉、1995年12月。ISBN 4-7698-2106-9。
    • 「独断反転」<駆逐艦「」艦長・岩淵悟郎少佐の証言>(駆逐艦朝潮水雷長、天津風水雷長、軽巡阿武隈水雷長、最上水雷長、駆逐艦望月艦長、夕凪艦長、榧艦長等を歴任)
    • 「縁の下の役割」<駆逐艦「春風」艦長・森本義久中佐の証言>(駆逐艦神風航海長。他に峯雲航海長、陽炎航海長、白雲水雷長、雪風水雷長、羽黒水雷長等を歴任。終戦時、艦長。)
    • 「貴重な勝利」<駆逐艦「清霜」艦長・梶本顗中佐の証言>(太平洋戦争時、駆逐艦 夕風艦長、弥生艦長、三重空教官、兵学校教官、清霜艦長、第22戦隊先任参謀等)
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫福井静夫著作集 軍艦七十五年回想記 日本駆逐艦物語』第5巻、阿部安雄・戸高一成/編集委員、光人社、1993年1月。ISBN 4-7698-0611-6。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍捷号作戦<1> 臺灣沖航空戦まで』第37巻、朝雲新聞社、1970年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 捷号陸軍作戦(1) レイテ決戦』第41巻、朝雲新聞社、1970年12月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊<6> ―第三段作戦後期―』第45巻、朝雲新聞社、1971年4月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海上護衛戦』第46巻、朝雲新聞社、1971年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 南西方面海軍作戦 第二段作戦以降』第54巻、朝雲新聞社、1972年3月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍捷号作戦<2> フィリピン沖海戦』第56巻、朝雲新聞社、1972年6月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 本土方面海軍作戦』第85巻、朝雲新聞社、1975年6月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍戦備<2> ― 開戦以後 ―』第88巻、朝雲新聞社、1975年10月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊<7> ―戦争最終期―』第93巻、朝雲新聞社、1976年3月。
  • 茂呂計造『南海の死闘 少年水兵の海戦記』株式会社近代文藝社、1994年4月。ISBN 4-7733-3262-X。
  • 吉田満、原勝洋『ドキュメント戦艦大和』文藝春秋〈文春文庫〉、1986年4月。ISBN 4-16-734902-7。
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.43 松型駆逐艦』学習研究社、2003年。 ISBN 4-05-603251-3
  • 歴史群像編集部編『睦月型駆逐艦 真実の艦艇史4 ― 謎多き艦隊型駆逐艦の実相』第64巻、学習研究社〈歴史群像 太平洋戦史シリーズ〉、2008年5月。ISBN 978-4-05-605091-2。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和19年6月~7月 海軍公報(部内限)/6月(12)』。Ref.C12070479400。
    • 『昭和19年9月~12月 秘海軍公報 号外/11月(4)』。Ref.C12070498000。
    • 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。Ref.C08051772000。
    • 『第2次世界大戦略歴大東亜戦争経過概要(防衛省防衛研究所)昭和19年10月経過概要~昭和19年12月経過概要』。Ref.C16120725100。
    • 『昭和19年4月1日〜昭和19年4月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030357600。
    • 『昭和19年5月1日〜昭和19年5月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030357700。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年6月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030357800。
    • 『昭和19年7月1日〜昭和19年7月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030357900。
    • 『昭和19年8月1日〜昭和19年8月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030358000。
    • 『昭和19年9月1日〜昭和19年9月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030358100。
    • 『昭和20年1月1日〜昭和20年1月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030358700。
    • 『昭和20年2月1日〜昭和20年2月28日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030358800。
    • 『昭和20年3月1日〜昭和20年3月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030358900。
    • 『昭和19年11月20日~昭和19年12月30日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030102400。
    • 『昭和19年11月1日~昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030019800。
    • 『昭和19年11月1日~昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030019900。
    • 『第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年九月一日至昭和十九年九月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(3))』。Ref.C08030127600。
    • 『第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(4))』。Ref.C08030127700。
    • 『第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(5))』。Ref.C08030127800。
    • 第一海上護衛隊司令部『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第一海上護衛隊戦時日誌』(昭和19年8月1日~昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030141700
    • 第五艦隊司令部『自昭和十九年十二月一日至昭和十九年十二月三十一日 第五艦隊(第三遊撃部隊)戦時日誌』(昭和19年11月1日~昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030019900
    • 礼号作戦挺身部隊 (第二水雷戦隊司令部)『礼号作戦戦闘詳報 (自昭和十九年十二月二十日至同年十二月三十日)』(昭和19年11月20日~昭和19年12月30日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030102600
    • 第三十一戦隊司令部『自昭和十九年十二月二十二日至昭和二十年一月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074800
    • 第三十一戦隊司令部『自昭和二十年二月一日至昭和二十年三月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074900

関連項目[編集]