槇みちる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
槇 みちる
出生名 岩村 真理子
生誕 (1947-03-07) 1947年3月7日(71歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル 和製ポップス歌謡曲
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1964年 -
事務所 渡辺プロダクション

槇 みちる(まき みちる、1947年3月7日 - )は、日本女性歌手60年代を代表するアイドル[1]な存在であり、現在はCMソングなどのスタジオ・ワークを中心に活動する。本名:分家 真理子(ぶんけ まりこ)、旧姓:岩村。大阪府出身。

同じく歌手として活動するぶんけかなは長女[2]

来歴・人物[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 可愛いマリア/若草の恋 (1965年3月、ビクター、SPV-41)
  • 青空に両手を/花咲く丘に涙して (1965年9月、ビクター、SPV-49)
  • トマト・ジュース乾杯/ラ・ヴィ・サン・トワ (1965年10月、ビクター、SPV-53)
  • 若いってすばらしい/消えた涙 (1966年4月、ビクター、SV-377)
  • 恋ってすてきよ/二人のハート (1967年5月、ビクター、SV-554)
  • シュガータウンは恋の街/狂ったハート (1967年7月、ビクター、SPV-79)
  • 恋はす早く/ブルー・エンジェル (1968年7月、東芝、TP-2014)
  • いじわるね/愛のすべて(1969年1月、東芝、TP-2099)
  • 鈴の音がきこえる/片想い (1969年11月1日、東芝、TP-2219)

アルバム[編集]

  • マキズ・バック・イン・タウン!(2006年、「まきみちる」名義)
演奏エリック宮城オールスター・ビッグバンド

CM[編集]

など多数

店内BGM[編集]

テーマパーク[編集]

その他[編集]

  • できるかな (『できるかな』 テーマ曲)
  • きんこんかんのうた(『ひらけ!ポンキッキ』)
  • ねむねむのひつじ(『ひらけ!ポンキッキ』)(1985年8月発売『ひらけ!ポンキッキ 最新ヒットアルバム ガチョウの物語〜ポンキッキ?たいそう』(キャニオン C20G0402)収録。ぶんけかなと共演)
  • てんしのおしっこ(『ひらけ!ポンキッキ』)(1988年発売。ぶんけかなと共演)
  • parararan ※TRACK16 (『澤野弘之 / 連続テレビ小説 まれ オリジナルサウンドトラック 2』) ※ボーカル参加

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • わんぱくパック まなつのよるのゆめ(1977年)

舞台[編集]

  • 日劇クレージー・キャッツ、ザ・ピーナッツ・ショー
  • ミュージカル『青春の歯車』- 主演

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1960年代当時、日本の芸能人を指して「アイドル」と表現する用法はまだ定着していなかった。「アイドル」が周知・浸透するのは1970年代以降である。
  2. ^ a b (3ページ目)元アイドル槇みちるさん 引退後関わったCMソング2000曲日刊ゲンダイDIGITAL、公開日:2016年10月3日 7時 更新日:2016年10月17日 4時37分。
  3. ^ a b (2ページ目)元アイドル槇みちるさん 引退後関わったCMソング2000曲、日刊ゲンダイDIGITAL、公開日:2016年10月3日 7時 更新日:2016年10月17日 4時37分。
  4. ^ ミッツは槇の「若いってすばらしい」のカバーで歌手デビューを果たしている。