槇大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
まき だいすけ
槇 大輔
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本北海道[1][2]
生年月日 (1946-01-01) 1946年1月1日(75歳)
身長 174 cm[2][3]
職業 声優ナレーター[3]
事務所 シグマ・セブン[1]
公式サイト 槇 大輔|株式会社シグマ・セブン
活動
活動期間 1964年 -
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

槇 大輔 (まき だいすけ、1946年1月1日[3] - )は、日本男性声優ナレーター[3]北海道出身[1][2]シグマ・セブン所属[1]

来歴・人物[編集]

函館ラ・サール高等学校学習院大学経済学部卒業。

ナレーションの第一人者であり、落ち着いた語りが特徴ではあるが、作品によって色々な語り口を使い分ける。バラエティからドキュメンタリーまで多くのレギュラー番組を持ち、声を耳にしない日は無いほどである。

かつては東京俳優生活協同組合に所属し、1988年にシグマ・セブン創立に参加。2006年までシグマ・セブンの取締役を務めた。

北島三郎らと共に函館市観光大使を務める。

2015年に七飯町観光大使に任命 [1]

自らの経験による「語り」への拘りをライブで表現するため「語座」を結成し、積極的に活動を開始。

「読み語り」という新たなジャンルを切り開いた第一人者とも称され、名実共にこのジャンルの権威となっている。

バラエティ番組では「makkie」の表記でナレーターを務めることもある。

過去にはナレーションのほか、何度かレポーターやインタビュアーとして画面に登場したこともあった。

2010年10月から2011年12月まで放送されたTBSパナソニック ドラマシアター水戸黄門第42部第43部の語りを務めた。同シリーズでは5代目になる。

ナレーション時のナレーター名クレジットを初めて入れた。取材や編集で待ち時間が長く「申し訳ないから、何らかの形で報いたい」というプロデューサーの言葉を受けて自らリクエストした。槇は「自分のためというより、同業者の地位向上を考えていました」という。

読み語り[編集]

ここで云う「読み」は目で文字を追うことの読み、「語り」とは講談や落語のように、まるでそこに書かれたものがないかのように話していく表現の仕方を云う。だから実際にはその書かれた本を目の前に置いている。所謂朗読などの「読み聞かせ」、つまりここにおける「読み」は声に出して表現することの読みであり、声に出して読んで聞かせることであるが、自ずと表現の意識、技術も異なると説いている。又、どちらがいいか悪いかの問題ではなく、作品によって表現する側がその作品を生かせる方法を選ぶのが良いとも云う。自分主体ではなく、先ず作品ありき、そして聴き手があるからこそ成り立つものであり、聴く側が情景を自然に思い描けるように語る、ということが肝心であると説く。従って、個性は自らが主張するものではなく、聞き手が感じてくれるものである。往々にして、自ら個性と主張するのは「クセ」にすぎないことが多い。聴衆が理解しやすいかどうか、聞いていて心地良いかどうか、ということこそが大事であり、自らの語りに個性を感じてもらうのは聴衆如何、あくまでも結果であり、更に云えば本来個性は生きている限り誰もが持っているもの、という独特な理念を掲げている。

出演[編集]

ナレーション[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

その他BS・CS[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

ビデオ[編集]

本人出演[編集]

  • 新・週刊フジテレビ批評(フジテレビ、2015年5月16日、The批評対談LIVE槇大輔×松野良一)

テレビアニメ[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 槇 大輔|株式会社シグマ・セブン”. 2020年10月14日閲覧。
  2. ^ a b c 槇 大輔”. 日本タレント名鑑. 2020年6月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 槇 大輔”. タレントデータバンク. 2020年6月10日閲覧。