槇島城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

槇島城(まきしまじょう)は京都府宇治市槇島町にかつて存在した日本の城。「槙島城」とも表記される。

概要[編集]

子供が遊ぶ公園内にひっそりと佇む槇島城跡の石碑

かつて南山城宇治近縁には巨椋池という巨大な池沼が存在し、槇島はそこに浮かぶ島であった。この地には真木島氏(槇島氏、槇嶋氏、真木嶋氏、牧島氏など様々な表記あり)という豪族が根を張り、城郭を築いていた。それが槇島城である。

元亀4年(1573年)7月3日、時の公方足利義昭織田信長に対して兵を挙げ、幕府奉公衆であった真木島昭光を頼り、槇島城へ籠城した。信長は即座に入洛、城を包囲して義昭を屈服させた(槇島城の戦い)。その後、義昭は河内若江城へ退去させられ、足利幕府は事実上滅んだ。義昭退去後、塙直政井戸良弘らが城将となったが、伏見城築城後はその戦略的価値を低下させ廃城となった。

遺構[編集]

現在は完全に失われており、石碑を残すのみである。

槙島城跡近辺の公園内にある槙島城記念碑
「古城を偲ぶ」槇島城顕彰会 2004/08/01

所在[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]