構造定数 (バンド計算)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バンド計算における構造定数(こうぞうていすう、Structure factor、構造因子とも言う)は以下の式で定義される:

逆格子ベクトル
単位胞内の原子(イオン芯)の座標の位置ベクトル

電荷密度をフーリエ変換したものを構造因子と言う場合がある。KKR法LMTO法における行列要素において、系の構造にのみ依存する部分(項)のことも構造定数(または構造因子)と言う。

関連項目[編集]