構造相転移

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

構造相転移(こうぞうそうてんい、英語:structural phase transition)は、物質の持つ構造(その構造の状態:)が、外的条件によって他の構造へ相転移すること。気相液相固相間の相転移や、結晶対称性の異なる構造に変わる現象を構造相転移と呼ぶ。

構造相転移を引き起こす外的条件としては、温度圧力磁場電場などが考えられる。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
全豪オープン 小平奈緒 マクラクラン・ベン 代理母出産 平尾誠二 イブニング 石丸幹二 小関竜也 金田一少年の事件簿 桂文枝 (6代目) 鈴木雅之 (歌手) 佐藤エリ 葵つかさ 松坂大輔 大砂嵐 加藤貴子 (女優) 日本スケート連盟 橋本聖子 丸岡いずみ ウォーレン・クロマティ
「構造相転移」のQ&A
1  構造相転移について教えて下さい
2  分子構造と相転移温度の予測について
3  示差熱分析で
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について