槌田禎子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つちだ ていこ
槌田 禎子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 長崎県
最終学歴 活水女子短期大学
勤務局 テレビ長崎
部署 報道局
ジャンル 報道・情報
出演番組・活動
出演中 ニュース班(報道部)部長
出演経歴 KTNニュースなど
その他 報道記者・デスク、事業部職員、佐世保支局報道部
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

槌田 禎子(つちだ ていこ)はテレビ長崎アナウンサー(ニュース班<報道部>部長)。

人物[編集]

活水女子短期大学卒。テレビ長崎入社当時から報道のアナウンサー、記者、ニュースデスク、事業部職員など歴任。

1982年長崎大水害1991年雲仙普賢岳での大火砕流など、長崎県における自然災害の生々しい現場を取材し、自然災害と防災についての研究に尽力。後に佐世保支局報道部に在籍し、現在はアナウンス業務の一セクションとなったニュース班(報道部)部長。その傍らNPO法人・島原普賢会監事、災害情報学会会員として、長崎県内を中心に防災への啓蒙活動を進めている。

特に雲仙普賢岳大火砕流が起きた日である6月3日には毎年、KTNの新人社員全員(契約社員アナを含む)をこの現場に招いての研修をしている。マイナビ2013の槌田のインタビュー記事によると、火砕流が起きた1991年当時、現場で取材した3人のスタッフがその巻き添えで殉職したという経験があり、その教訓を今後にも生かし、また風化させないようにするためにということで、普賢岳の「定点」での研修を行うという。

出典[編集]

(同ウェブにて「取材を通じて感じたこと考えたこと」を全6回シリーズで執筆)
(槌田氏の紹介・インタビューあり)