槐記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

槐記(かいき)とは、18世紀初頭の摂関太政大臣であった近衛家熙の言行を、その侍医であった山科道安が記した日記。はじめは『槐下与聞』と題された。享保9年(1724年)正月に始まり、享保20年(1735年)正月まで至る。自筆本は明治26年(1893年)に火災にあい、4冊のみが近衛家陽明文庫に残る[1]。公家の文化や学問に関する記述が多く、特に茶の湯香道花道に関する文献として重視されている。

  • 刊本
    • 『槐記』山田茂助(京都聖華房)、1900年
    • 『槐記』(史料大観)哲学書院、1900年
  • 注釈
    • 佐伯大太郎注『槐記註釋』立命館出版部、1937年
    • 柴田実校注『槐記』(茶道古典全集第五巻)淡交社、1958年
    • 野村貴次校注『槐記』『近世随想集』(日本古典文学大系96)、岩波書店、1965年

脚注[編集]

  1. ^ 川崎佐知子「『槐記』山科道安自筆本焼失次第」、『立命館文學』第630号2013年3月

参考文献[編集]