槻木町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
槻木町
廃止日 1956年4月1日
廃止理由 新設合併
槻木町船岡町柴田町
現在の自治体 柴田町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
柴田郡
面積 41.13km²
総人口 11,948
(『宮城県町村合併誌』、1956年3月31日)
隣接自治体 柴田郡船岡町村田町
名取郡岩沼町
亘理郡亘理町
伊具郡角田町
槻木町役場
所在地 宮城県柴田郡槻木町
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

槻木町(つきのきまち)は、昭和31年(1956年)まで宮城県柴田郡の北東部にあった町。 現在の柴田町北部(おおむね白石川北岸)にあたる。

目次

地理[編集]

沿革[編集]

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、入間野村・入間田村・海老穴村・上川名村・富沢村・成田村・小成田村・葉坂村・船迫村・四日市場村の計10か村が合併して槻木村が発足。村名は奥州街道の宿駅・槻木宿より命名。
  • 明治37年(1904年)4月1日 - 町制施行し、槻木町となる。
  • 昭和31年(1956年)4月1日 - 船岡町と合併し、柴田町となる。

行政[編集]

歴代村長[編集]

氏名 就任 退任 備考
1 相原逸平 明治22年(1889年)4月22日 明治32年(1899年)12月9日
2 高橋市右ェ門 明治32年(1899年)12月27日 明治36年(1903年)8月21日
3 黒沢源 明治36年(1903年)10月12日 明治37年(1904年)3月31日

歴代町長[編集]

氏名 就任 退任 備考
1 黒沢源 明治37年(1904年)4月1日 明治40年(1907年)10月11日 村長より留任
2 大沼源太郎 明治41年(1908年)4月18日 明治45年(1912年)4月17日
3 佐藤亀吉 明治45年(1912年)4月27日 大正5年(1916年)4月26日
4 小室源吾 大正5年(1916年)10月6日 昭和5年(1930年)5月16日
5 大沼理四郎 昭和5年(1930年)6月24日 昭和9年(1934年)6月23日
6 渡辺太蔵 昭和9年(1934年)6月24日 昭和13年(1938年)6月23日
7 北条伊平 昭和13年(1938年)6月24日 昭和17年(1942年)6月23日
8 小室源吾 昭和17年(1942年)6月24日 昭和18年(1943年)8月17日 再任
9 大沼理四郎 昭和18年(1943年)8月18日 昭和19年(1944年)11月30日 再任
10 桜井綱 昭和19年(1944年)12月7日 昭和21年(1946年)11月20日
11 加茂久治 昭和22年(1947年)4月8日 昭和26年(1951年)4月24日
12 加藤政之助 昭和26年(1951年)4月25日 昭和27年(1952年)4月8日
13 大沼金治 昭和27年(1952年)5月9日 昭和30年(1955年)5月20日
14 神谷重雄 昭和30年(1955年)6月14日 昭和31年(1956年)3月31日

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

参考文献[編集]

  • 『宮城県町村合併誌』(宮城県地方課、1958年)

関連項目[編集]