樋口喜吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
樋口 喜吉
生誕 1865年5月9日
死没 (1934-07-12) 1934年7月12日(69歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1889年 - 1915年
最終階級 陸軍少将
除隊後 稚松会副会長
会社経営
テンプレートを表示

樋口 喜吉(ひぐち きよし、1865年5月9日慶応元年4月15日) - 1934年昭和9年)7月12日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将予備役編入後、光学関係の研究に従事し、特許権実用新案権を取得した。

生涯[編集]

略歴

幕末若松城郭内に生まれる。戊辰戦争後に再建された日新館助教となり、陸軍教導団を経て陸軍士官学校入校。1889年明治22年)に卒業した(旧11期)。同期生に奈良武次石光真清がいる。陸軍歩兵少尉に任官し、歩兵第16連隊付となる。

日清戦争に出征後、歩兵第30連隊大尉1899年(明治32年)陸軍大学校に入校。樋口は陸士5期から7期を主体とした後輩たちと共に学び、1902年(明治35年)に卒業(16期)。歩兵第5連隊付となり日露戦争開戦を迎え、同連隊第3大隊長として出征した。第5連隊は第8師団に属し、黒溝台会戦に参戦。戦後功三級に叙せられた[1]

その後は歩兵第23連隊長、第11師団参謀長を経て、1915年大正4年)3月、少将へ昇進し予備役編入となった。同郷の後進育成組織・稚松会の初代副会長を務めている。

黒溝台会戦

1905年(明治38年)1月25日、第3大隊は種田支隊の救援に赴き、ロシア軍に奪取されていた頭泡を奪還[2]。1月28日には左翼隊として歩兵第31連隊と共同で五家子の守備にあたり、ロシア軍に300メートルまで接近されたが撃退に成功している[3]。第3大隊にたいしては師団長・立見尚文から感状が授与された。

特許[1]
  • 測距望遠鏡 1916年9月
  • 集光鏡 1918年6月
  • 顕微鏡同軸式微動装置 1920年4月
  • プリズム眼鏡 1920年11月
  • 縦横四線式微動装置 1922年12月
  • 内空ノ翼車ト船端ノ導壁トニ依ル船舶推進装置 1927年
実用新案[1]
  • 顕微鏡微動装置 1918年2月
  • 顕微鏡簡保持器 1918年2月
  • 顕微鏡輝照装置 1922年2月

感状[編集]

歩兵第五連隊第三大隊

右は三十八年一月二十五日、敵の大兵黒溝台に来襲するに當り、同地守備隊種田支隊を赴援するの目的を以て急進し、一旦敵手に委したる頭泡を奪還し、該地に於て六倍以上の敵を抑留し、敵の黒溝台に向てする攻撃力を減殺せしめ、支隊の危急を緩めたる功績顕著なりとす。仍て感状を付与す。

明治三十八年二月二十日  第八師団長 男爵 立見尚文

稚松会会報第十九号より引用(適宜句読点を補った)

栄典・授章・授賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『稚松会会報第19号』死亡会員略伝
  2. ^ 『感状 歩兵第5連隊第3大隊』(小島p.286)
  3. ^ 児島pp.261-262
  4. ^ 『官報』第2576号「叙任及辞令」1892年2月4日。

参考文献[編集]

  • 小島一男『会津人物事典 (武人編)』歴史春秋社
  • 児島襄『日露戦争』(5巻)文春文庫
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』 芙蓉書房出版
  • 福川秀樹『日本陸海軍人名辞典』芙蓉書房出版
  • 福島県立会津高等学校『創立70周年記念誌』