樋口陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

樋口 陽一(ひぐち よういち、1934年9月10日 - )は、日本法学者。専門は憲法学比較憲法学。東北大学名誉教授東京大学名誉教授[1]法学博士(東北大学、1964年)、パリ大学名誉博士日本学士院会員日本学士院賞受賞[2]立憲デモクラシーの会共同代表。宮城県仙台市出身[3]。妻は社会学者で元東北福祉大学教授の樋口晟子[4]

来歴[編集]

仙台第一高等学校卒業後、東北大学法学部法学科入学、憲法学者清宮四郎の門下。英語ドイツ語フランス語ラテン語等の語学に堪能で、それを生かして比較憲法学に取り組んだ。『近代立憲主義と現代国家』によって、41歳で日本学士院賞を受賞。

東北大学法学部教授を経て、1980年に東京大学法学部の教授に就任、憲法や国法学を講じた。退官後、上智大学法学部教授、また2005年3月まで早稲田大学法学部特任教授を歴任した。

一橋大学名誉教授の杉原泰雄名古屋大学名誉教授の長谷川正安国民主権論争を行った。

いくつかの共著がある作家の井上ひさしは、仙台一高の同級、菅原文太は一年先輩である[5]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1964年04月 - 東北大学法学部講師
  • 1965年04月 - 東北大学法学部助教授
  • 1971年07月 - 東北大学法学部教授(比較外国憲法講座)
  • 1980年10月 - 東京大学法学部教授(国法学講座、のち憲法第二講座、憲法第一講座)
  • 1995年03月 - 東京大学退官
  • 1995年04月 - 上智大学法学部教授、東北大学名誉教授
  • 1995年05月 - 東京大学名誉教授
  • 1999年04月 - 上智大学社会正義研究所所長
  • 2000年03月 - 上智大学退職
  • 2000年04月 - 早稲田大学法学部特任教授、日本学士院会員
  • 2005年03月 - 早稲田大学退職

学内における役職[編集]

  • 1973年04月 - 東北大学評議員(1975年3月まで)
  • 1984年07月 - 東京大学評議員(1986年7月まで)

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『近代立憲主義と現代国家』(勁草書房、1973年/新装版、2016年)
  • 『議会制の構造と動態』(木鐸社、1973年)
  • 『比較憲法』(青林書院新社、1977年/改訂版、1984年/全訂第三版、1992年)
  • 『現代民主主義の憲法思想──フランス憲法および憲法学を素材として』(創元社、1977年)
  • 『司法の積極性と消極性──日本国憲法と裁判』(勁草書房、1978年)
  • 『比較のなかの日本国憲法』(岩波書店岩波新書]、1979年)
  • 『権力・個人・憲法学──フランス憲法研究』(学陽書房、1989年)
  • 『憲法概論』(放送大学教育振興会、1989年)
  • 『自由と国家──いま「憲法」のもつ意味』(岩波書店[岩波新書]、1989年)
  • 『ほんとうの自由社会とは──憲法にてらして』(岩波書店[岩波ブックレット]、1990年)
  • 『もういちど憲法を読む』(岩波書店、1992年)
  • 『憲法』(創文社、1992年/改訂版、1998年/第三版、2007年)
  • 『何を読みとるか──憲法と歴史』(東京大学出版会、1992年)
  • 『憲法入門』(勁草書房、1993年/改訂版、1997年/三訂版、2002年/四訂版、2008年/五訂版、2013年)
  • 『近代国民国家の憲法構造』(東京大学出版会、1994年)
  • 『近代憲法学にとっての論理と価値──戦後憲法学を考える』(日本評論社、1994年)
  • 『「普通の国」を超える憲法と「普通の国」すら断念する改憲論』(かもがわ出版、1995年)
  • 『転換期の憲法?』(敬文堂、1996年)
  • 『人権(一語の辞典)』(三省堂、1996年)
  • 『憲法と国家──同時代を問う』(岩波書店[岩波新書]、1999年)
  • 『先人たちの「憲法」観──"個人"と"国体"の間』(岩波書店[岩波ブックレット]、2000年)
  • 『個人と国家──今なぜ立憲主義か』(集英社[集英社新書]、2000年)
  • 『憲法 近代知の復権へ』(東京大学出版会、2002年/平凡社ライブラリー版、2013年)
  • 『国法学──人権原論』(有斐閣、2004年/補訂版、2007年)
  • 『日本国憲法──まっとうに議論するために』(みすず書房、2006年 [改訂新版]2015年)
  • 『「共和国」フランスと私──日仏の戦後デモクラシーをふり返る』(柘植書房新社、2007年)
  • 『ふらんす──「知」の日常をあるく』(平凡社、2008年)
  • 『憲法という作為──「人」と「市民」の連関と緊張』(岩波書店、2009年)
  • 『いま、「憲法」は時代遅れか──〈主権〉と〈人権〉のための弁明(アポロギア)』(平凡社、2011年)
  • 『いま、「憲法改正」をどう考えるか──「戦後日本」を「保守」することの意味』(岩波書店、2013年)
  • 『加藤周一と丸山眞男──日本近代の〈知〉と〈個人〉』(平凡社、2014年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『ホーンブック憲法』(北樹出版、学文社(発売)、1993年/改訂版、2003年)
  • 『憲法概論[改訂版]』(放送大学教育振興会、1993年)
  • 『講座・憲法学』(日本評論社、1994年-1995年)
  • Five Decades of Constitutionalism in Japanese Society, (University of Tokyo Press, 2001).

共編著[編集]

  • 佐藤幸治)『基礎法学体系(2)入門編・憲法の基礎』(青林書院新社、1975年)
  • (針生誠吉)『文献選集日本国憲法(15)各国憲法論』(三省堂、1977年)
  • 岡田与好広中俊雄)『世良教授還暦記念(下)社会科学と諸思想の展開』(創文社、1977年)
  • 森泉章室井力)『現代法の諸領域と憲法理念――小林孝輔教授還暦記念論集』(学陽書房、1983年)
  • 外尾健一)『人権と司法――斎藤忠昭弁護士追悼』(勁草書房、1984年)
  • (稲田陽一)『憲法の科学的考察――上野裕久教授退官記念』(法律文化社、1985年)
  • (望月礼二郎、安藤次男)『法と法過程――社会諸科学からのアプローチ・広中俊雄教授還暦記念論集』(創文社、1986年)
  • 吉田善明)『解説世界憲法集』(三省堂、1991年)
  • 野中俊彦)『憲法学の展望――小林直樹先生古稀祝賀』(有斐閣、1991年)
  • 高橋和之)『現代立憲主義の展開――芦部信喜先生古稀祝賀』(有斐閣、1993年)
  • 大須賀明)『憲法の国会論議――日本国憲法資料集 憲法論議編』(三省堂、1994年)
  • 森英樹高見勝利辻村みよ子)『憲法理論の50年』(日本評論社、1996年)
  • 杉原泰雄)『日本国憲法50年と私』(岩波書店、1997年)
  • 深瀬忠一)『恒久世界平和のために――日本国憲法からの提言』(勁草書房、1998年)
  • 小林善彦)『人権は「普遍」なのか――世界人権宣言の50年とこれから』(岩波書店[岩波ブックレット]、1999年)
  • 大須賀明栗城壽夫吉田善明)『三省堂憲法辞典』(三省堂、2001年)
  • (上村貞美、戸波江二)『日独憲法学の創造力――栗城壽夫先生古稀記念(上・下)』(信山社、2003年)
  • 森英樹高見勝利辻村みよ子)『国家と自由――憲法学の可能性』(日本評論社、2004年)
  • 森英樹高見勝利辻村みよ子長谷部恭男)『国家と自由・再論』(日本評論社、2012年)
  • 山口二郎)『安倍流改憲にNOを!』(岩波書店、2015年)

訳書[編集]

論文[編集]

門下生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 科学研究費助成事業データベース 国立情報学研究所
  2. ^ 近代立憲主義と現代国家(日本学士院賞) 国立国会図書館
  3. ^ “(人生の贈りもの)わたしの半生 憲法学者・樋口陽一さん:2 81歳”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年5月31日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12386220.html 2016年6月1日閲覧。 
  4. ^ “(人生の贈りもの)わたしの半生 憲法学者・樋口陽一さん:6 81歳”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年6月6日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12396315.html 2016年6月6日閲覧。 
  5. ^ “仙台一高出身の樋口陽一氏「文太さん、ひさし君、また」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年12月28日). http://www.asahi.com/articles/ASGDT533CGDTUNHB00J.html 2015年5月30日閲覧。 
  6. ^ 法学者の樋口陽一氏がレジオン・ドヌール勲章を受章 在日フランス大使館