樋口隆康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
樋口 隆康
(ひぐち たかやす)
生誕 1919年6月1日
日本の旗 福岡県田川郡添田町
死没 (2015-04-02) 2015年4月2日(95歳没)
日本の旗 京都府京都市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 考古学
研究機関 京都大学
泉屋博古館
奈良県立橿原考古学研究所
京都府埋蔵文化財調査研究センター
出身校 京都帝国大学文学部卒業
主な業績 ガンダーラの遺跡調査
バーミヤーンの遺跡調査
パルミラの発掘調査
三角縁神獣鏡魏鏡説の提唱
邪馬台国近畿説の提唱
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

樋口 隆康(ひぐち たかやす、1919年6月1日 - 2015年4月2日)は、日本考古学者学位文学博士京都大学1962年)。京都大学名誉教授[1]

京都大学文学部教授泉屋博古館館長奈良県立橿原考古学研究所所長、シルクロード学研究センター所長、財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター理事長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

福岡県田川郡添田町にて生まれた[2]第一高等学校を経て、1943年京都帝国大学[1]

研究者として[編集]

京大文学部助教授[1]1957年敦煌を調査[1]1959年以降、京大学術調査隊に参加してインドアフガニスタンパキスタンなどの仏教遺跡を調査[1]1975年、教授、1983年、定年退官[1]、名誉教授[3]泉屋博古館館長、奈良県立橿原考古学研究所[1]。シルクロード学研究センター所長。

2015年4月2日死去[1]。95歳没[1]

家族・親族[編集]

長男の樋口富士男は医学者となり、久留米大学医学部教授を経て名誉教授となった。隆康の葬儀においては、富士男が長男として喪主を務めている[4]。また、にしむらまや声優となった[5]

著書[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 展望アジアの考古学 樋口隆康教授退官記念論集 新潮社 1983.3

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考出典[編集]

  • 「実事求是この道」