標準テレビジョン放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

標準テレビジョン放送(ひょうじゅんてれびじよんほうそう)は電波法の規定で、高精細度テレビジョン放送に含まれる、アナログハイビジョン(1035i)、1080i720pより低い解像度の映像によるテレビ放送。さらに総務省令により放送方式が定められている。

標準テレビジョン放送方式は、省令[1]によりNTSC-Jとしていたが、アナログ放送終了後に2013年2月20日総務省令第7号によりこの省令が廃止された。クリアビジョンワイドクリアビジョンも含まれる。

標準デジタルテレビジョン放送方式は、省令[2]により、ISDB-S、ISDB-T、DVB-S準拠としている。

デジタル放送における、標準テレビジョンは480i(480p)で行われる。現在、標準テレビジョンのチャンネルはスカパー!プレミアムサービス(一般衛星放送)、スカパー東経110度(基幹衛星放送)などに存在する。

識別信号[編集]

地上波テレビ局に対してはアナログ放送時代に、標準テレビジョン放送、標準テレビジョン音声多重放送(-TV)、標準テレビジョン文字多重放送、標準テレビジョンデータ多重放送それぞれにコールサイン(識別信号)が与えられていた。

脚注[編集]

  1. ^ 平成3年郵政省省令「標準テレビジョン放送(デジタル放送を除く。)に関する送信の標準方式」
  2. ^ 平成23年総務省令第87号「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式」