権藤芳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

権藤 芳一(ごんどう よしかず、1930年12月18日[1]- 2018年3月30日)は、日本の古典芸能評論家。

京都生まれ。同志社大学文学部卒業。京都観世会事務所に30年勤務しながら歌舞伎評論を書く。大阪学院大学国際学部教授、2001年に定年退任。

著書[編集]

  • 『近代歌舞伎劇評家論』演劇出版社 1959
  • 『能に生きる歴史群像』淡交社 淡交選書 1972
  • 『誰にでもわかる能のみかた』東洋文化社 1975
  • 『能楽手帖』駸々堂出版 1980 のち能楽書林
  • 『文楽の世界』講談社 1985
  • 『上方歌舞伎の風景』和泉書院 上方文庫 2005
  • 『戦後関西能楽誌』和泉書院 上方文庫 2009
  • 『能舞台の主人公たち 鑑賞の手引き』淡交社 2009
  • 『権藤芳一上方芸能を語る 能楽・文楽・歌舞伎、そして武智鉄二立命館大学アート・リサーチセンター上方芸能研究会 2011
  • 『平成関西能楽情報』和泉書院・上方文庫、2013

共著・編著[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年