権順天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
権順天
基本情報
本名 権順天
階級 スーパーフライ級
身長 168cm
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
誕生日 (1959-04-24) 1959年4月24日(59歳)
出身地 ソウル特別市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 27
KO勝ち 18
敗け 5
引き分け 3
無効試合 0
テンプレートを表示

権 順天(クォン スンチュン、: 권순천: Kwon Soon-Chun1959年4月24日 - )は、大韓民国(韓国)の男子プロボクサーソウル出身。

東洋太平洋ボクシング連盟 (OPBF)東洋太平洋東洋太平洋スーパーフライ級王者(防衛5)、初代国際ボクシング連盟 (IBF)世界フライ級王座(防衛6)の記録を持つ。

来歴[編集]

1977年10月16日、権はプロデビューを果たし2回KO勝ちを収めた。

1979年8月11日、崔景權と対戦し初敗戦となる4回判定負け。その後も1980年12月7日に対楊麗麗戦で2回KO勝ち、1981年4月4日、対藤間嗣幸戦初回失格負けなどキャリアを重ねた。

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者[編集]

1981年10月17日にはOPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者ウィリアム・デベロスと対戦し、12回判定勝ちを収めOPBFスーパーフライ級の王座獲得に成功した。

その後は5度の防衛を重ね、1982年3月7日に対アリ・フォルメンテラ戦で初防衛(6回KO)、1982年5月8日、後に世界ボクシング評議会 (WBC)世界スーパーフライ級王者となるパヤオ・プーンタラットとの対戦を12回判定勝ちで勝利し防衛2、1982年6月20日にノンタイトル戦の対エリド・フェルナンデス戦(3回TKO)を挟み、1982年9月19日、対ジョー・ヒヤース戦で防衛3(7回負傷判定勝利)、1983年1月2日対プハクタイ・リポヴィタン戦で防衛4(初回40秒KO)、1983年5月14日対パット・ブラセコ戦防衛5(2回KO)と王座防衛成功を重ねたが、続く1983年10月6日、OPBF東洋太平洋王座返上の上で大阪府立体育会館世界ボクシング協会 (WBA)世界スーパーフライ級王者渡辺二郎とWBA世界王座を賭けて挑戦者として対戦したものの、11回終了時判定0-3(99-106、99-108、102-109)の負傷判定負けを喫し、WBA王座獲得に失敗しOPBF東洋太平洋王座もなくなりノンタイトルとなった。

初代IBF世界フライ級王者[編集]

1983年12月24日、レネ・ブサヨンと創設された初代IBF世界フライ級王座決定戦を争い、5回2分48秒KO勝ちを収めIBF王座獲得に成功した。

IBF王座防衛回数は7度に及び、1984年2月25日、対ロジャー・カスティーヨ戦にて初防衛(12回負傷判定勝利)、1984年5月19日、対イアン・クレイディ戦防衛2(15回判定勝利)、1984年9月7日、対ジョアクイン・フローレス・カラバイロ戦防衛3(12回2分56秒KO)。

1985年1月25日、後に3度を戦うこととなる鄭鐘寛との初対戦、15回判定1-1(145-145、146-143、143-145)で引き分けに終わったが、規定により4度目の防衛に成功。その後も防衛記録を伸ばし、1985年4月15日、対川島志伸戦3回40秒KO勝ち、この時点での防衛は5回。

続く1985年7月17日、鄭鐘寛と2回目の対戦、前戦と同様に15回判定1-1(142-143、145-143、142-142)再び引き分け防衛となり、防衛回数は6回になる。5か月後となる1985年12月20日にも鄭鐘寛と3回目の対戦、ここで4回1分15秒TKO負けを喫し、7度目の防衛に失敗し、IBF王座を失った。

王座失陥後、引退まで[編集]

1986年12月3日に対リトル・ホームス戦(3回KO勝ち)を挟みつつ、1987年5月17日、韓国釜山市エリー・ピカルが王座を剥奪されたことに伴い空位となったIBF世界スーパーフライ級王座決定戦を張太日と争ったが、15回判定1-2(142-145、142-144、144-143)の判定負けを喫し、2階級制覇に失敗した試合を最後に現役を引退した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

初代IBF世界フライ級王者
[表示]
在位期間
創設につき不在1983年12月24日 - 1985年12月20日鄭鐘寛