縦と横

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


(たて)主に垂直や前後の方向を、(よこ)は主に水平や左右の方向を指す語である。

縦と横は対義語である。

概要[編集]

  • は、垂直(上下)、前後、の方向を指す。
  • は、水平、左右、西の方向を指す。
地図

緯度を縦とし経度を横としている。詳しくは非ユークリッド幾何学にて記述。

見立て

立体や平面の一番長い方向を縦、そのほかの辺などに沿った方向を横という。側面や脇のこと、無関係な方向などを横ということもある。ものを寝かせた状態にすることを「横にする」などと表現することがある。

文化

筆画には「たて」「よこ」という基本筆画が存在する。

産業

織物においては、上下の方向の糸を縦糸(経糸)、左右の方向の糸を横糸(緯糸)という。その他の建設や工業においても、縦方向の部材を縦地(たてじ・たての布地のじ)といい、横方向の部材を横布(よこぬの・よこの布地のぬの)といい、縦を「」といい、横を「」ともいう。

社会通念・社会学

社会的な関係で、上下の構造を「縦の関係」、同じ立場や地位の関係を「横の関係」という。

基準[編集]

地球上で重力の影響を意識するときは、重力の働く方向を縦とし、それと直交する方向を横としている。これと同値なものとして、地球をと見立てた時に、中心から伸びる放射状の全てのの方向が縦であり、球の円周接線を横であると定義することもできる。基準となるものがないときは、人の両目を結ぶ方向を横とし、その軸線と直交する方向を縦という。また円盤状の銀河においては、その円盤が回転する方向のを横とし、その面と直交する方向を縦としている。

関連項目[編集]