横井ゆは菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Pix.gif 横井ゆは菜
Yuhana YOKOI
Figure skating pictogram.svg
Photos – Junior World Championships 2018 – Ladies (Yuhana YOKOI JPN – 6th Place) (11).jpg
2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権での横井ゆは菜
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (2000-05-19) 2000年5月19日(19歳)
出生地: 愛知県名古屋市
身長: 157 cm
コーチ: 成瀬葉里子
川梅みほ
本郷裕子
元コーチ: 長久保裕
振付師: 佐藤操
川梅みほ
鈴木明子
元振付師: 本郷裕子
所属クラブ: 中京大学
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 191.90 2019 フィンランディア杯
ショートプログラム: 65.09 2019 フィンランディア杯
フリースケーティング: 126.81 2019 フィンランディア杯

横井 ゆは菜(よこい ゆはな、英語: Yuhana Yokoi2000年5月19日 - )は、日本フィギュアスケート選手(女子シングル)。2015年全日本ジュニア選手権3位。2018年全日本ジュニア選手権優勝。

人物[編集]

愛知県名古屋市出身。名古屋市立南天白中学校卒業。中京大学附属中京高等学校卒業[1]中京大学在学中。プロボクサー田中恒成は従兄弟[2]。憧れの選手は鈴木明子

邦和スポーツランドに所属し、同チームの先輩である鈴木に表情や仕草が似ていることから「鈴木明子2世」と言われている[3]。2014年のJGPメ~テレ杯では、かつて鈴木が使用していた衣装を着て演技を披露した。

経歴[編集]

2012-13シーズン、全日本ノービス選手権(ノービスA)で6位、初の国際大会となった2013年ガルデナスプリング杯のノービスクラスで2位入賞する。2013-14シーズン、全日本ジュニア選手権に出場し12位となる。

2014-15シーズン、日本スケート連盟の強化指定選手に選ばれる。同シーズンよりISUジュニアグランプリシリーズに参戦し、JGPメ~テレ杯に出場、6位となる。全日本ジュニア選手権では、SPでミスが相次ぎ26位となり、FSに進出できずに終わる。

2015-16シーズン、全日本ジュニア選手権で樋口新葉白岩優奈に次ぎ3位入賞を果たす[4]。初出場となった全日本選手権では11位となる。

2016-2017シーズン、全日本ジュニアフィギュアスケート選手権で8位となる。

2017-2018シーズン、JGPリガ杯に出場し5位に入る。全日本ジュニアフィギュアスケート選手権ではSP7位から巻き返し4位。全日本選手権で8位に入り初の世界ジュニア選手権への出場を決める。世界ジュニア選手権では、SP、FS共に自己ベストを更新し6位に入賞。

2018-2019シーズン、JGPブラチスラヴァで6位、JGPアルメニアン杯で3位。全日本ジュニアフィギュアスケート選手権では悲願の初優勝を果たす。全日本選手権では7位に入る。2度目の出場となった世界ジュニア選手権では、SP18位と大きく出遅れたがFSで巻き返し9位に入った。

技術・演技[編集]

アクセルを除く5種類のトリプルジャンプを跳ぶことができる。コンビネーションでは、3回転フリップ-3回転トゥーループ、3回転ルッツ-3回転トゥループ、3回転サルコウ-3回転トゥーループ、3回転トゥーループ-3回転トゥーループ、2回転半アクセル-3回転トゥーループを成功させた。

主な戦績[編集]

大会/年 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18 2018-19 2019-20
全日本選手権 11 8 7
GPNHK杯 TBD
GPロステレコム杯 TBD
CSフィンランディア杯 3
世界Jr.選手権 6 9
全日本Jr.選手権 12 26 3 8 4 1
JGPアルメニアン杯 3
JGPブラチスラヴァ 6
JGPリガ杯 5
JGPメ~テレ杯 6
チャレンジカップ 2 J 1 J
ガルデナスプリング杯 2 N
  • J - ジュニアクラス
  • N - ノービスクラス

詳細[編集]

2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年11月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌    
 
2019年11月15日-17日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ    
 
2019年10月11日-13日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 3
65.09
3
126.81
3
191.90
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月4日-10日 2019年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ザグレブ 18
51.61
8
118.56
9
170.17
2019年2月21日-24日 2019年チャレンジカップ ジュニアクラス(ハーグ 1
53.63
1
126.27
1
179.90
2018年12月20日-24日 第87回全日本フィギュアスケート選手権門真 6
66.27
6
130.10
7
196.37
2018年11月23日-25日 第87回全日本フィギュアスケートジュニア選手権福岡 1
61.86
1
119.98
1
181.84
2018年10月10日-13日 ISUジュニアグランプリ JGPアルメニアン杯エレバン 6
57.62
2
126.47
3
184.09
2018年8月22日-25日 ISUジュニアグランプリ JGPブラチスラヴァブラチスラヴァ 9
51.65
2
121.50
6
173.15
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月5日-11日 2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 8
59.81
4
124.97
6
184.78
2018年2月22日-25日 2018年チャレンジカップ ジュニアクラス(ハーグ 4
54.09
2
115.62
2
169.71
2017年12月20日-24日 第86回全日本フィギュアスケート選手権調布 9
62.68
6
130.31
8
192.99
2017年11月24日-26日 第86回全日本フィギュアスケートジュニア選手権前橋 7
56.89
3
116.08
4
172.97
2017年9月6日-9日 ISUジュニアグランプリ リガ杯リガ 5
55.19
3
114.40
5
169.59
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年11月18日-20日 第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権札幌 10
52.28
7
110.56
8
162.84
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年12月24日-27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権札幌 13
56.30
10
113.10
11
169.40
2015年11月21日-23日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 4
60.16
3
117.24
3
177.40
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年11月22日-24日 第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権新潟 26
41.27
- 26
41.27
2014年9月11日-14日 ISUジュニアグランプリ メ~テレ杯長久手 8
50.92
6
97.30
6
148.22
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年11月22日-24日 第82回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 23
40.84
9
95.89
12
136.73
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月1日-3日 2013年ガルデナスプリング杯 ノービスクラス(ガルデナ 3
36.45
2
75.32
2
111.77

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2019-2020 テレビドラマ『黒い十人の女 (2016年)』より
作曲:兼松衆
振付:佐藤操
ミュージカル『オペラ座の怪人』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
振付:川梅みほ、鈴木明子
2018-2019 映画『ライオン・キング』より
作曲:ハンス・ジマー
エメラルド・タイガー
演奏:ヴァネッサ・メイ
振付:川梅みほ
ミュージカル『オペラ座の怪人』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
振付:川梅みほ
映画『グレイテスト・ショーマン』より
「Never Enough」
ボーカル:ローレン・オルレッド
2017-2018 映画『バーレスク』より
作曲:クリストフ・ベック
振付:鈴木明子
2016-2017 ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック
作曲:リチャード・ロジャース
振付:本郷裕子
2015-2016 マラゲーニャ
作曲:エルネスト・レクオーナ
振付:本郷裕子
映画『ロッキー』サウンドトラックより
作曲:ビル・コンティ
2014-2015 仮面舞踏会
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
振付:本郷裕子
テレビ映画『ジプシー
作曲:ジューリー・スタインスティーヴン・ソンドハイム
振付:本郷裕子

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横井&壺井が全日本ジュニアV フィギュア中京大中京コンビ. 中日スポーツ2018年11月26日
  2. ^ “田中恒成“真央流”で国内最速プロ5戦目世界王者だ!”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/05/26/kiji/K20150526010417100.html 
  3. ^ “~フィギュアスケート大特集~”. 名古屋テレビ. http://www.nagoyatv.com/blogs/supoken_oa/2014/09/07/2597/ 
  4. ^ “樋口新葉が連覇、本田真凜は6位 フィギュア全日本ジュニア”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/23/kiji/K20151123011563020.html