横堀治三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横堀治三郎

横堀 治三郎(よこぼり じさぶろう、明治4年3月20日[1]1871年5月9日) - 昭和13年(1938年5月27日[2])は、衆議院議員立憲政友会)、冶金学者

経歴[編集]

上総国長柄郡茂原町(現在の千葉県茂原市)出身。共立学校第一高等中学校を経て、1894年(明治27年)に東京帝国大学工科大学採鉱冶金学科を卒業。三菱合資会社高島炭鉱技師となったが、1896年(明治29年)に東京帝国大学工科大学助教授に就任した。翌年よりドイツに留学し、1899年(明治32年)に帰国した後は京都帝国大学理工科大学教授に迎えられた。1901年(明治34年)、工学博士号を受ける。

1913年大正2年)に京都帝国大学を辞したが、1917年(大正6年)に秋田鉱山専門学校校長に就き[3]1925年(大正14年)まで在職した。

1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『大日本博士録』工学66ページ
  2. ^ 『衆議院議員略歴』
  3. ^ 『官報』第1542号、大正6年9月20日
  4. ^ 『官報』第6256号「叙任及辞令」1904年5月11日。

参考文献[編集]

  • 井関九郎『大日本博士録 第五巻』発展社、1930年。