横山フク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横山 フク(よこやま ふく、1907年2月16日 - 1991年11月4日)は、日本政治家参議院議員(3期)。

略歴[編集]

東京都生まれ。日本大学卒業。板橋区議会議員を経て、1950年の第2回参議院議員通常選挙全国区に無所属で立候補したが、落選[1]。1953年の第3回参議院議員通常選挙全国区に自由党公認で初当選[1]。以後連続3期当選。

1955年、日本看護協会助産婦部会長として、国際看護師協会加盟に絡み、日本助産婦会をつくり会長就任[1]

1964年、第2次岸改造内閣科学技術庁政務次官[2]

1971年の第9回参議院議員通常選挙で落選。

1974年の第10回参議院議員通常選挙において、丸茂重貞山下春江とともに日本看護連盟推薦を受け立候補するが、落選[3]

1991年、死去。

役職[編集]

  • 母子保健研修センター助産師学校長[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
議会
先代:
山本杉
日本の旗 参議院物価等対策特別委員長
1970年-1971年
次代:
佐田一郎
先代:
紅露みつ
日本の旗 参議院産業公害対策特別委員長
1966年
次代:
廃止