横山一格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
横山一格

横山 一格(よこやま いちかく、1880年明治13年)3月19日[1] - 1933年昭和8年)1月23日[2])は、衆議院議員憲政会立憲民政党)、医師

経歴[編集]

三重県三重郡菰野村(現在の菰野町)出身。京都帝国大学医科大学を卒業後、同大学付属医院に勤務し[3]、さらに大阪胃腸病院副院長となった[4]1908年(明治41年)、名古屋市に医院を開業し、愛知県医師会長にも選出された[4]

1921年大正10年)に名古屋市会議員に選ばれ、さらに1924年(大正13年)には第15回衆議院議員総選挙に郷里の三重5区から出馬して当選した[3]。その後も引き続き名古屋市会議員に当選し、1932年(昭和7年)の第18回衆議院議員総選挙では愛知1区から出馬し、再選を果たした[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、14頁。
  2. ^ 『官報』第1819号、昭和8年1月25日
  3. ^ a b c 『中京名鑑』P.111
  4. ^ a b 『衆議院議員略歴』

参考文献[編集]

  • 『中京名鑑』 名古屋毎日新聞社、1932年
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局1940年