横山忠長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横山 忠
よこやま ただ
生年月日 (1947-10-08) 1947年10月8日(71歳)
出生地 秋田県象潟町(現・にかほ市
出身校 秋田県立西目農業高等学校農業土木科
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2005年11月13日 - 2017年11月12日

秋田県象潟町
当選回数 1回
在任期間 2004年 - 2005年9月30日
テンプレートを表示

横山 忠長(よこやま ただなが、1947年10月8日 - )は、日本政治家。元秋田県にかほ市長(3期)、元象潟町長(1期)。

来歴[編集]

秋田県象潟町(現・にかほ市)に生まれる。1966年(昭和41年)3月、秋田県立西目農業高等学校(現・秋田県立西目高等学校)農業土木科卒業。同年4月、象潟町役場に採用される[1]

2004年(平成16年)、象潟町長に就任。

2005年(平成17年)10月1日、象潟町は仁賀保町金浦町と新設合併を行い廃止。にかほ市が発足。11月に行われた市長選に出馬し初当選した。

2016年(平成28年)6月13日、市町村合併前の旧3町の役場を活用した分庁方式を廃止し、象潟庁舎に一本化する考えを明らかにした[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]