横山晴久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横山 晴久
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市小倉区
生年月日 (1949-10-24) 1949年10月24日(68歳)
身長
体重
184 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト1位
初出場 1972年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横山 晴久(よこやま はるひさ、1949年10月24日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

小倉工業高校では1966年、2年生の時に、同期の左腕斎藤英雄との二本柱で県予選を勝ち抜き、夏の甲子園に出場。まず平山英雄投手のいた釧路江南高校、続いて鳴門高校甲府工業高校と連破し準決勝に進むが、松山商業高校西本明和に抑えられ0-1で完封される[1]。この大会では4試合登板、2先発、1完投勝利を記録した。1年上のチームメートに中堅手小形利文がいる。

1967年夏も県予選決勝に進み、九州工業高校のエース桑野議との投げ合いを完封で制し、夏の甲子園に出場。1回戦は海星高校を降す。2回戦では大分商業高校河原明と互いに無失点で投げ合い、延長10回の熱戦の末、0-1で完封サヨナラ負けに終わった[1]1967年ドラフト会議で南海ホークスに3位指名されるも入団を拒否。

卒業後は法政大学に進学。東京六大学リーグでは1969年秋季リーグから4季連続優勝。1970年春季リーグから4季連続でベストナインに選ばれた。一年下の池田信夫投手とともに二本柱として活躍。1970年の全日本大学野球選手権大会準決勝では、山口高志を擁する関大と対決。8回まで好投し池田に継投、今も選手権記録である延長20回まで進む。最後は孤軍奮闘の山口の前に2-3xでサヨナラ負けするが、大学野球史に残る熱戦として知られる。1971年全日本大学野球選手権大会でも決勝で亜大山本和行投手に抑えられ、準優勝にとどまった。

リーグ通算48試合登板、29勝6敗、防御率1.77、150奪三振。大学同期には古賀正明投手、中村裕二捕手藤村正美三塁手、高岡茂夫遊撃手北海道拓殖銀行)、依田優一(大昭和製紙)、鈴木士郎(住友金属)両外野手が揃っていた。

1971年秋のドラフト会議東映フライヤーズに1位指名され入団する。本格派右腕として実績も十分であり、主力投手として期待された。1年目の1972年は肩の故障で出遅れたが、8月11日には阪急を相手に初先発を果たす。同年は防御率2.25と好投を見せたが勝ち星にはつながらず、翌年以降は登板機会も減少した。しかし1975年には8先発を含む22試合に登板。4月20日にはロッテを相手に先発し、5回2/3まで無失点に抑えプロ初勝利をあげる。その後は結果を残せず、1976年には出場機会もなくなり、同年オフに実働僅か3年で引退した。引退後は運輸会社につとめた。

重い速球シュートを得意球としたが、四球が多く、大きなフォームでランナーに走られやすいという欠点があった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 東映
日拓
日本ハム
14 4 0 0 0 0 0 -- -- ---- 118 27.2 25 2 11 0 1 8 0 0 7 7 2.25 1.30
1973 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 17 4.0 5 3 2 0 0 0 0 0 5 5 11.25 1.75
1975 22 8 0 0 0 1 4 0 -- .200 272 60.2 63 12 39 2 0 34 5 0 40 33 4.87 1.68
通算:3年 38 12 0 0 0 1 4 0 -- .200 407 92.1 93 17 52 2 1 42 5 0 52 45 4.40 1.57
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年より日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年より日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更。

背番号[編集]

  • 22(1972年 - 1973年)
  • 32(1974年 - 1976年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]