横山長治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

横山 長治 (よこやま ながはる、慶長2年(1597年) - 寛永20年6月23日1643年8月7日)) は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将前田家の家臣、加賀藩家老横山長知の子。正室は神谷守孝の娘。子は横山長昌(神谷長昌)、神谷隆正、横山氏従、横山正房通称は式部。神谷 長治 (かみや ながはる)としても知られる。

生涯[編集]

慶長2年(1597年)、前田氏家臣横山長知の三男として生まれる。

主君・前田利長の命で、神谷守孝の婿養子となり神谷式部と称す。慶長10年(1605年)、伯父・横山長秀の死去により、遺領9250石のうち5000石を相続し、再び横山氏を称す。慶長19年(1614年)、父・長知と共に前田家を退進するが、同年に大坂の陣が起こると父と共に復帰し、冬夏両陣に出陣して戦功を立てる。元和5年(1619年)、藩主・前田利常の命で、近習の十兵衛を上意討ちする。元和6年(1620年)、5000石の加増を受けて、知行1万石となる。また、寛永6年(1629年)に舅の守孝が死去すると、遺領のうち400石を長治室が相続、3000石を長治の子の長昌が相続して神谷式部と称した。

寛永20年(1643年)6月23日死去。享年47。家督は嫡男の長昌が相続した。長昌は横山家に復帰し、神谷家の名跡は弟の隆正が相続した。

参考文献[編集]

  • 「加能郷土辞彙」