横山静雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横山 静雄
生誕 1890年12月1日
大日本帝国の旗 大日本帝国 福岡県
死没 (1961-01-06) 1961年1月6日(70歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1912 - 1945
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif 陸軍中将
テンプレートを表示

横山 静雄(よこやま しずお、1890年12月1日 - 1961年1月6日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

福岡県出身。村役場収入役・横山麓の長男として生まれる。中学伝習館を経て、1912年5月、陸軍士官学校(24期)を卒業、同年12月、歩兵少尉任官、歩兵第24連隊付となる。1925年11月、陸軍大学校(37期)を卒業。

歩兵第24連隊中隊長参謀本部付勤務、参謀本部員、朝鮮軍司令部付、欧州出張、関東軍鉄道線区司令部付、同鉄道線区司令官、関東軍司令部付などを歴任。日中戦争では歩兵第2連隊長として出征し、河北戡定作戦、徐州会戦に参加。1939年3月、陸軍少将に進級。第2野戦鉄道司令官、第1野戦鉄道司令官などを歴任し、1941年10月、陸軍中将となった。

1942年6月、第8師団長に親補され、満州鶏寧県に駐屯。1944年12月、戦局の悪化に伴いフィリピンに派遣され1945年3月、第41軍司令官を兼務。山岳地帯に籠り持久戦を展開した。

終戦後、戦犯として逮捕され、1949年5月、フィリピンマニラ法廷で死刑判決を受けたが減刑され、1953年12月、巣鴨プリズンから釈放された。

親族[編集]

  • 長男 横山英雄(陸軍大尉
  • 長女の夫 河野正(衆議院議員)

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目[編集]