横川潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

横川 潤(よこかわ じゅん、1962年10月8日 - )は、日本の食評論家、エッセイスト亜細亜大学経営学部ホスピタリティマネジメント学科教授。外食産業マーケティング研究の第一人者。すかいらーくグループ創業者・横川端の長男。

プロフィール[編集]

長野県諏訪市で生まれ、東京都国立市で育つ。中央大学附属高等学校慶應義塾大学法学部法律学科卒業。同大学院商学研究科修士課程修了後、ニューヨーク大学(スターン経営大学院)でMBA取得。

1994年『レストランで覗いたニューヨーク万華鏡』(柴田書店)でデビュー。以後『FRaU』『Flash!』『週刊現代』『月刊現代』『日刊ゲンダイ』『Seven Seas』『kotoba』等の一般誌、『東京カレンダー』『Winart』『月刊食堂』『飲食店経営』『FoodBiz』等の 専門誌で連載を持ち、レストラン評やマーケティング論を展開。

1997年アメリカの有力グルメガイド『ザガット・サーベイ』を翻訳して日本に初めて紹介。2000年東京最高のレストラン』(ぴあ共編著)を企画立案。座談会スタイルの年刊レストラン評価本で、2015年度版で15年目をむかえる定番グルメガイドとなった。『ルイヴィトン・シティガイド東京』レストラン編執筆者、『ミーレガイド(シンガポール)』日本編監修者。「ほこVSたて(フジテレビ)」「TVチャンピオンテレビ東京)」等の審査員、ニュースやバラエティ番組のコメンテーターも務めている。

連載中[編集]

  • 「横川潤の食べ歩記」『月刊食堂』柴田書店
  • 「外食万華鏡」Business Journal (powered by cyzo)
  • 「ippin あのひとの「美味しい」に出会う」ぐるなび

主な著書[編集]

  • 『絶対また行く料理店101』集英社インターナショナル
  • 『東京イタリアン誘惑50店』講談社
  • 『アメリカかぶれのコンビニグルメ論』講談社
  • 『美味しくって、ブラボーッ!』新潮社
  • 『ニューヨーク美食紀行』日経BP社
  • 『レストランで覗いたニューヨーク万華鏡』柴田書店
  • 『フードサービス辞典』柴田書店(共編著)
  • 『恐慌下におけるA(え〜)級の店選び 究極の法則』講談社+α新書
  • 『〈錯覚〉の外食産業』商業界
  • 『クックパッド社員の名刺の秘密』講談社
  • 『神話と象徴のマーケティング --顕示的商品としてのレコード』創成社

主な活動[編集]

  • エンジン01文化戦略会議会員
  • 日本文化デザインフォーラム会員
  • 日本フードサービス学会副会長