横歩取り2三歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車 > 横歩取り > 横歩取り2三歩

横歩取り2三歩(よこふどりにさんふ)は、後手が採用する、横歩取りにおける戦法の一つ。2三歩戦法と言われる。横歩取りが先手不利とされていた時代は、相掛かりの序盤の戦型の一つに過ぎなかったが、昭和末期の研究によって先手が指せると考えられており、プロの実戦では数年に一度採用されるかどうかである。

戦法の概要[編集]

導入[編集]

▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛までの11手は、どの横歩取り戦法でも共通する手順である(途中で手の順序が異なっても良い)。ここで後手が△2三歩(図1-A)とする手が横歩取り2三歩戦法である(△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛だと相横歩取りのような別の戦型となる)。

△2三歩からの展開[編集]

先手が横歩取りを選ばずに▲2八飛あるいは▲2六飛と進めば、通常の相掛かりの序盤となるため、先手が▲3四飛と横歩を取る変化を選んだときを考える。このとき後手は△8八角成▲同銀△2五角(図1-B)と進む。ここで先手には▲3二飛成▲3六飛の選択肢がある。攻撃的な手を選ぶなら前者、守備的な手を選ぶなら後者。現在ではどちらの変化でも先手が指せるという結論になっている。

なお△2五角において△4五角でも同じように見えるものの、▲3五飛に対して△2七角成としたとき▲1五角△5二玉▲3六歩(図1-C)で後手の馬が捕獲されるため(△1四歩としても▲4八角となる)後手が不利となる。

▽持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 歩
図1-A 12手目△2三歩まで
▽持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 角歩2
図1-B 16手目△2五角まで
▽持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 歩2
図1-C 16手目△4五角とした後の変化図

▲3二飛成の変化[編集]

▽持ち駒 飛
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 角金歩2
図2 20手目△3三銀まで

序盤での飛車の交換だが、先手が指せるという結論になっている。後手は△3二同飛か△3二同銀だが、△3二同飛は先手が指せる変化になるとされている[1]ため△3二同銀とする。先手が角成りを防いで▲3八銀と上がり、後手が▲2二角打を防ぐために△3三銀(図2)と上がる。その後の手順としては、▲7七銀、▲6八玉[2]、▲4五角[3]という変化も指されていたが、森雞二の新手▲1六歩が好手で、先手が3五に金を打ち込んだとき、後手が角を1四に逃げる手を消している(▲1五歩で角が死ぬ)。先手の▲1六歩以降、△2四歩[4]、△4四歩、△1四歩などの選択肢があるが、後手が思わしくない展開になる。

▲3六飛の変化[編集]

▽持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 角歩2
図3 23手目▲2七角まで

後手は当然△3六同角であり、▲同歩のあと△8六歩、△2七飛などの選択肢がある。△8六歩は後手にとって思わしくない展開になるため、△2七飛▲3八銀△2五飛成となる。従来はこれで先手が不利になる変化と考えられていたが、ここで▲2七角(図3)と打つのが佐藤康光による新手で、この形でも先手が指しやすいことが分かった。

結論[編集]

以上の研究により、後手は他の横歩取りの戦型を採用した方が指せると判断され、プロの実戦から消えていった。2005年中川大輔が数年ぶりに採用したが希有な例である。しかし、だからと言って完全に消滅した訳ではない。

脚注[編集]

  1. ^ ▲3八銀で△4七角成を受けて先手よしとされている。
  2. ^ 以下、△4四歩には▲6五角が好手で、△3一飛と打たせ先手が有利。△4四銀だと乱戦となる。
  3. ^ 馬を作る狙いだが、▲2三角成とした形が後手に反撃の余地を与えることになる。
  4. ^ 従来は後手も指せると考えられていたが、やはり森の新手▲3一金があり、先手が指せる。

文献[編集]

関連項目[編集]