横浜アイマークプレイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横浜みなとみらい21 > 横浜アイマークプレイス
横浜アイマークプレイス
YOKOHAMA i-MARK PLACE
Shimizu Kensetsu MM46 Office Building 04.jpg
建物全体をとらえるため、とちのき通り側より撮影
情報
旧名称 MM21-46街区プロジェクト(計画・開発段階)
用途 オフィス店舗駐車場
施工 清水建設株式会社
建築主 清水建設株式会社
管理運営 清水建設株式会社
構造形式 S造(柱はCFT造[1]
敷地面積 11,484.67 m² [1]
建築面積 7,487.48 m² [2]建蔽率65%)
延床面積 97,248.02 m² [1]容積率847%)
階数 地上14階・搭屋2階
高さ 65.50 m[2]
着工 2012年11月
竣工 2014年3月
開館開所 オフィステナント:2014年5月7日[3]
商業テナント:2014年6月4日[注 1]
所在地 220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目4番5号(住居表示
座標 北緯35度27分36.75秒 東経139度37分41.75秒 / 北緯35.4602083度 東経139.6282639度 / 35.4602083; 139.6282639座標: 北緯35度27分36.75秒 東経139度37分41.75秒 / 北緯35.4602083度 東経139.6282639度 / 35.4602083; 139.6282639
備考 免震構造を採用
横浜市建築物環境配慮制度「CASBEE横浜」でSランクを取得[4]日本政策投資銀行より「Platinum (plan) 2013」を認証[1]
テンプレートを表示

横浜アイマークプレイス(よこはまアイマークプレイス)は、横浜市西区みなとみらい地区46街区の東区画・グランモール公園沿い)にあるオフィスビル。設計・施工は清水建設

概要・特徴[編集]

当ビルは、みなとみらい地区の歩行者動線(都市軸)の一部でもあるグランモール公園沿いに位置している。2012年9月に営業を終了した横浜ジャックモール(ウエスト棟)の跡地における再開発プロジェクトとして、同年11月より着工、当初の予定より2ヶ月ほど早まり2014年3月末に竣工を迎えた[1]オフィステナントの入居は同年5月より順次開始[5][6])。開発段階の時期には、仮称としながらも「MM21-46街区プロジェクト」と称していた[7]。なお、10年契約の暫定施設であった横浜ジャックモールとは異なり、長期借地を視野に計画されている[8]

1フロア当たりの貸室面積は約1,700坪となり、国内最大級の広さを誇っている。また、太陽光発電システムと全館にLED照明を導入しており、環境にも配慮されている。さらに、1階と2階の間に免震装置を設置する中間階免震構造を採用しており、停電時に備えて非常用発電設備なども導入されている[2][5][7][9]。これらの特性を備えることから次世代の「ecoBCP オフィスビル」と銘打っている[8]。さらに省エネ性能や防災性能(BCP含む)などが評価され、横浜市建築物環境配慮制度「CASBEE横浜」におけるSランク(最高ランク)の取得[4]日本政策投資銀行 (DBJ) の DBJ Green Building 認証において「Platinum (plan) 2013」が付与されている[1]

入居テナントでは、関東地区の拠点[注 2]を当ビルに集約しているPFU[10]本社および開発部門を当ビルに移転・集約しているモバイルテクノ[11](共に富士通子会社)、本社およびグループ会社[注 3]、カーネルセンター(商品開発施設)を当ビルに移転・集約している日本KFCホールディングス[14][15][16]、本社を当ビルに移転しているエクサ[17]の事業計画が、横浜市の企業立地促進条例による助成対象事業に認定[注 4] されている。

また、2015年度には米国以外で初となるアップル研究開発拠点「テクニカル・デベロップメント・センター (TDC)」[19][20]が当ビル内に設置されている[21][22][23][24][25][注 5]。同社は市内(港北区)のパナソニック工場(旧綱島事業所)跡地、Tsunashima サスティナブル・スマートタウンの一部でも本格的な研究開発施設「Apple YTC(横浜テクノロジーセンター)」[注 6]を建設(2016年12月完成)しており[26][27][28][29][30]、市内において2箇所体制となっている[31]

主なテナント[編集]

オフィス (2-14F)[編集]

2F

 株式会社エクサ

3F

 LIXILショールーム横浜

 株式会社WOWOWコミュニケーションズ

4F

 三菱電機株式会社

 電力ICTセンター

 NTTテクノクロス株式会社

5F

 日本KFCホールディング株式会社

 日本ピザハット株式会社

 清水建設(株)横浜支店MM21建設所

6F

 一般財団法人 海上災害防止サンター(MDPC)

 Pioneer DJ 株式会社

7F

 富士通コミュニケーションサービス株式会社

8F

 ジョンソン株式会社

 株式会社モバイルテクノ

 NTTテクノクロス株式会社

9F

 株式会社PFU

10F

 株式会社PFU

11F

 PFUグループ(総合受付)

 株式会社PFU

12F

 NTTテクノクロス株式会社

13F

 NTTテクノクロス株式会社(受付)

14F

 エバラ食品工業株式会社

 (株)横浜エージェンシー&コミュニケーションズ

 株式会社 エバラ物流

 株式会社 エバラCJフレッシュフーズ

オフィステナントは2014年5月より順次移転・開業している[5][6]

一般企業[編集]

研究開発拠点[編集]

  • アップル「テクニカル・デベロップメント・センター」(2F):米国以外で初となる同社の研究開発拠点(2016年2月時点で設置・稼働中)[23][24][25]

その他[編集]

店舗 (1F)[編集]

商業テナントは2014年6月初旬より順次オープンとなる。なお飲食店は5〜6店舗を予定していたが[5]、2016年3月時点で計4店舗となっている。また、2012年9月に営業を終了した横浜ジャックモールのテナントの中からは、バーミヤンとコナカが出店を果たしている。

地域貢献[編集]

当ビルでは地域貢献の一環として以下の設備を設けている[5]

アクセス[編集]

鉄道

ギャラリー[編集]

その他[編集]

関連する開発計画[編集]

46街区におけるその他のオフィスビル開発

みなとみらい地区の46街区は3区画に分かれており、当ビルの他にも北西側の区画にオフィスビル「横浜ブルーアベニュー」(2009年12月竣工)、南西側の区画にオフィスビル「横浜野村ビル」(2017年1月竣工)がそれぞれ所在している[57]

同地区における清水建設の第2弾開発計画

清水建設では当ビルの開発および運営で培ったノウハウを活かし、同地区の54街区において第2弾となる大規模賃貸オフィスビル「横浜グランゲート (YOKOHAMA GRANGATE)」[58]の開発(2020年2月竣工予定)を進めており、総投資額は同社の開発プロジェクトでは過去最大規模の約550億円となる見込みである[59]

参考情報・資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ エニタイムフィットネスがオープンした。なお、KONAKAとスターバックスコーヒーは2日後の6月6日に開店している。
  2. ^ a b これまでは、東京本社(川崎市)と東京開発センター(町田市)の2箇所体制であった。
  3. ^ a b 当ビルへの移転が実施された2017年2月時点の日本KFCホールディングス子会社=日本ケンタッキー・フライド・チキン、日本ピザハット、ケイ・アド、ケイ・フーズ、フェニックス・フーズ(計5社)。ただし、日本ピザハットとフェニックス・フーズの2社に関しては同年6月12日付で投資ファンド(エンデバー・ユナイテッド系)への売却が行われている[12][13]
  4. ^ 認定事業には市税の減額や助成金など負担軽減措置が付与される[18]
  5. ^ 2014年12月時点の報道で、アップルが2015年の春頃(もしくは早い段階)にも研究開発拠点を当ビル内に設置すると報じられていたが[21]、その後は同社による公式発表や続報がなく、当ビルの入居者銘板にもアップル関連のオフィステナントが見当たらないため詳細は不明なままとなっていた。同社による2016年のエンジニア募集(2月6日に合同転職面談会開催)で勤務地に当ビルの名が表記されており[25]、2015年の春以降、遅くとも2016年2月頃までには当ビル内に設置されたものと思われる[23]
  6. ^ 完成以前には「綱島テクニカル・デベロップメント・センター (TDC)」とも呼ばれていた。
  7. ^ 子会社のエバラ物流やエバラCJフレッシュフーズ、横浜エージェンシー&コミュニケーションズなど計4社。
  8. ^ たき航グループ が運営する「どうらく」はこれまで焼肉店を展開してきたが、今回は海鮮料理系の新業態となる。なお、当初は同社が手がける和食系ダイニングの新業態として「和食 航也丸」の出店が計画されていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 「横浜アイマークプレイス」 DBJ Green Building認証を受領(清水建設株式会社:投資開発トピックス 2014年3月31日)
  2. ^ a b c d 横浜みなとみらい21地区 国内最大級のオフィスフロア「横浜アイマークプレイス」 2013年末の建設状況(東京・大阪 都心上空ヘリコプター遊覧飛行 2014年2月11日)
  3. ^ 清水建設の大型オフィスビル「横浜アイマークプレイス」開業(動産投資ニュース 2014年5月16日)
  4. ^ a b (仮称)MM21-46街区プロジェクト 「CASBEE横浜」評価結果 (PDF) (横浜市建築局:CASBEE横浜 平成24年度届出
  5. ^ a b c d e MM21地区に新たな大規模オフィスが開業 ~横浜アイマークプレイス“YOKOHAMA i-MARK PLACE”~(清水建設株式会社:ニュースリリース 2014年5月7日)
  6. ^ a b 2014年 横浜に新しい風が吹く(リビング横浜Web)
  7. ^ a b ecoBCPに対応した大規模免震賃貸オフィスビルに着工 ~国内最大級1フロア約1,700坪の(仮称)MM21-46街区プロジェクト~(清水建設株式会社:ニュースリリース 2012年12月5日)
  8. ^ a b ジャックモール跡地の現状をレポート!はまれぽ.com 2014年4月12日)
  9. ^ 横浜アイマークプレイス 物件詳細(シービーアールイー株式会社)
  10. ^ a b 企業立地促進条例に基づき3件の事業計画を認定!(横浜市経済局 平成26年(2014年)4月16日)
  11. ^ 企業立地促進条例に基づき4件の事業計画を認定!(横浜市経済局 平成27年(2015年)2月4日)
  12. ^ 当社連結子会社2社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ (PDF) (日本KFCホールディングス株式会社:ニュースリリース 2017年5月10日)
  13. ^ 日本KFC、「ピザハット」を売却 投資ファンドに(ITmedia:ビジネスオンライン 2017年5月10日)
  14. ^ 企業立地促進条例に基づき2件の事業計画を認定!(横浜市経済局 平成28年(2016年)8月17日)
  15. ^ a b KFC本社、MM21に 市企業立地条例で認定 横浜市(神奈川新聞:カナロコ 2016年8月18日)
  16. ^ a b 日本KFCのみなとみらい地区への本社移転など、横浜市が認定(日本経済新聞 2016年8月19日)
  17. ^ a b 企業立地促進条例に基づき5件の事業計画を認定!(横浜市経済局 平成29年(2017年)11月29日)
  18. ^ 企業誘致ガイド:立地企業へのサポート(横浜市経済局)
  19. ^ アップル、横浜に開発拠点 日本の技術取り込み(日本経済新聞 2014年12月9日/ウェブ魚拓キャッシュ
  20. ^ アップル、横浜に開発拠点 来春にも 国外初、数十人勤務へ(東京新聞 2014年12月10日)
  21. ^ a b 米アップルの研究開発拠点 横浜・MM21の「アイマークプレイス」に(神奈川新聞:カナロコ 2014年12月27日/ウェブ魚拓キャッシュ
  22. ^ 【テナント】横浜アイマークプレイスに開発拠点、アップル(日経不動産マーケット情報 2015年1月19日)
  23. ^ a b c Appleのテクニカル・デベロップメント・センター、横浜アイマークプレイスにて稼働中(Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] 2016年2月27日)
  24. ^ a b 今昔画像19枚 Appleテクニカル・デベロップメント・センターの本当(カグア!Googleアナリティクス解説Blog 2016年10月19日)
  25. ^ a b c Apple Japan合同会社への転職・求人情報(転職情報サイト「DODA2017年1月23日閲覧同日付のウェブ魚拓キャッシュ) ※2016年のエンジニア募集(2月6日に合同転職面談会開催)で、勤務地に「横浜みなとみらいアイマークプレース」とある。
  26. ^ アップル、横浜の工場跡地取得へ 国内の開発拠点拡充(朝日新聞デジタル 2015年3月13日/ウェブ魚拓キャッシュ
  27. ^ アップル、新たにパナソニック工場跡取得で国内開発拠点拡充へ!(iPhone Mania 2015年3月13日)
  28. ^ 横浜市 アップルの「テクニカル・デベロップメント・センター」 計画名「綱島TDC計画」の概要が判明!(東京・大阪 都心上空ヘリコプター遊覧飛行 2015年7月7日)
  29. ^ 綱島東の「Appleテクニカル・デベロップメント・センター」は12月中に完成(ヨコハマ経済新聞 2016年10月14日)
  30. ^ 米アップル研究所「綱島TDC」稼働は年度内? 官房長官の視察で相次ぎ報道(横浜日吉新聞 2017年1月20日)
  31. ^ Appleの綱島技術開発センター、年内に完成か(ITmedia ニュース/MACお宝鑑定団 2016年10月17日)
  32. ^ 株式会社エクサのインターンシップ情報(リクナビ2019)
  33. ^ 新本社営業開始のお知らせ(株式会社エクサ 2018年1月29日)
  34. ^ 本社移転のお知らせ(株式会社WOWOWコミュニケーションズ:ニュース&トピックス 2016年8月9日)
  35. ^ 三菱電機株式会社:製作所・研究所他
  36. ^ 三菱電機コントロールソフトウェア株式会社:事業所へのアクセス
  37. ^ 日本KFC/横浜に本社移転(流通ニュース:経営戦略 2016年5月2日)
  38. ^ 本社移転に関するお知らせ (PDF) (日本KFCホールディングス株式会社:ニュースリリース 2016年4月28日)
  39. ^ 日本KFCホールディングス株式会社のインターンシップ情報・企業情報リクナビ2018)
  40. ^ 日本KFC/横浜アイマークプレイスに本社移転、商品開発施設も集約(2017年2月20日)/日本KFC/横浜アイマークプレイスの本社とカーネルキッチンを公開(2017年3月9日)(流通ニュース)
  41. ^ Pioneer DJ株式会社、11月24日より横浜みなとみらいに本社を移転(@Press/Pioneer DJ株式会社:プレスリリース 2015年11月24日)
  42. ^ 【移転】横浜・MM21の新築ビルに本社、富士通コミュニケーションサービス(日経:ケンプラッツ 2014年2月26日)
  43. ^ ジョンソン株式会社 本社移転のお知らせ(ジョンソン株式会社:プレスリリース 2014年10月29日)
  44. ^ 株式会社モバイルテクノ 本社移転のお知らせ (PDF) (株式会社モバイルテクノ 2015年4月20日)
  45. ^ 東京本社および東京開発センターの移転について(株式会社PFU 2014年6月5日)
  46. ^ 横浜本社の業務開始日について(株式会社PFU 2014年10月1日)
  47. ^ NTTソフトがMM21・46街区に進出/横浜(神奈川新聞:カナロコ 2013年6月21日)
  48. ^ 横浜・横須賀オフィス統合移転のお知らせ(NTTソフトウェア株式会社 2014年8月4日)
  49. ^ エバラ本社がMM移転、グループ集約で14年5月に予定/横浜(神奈川新聞:カナロコ 2013年8月9日)
  50. ^ エバラ食品工業、国内グループ会社を集約し2014年5月本社をみなとみらいへ移転(オフィス通信 2013年10月22日)
  51. ^ 本社移転に関するお知らせ(エバラ食品工業株式会社:ニュースリリース 2014年4月23日)
  52. ^ 海上災害防止センター 事務所移転のお知らせ (PDF) (一般財団法人海上災害防止センター 2016年2月)
  53. ^ 横浜アイマークプレイス内に「ファミマ!!横浜アイマークプレイス店」を開店! ~お買い物だけでなく、心地よい空間もご提供~ (PDF) (株式会社ファミリーマート 2014年7月24日)
  54. ^ 紳士服コナカが横浜みなとみらいの複合ビルにオープン 紳士服コナカ 横浜みなとみらい店 2014.06.06.OPEN (PDF) (株式会社コナカ 2014年4月23日)
  55. ^ ~横浜みなとみらいに直営店オープン~ 『ブリヂストンゴルファーズストア横浜みなとみらい』オープン (PDF) (ブリヂストンスポーツ株式会社 2016年2月)
  56. ^ NEW OPEN!!『No.39横浜アイマークプレイスポート』(ベイバイク公式サイト 2014年5月13日)
  57. ^ 「みなとみらい21 Information」vol.88 (PDF) (横浜市都市整備局みなとみらい21推進課・一般社団法人横浜みなとみらい21・他 2017年3月発行)
  58. ^ 清水建設「YOKOHAMA GRANGATE(横浜グランゲート)」 公式サイト
  59. ^ 約550億円を投じ、大規模賃貸オフィスビルを開発 ~(仮称)MM21-54街区プロジェクト~(清水建設株式会社 2016年3月28日)