横浜スポーツマンクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社横浜スポーツマンクラブ
YOKOHAMA SPORTSMANCLUB CO., LTD.
サッカーグラウンド
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
240-0045
神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町1100
設立 1972年4月
業種 サービス業
法人番号 2020001010366
事業内容 スポーツ施設の運営他
代表者 相山武靖
資本金 4億9,500万円
主要株主 横浜国際ゴルフ倶楽部 100%
外部リンク http://www.ysc-net.com
テンプレートを表示

株式会社横浜スポーツマンクラブ(よこはまスポーツマンクラブ 英語: YOKOHAMA SPORTSMANCLUB CO., LTD.)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区に本社を置く、種目複合、住宅隣接型、複合型スポーツ施設の経営会社。

概要[編集]

ゴルフ場横浜カントリークラブを経営する株式会社横浜国際ゴルフ倶楽部の100%子会社である。

1958年から始まった横浜カントリークラブ一帯の開発に付随する形で開発が始まった。

JR東戸塚駅西口至近の33万坪敷地内に、横浜カントリークラブに隣接して、ゴルフドライビングレンジ(ゴルフ練習場:打席数90)、ローンテニスクラブ(12面)、一般向けテニスコート(3面)、「フットスクエア横浜」フットサルコート(3面)、サッカーグラウンド、レストラン等の経営を行っている。

なお、サッカーグラウンドは元々横浜大洋ホエールズ(現DeNAベイスターズ)の2軍の練習会場「保土ヶ谷大洋球場」として使われ、その後1986年ホエールズ総合練習場(現ベイスターズ総合練習場)が横須賀市に誕生・移転したのに伴い野球場からパターゴルフ場に一度転換した後、1994年から当時の横浜フリューゲルスの練習場「戸塚トレーニングセンター」としてほぼ現在の形に整備されたものである。

フリューゲルスがマリノスに統合されてからも、F・マリノスの練習場として使用した後、2006年から横浜FCと賃貸契約を結び、横浜FC レオックトレセンとして4年間使用していたが、2010年に横浜FCが西谷に練習場を移転後は横浜スポーツマンクラブが運営した市民開放型の貸グラウンドとしたが、2013年から横浜FCの関連一般社団法人「横浜FCスポーツクラブ」と賃貸契約を結び、下部組織を中心に再び横浜FCの練習に使われることになった。

アクセスは自動車利用の場合、東京都世田谷区目黒区大田区渋谷区港区品川区)から30~40分、横浜市内主要部から20分、JR東戸塚駅から5分。

リンク[編集]