横浜市中央卸売市場本場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かまぼこ屋根が緑色に塗り替えられた市場センタービル(2017年5月14日)⇒過去の画像

横浜市中央卸売市場 本場(よこはましちゅうおうおろしうりしじょう ほんじょう)は、神奈川県横浜市神奈川区山内町[注 1]山内埠頭)に位置する横浜市中央卸売市場の二市場の一つ。

概要[編集]

日本国内で三番目、東日本で初となる中央卸売市場として1931年昭和6年)に開場。卸売市場法に基づき設置・運営されている。敷地面積は98,748平方メートルで、水産物青果鳥肉鶏卵などを主に取り扱っている。また、市場休場日は毎週日曜日および祝日のほか、水曜日にも臨時休場日が設けられることがある。

横浜市の中央卸売市場では統合・再編計画が進められており、2014年平成26年)度末で南部市場金沢区鳥浜町)が中央卸売市場としては廃止となり本場に統合された[1][2](統合に伴う全体の整備完了は2016年(平成28年)度を予定[3]、詳細は「横浜市中央卸売市場#統合・再編計画」を参照)。

市場の機能強化としては2014年(平成26年)度から2015年(平成27年)度にかけて水産棟の低温化改修工事(温度管理施設整備)を実施した[4][5]ほか、2020年令和2年)度から2023年(令和5年)度にかけて青果部施設の増築(3棟)を行い、屋内荷さばき場や冷蔵保管庫などの施設を整備する計画である[6][7][8]

なお、市場近辺を挟んで東西に広がる地域(コットンハーバー地区およびポートサイド地区)では再開発事業が進行中である。また当市場まで結ぶ道路橋として、みなとみらい地区からは「みなとみらい橋」(歩道整備済み)、コットンハーバー地区からは「コットン大橋」(歩道未整備のため自動車等の通行のみ)が整備されている[注 2]。この他、2017年(平成29年)12月には横浜駅東口から当市場を経由して、みなとみらい地区、山下埠頭地区方面までロープウェイなどの索道で結ぶ空中交通構想も浮上している[9]

沿革[編集]

施設[編集]

敷地総面積は115,843m2[15]せりが行われる市場のほか、水産棟や青果棟、冷蔵庫棟などがある。また、市場内には市場関係者に限らず一般人も利用できる飲食街(食堂)も備える。詳細は横浜市経済局のサイト内「本場施設情報ページ」を参照のこと。

イベント[編集]

  • 横浜市場まつり(毎年10月に開催)
    雨天決行・入場無料。南部市場の中央卸売市場廃止以前は、「南部市場まつり」と同時開催されていた。
  • 「ハマの市場を楽しもう!」(毎月第一・第三土曜日)
    水産部による地域交流イベント。仕入れ体験や魚裁き教室などを行っている[16]

所在地・交通[編集]

みなとみらい橋から市場方面を望む
所在地: 神奈川県横浜市神奈川区山内町1-1

電車・徒歩[編集]

バス[編集]

  • 横浜駅東口(16番乗り場)より横浜市交通局48系統「コットンハーバー」「東神奈川駅」行き、「中央市場前」下車(乗車約5分)

[編集]

ギャラリー[編集]

市場センタービル

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 青果部は橋本町1丁目にも跨っている。
  2. ^ 共に横浜港臨港幹線道路の一部となっている。

出典[編集]

  1. ^ 横浜市中央卸売市場の再編・機能強化について (PDF) (横浜市経済観光局〈記者発表資料〉 平成22年 (2010年) 7月26日)
  2. ^ 横浜市中央卸売市場(本場・南部市場)の再編・機能強化(横浜市経済局)
  3. ^ 横浜市中央卸売市場の再 ・機能強化事業の進捗状況について (PDF) (横浜市経済局〈経済・港湾委員会資料〉 平成25年 (2013年) 2月20日)
  4. ^ 品質・衛生管理を強化 水産棟を低温化に改修 横浜市中央卸売市場神奈川新聞〈カナロコ〉 2016年3月31日)
  5. ^ 卸売市場 温度管理施設が誕生 大幅改修で機能強化タウンニュース〈神奈川区版〉 2016年4月7日号)
  6. ^ 平成30年度第1回横浜市公共事業評価委員会〔事前評価〕横浜市中央卸売市場本場青果部施設整備事業 (経済局) (PDF) (横浜市公共事業評価委員会 平成30年 (2018年) 7月30日)
  7. ^ 横浜市 市場本場の青果部施設を増築 (2018年2月14日)/横浜市 市場青果部増築設計を大建で (2018年6月1日)(建通新聞〈電子版〉
  8. ^ お知らせ看板情報:横浜市中央卸売市場本場青果部施設整備工事(建設データバンク〈KDB〉
  9. ^ 横浜→山下ふ頭に空中交通!? ロープウエー構想浮上(神奈川新聞〈カナロコ〉 2017年12月30日)
  10. ^ a b 横浜市中央卸売市場の概要 (PDF)
  11. ^ 1948年(昭和23年)1月20日農林省告示第4号「食品局駐在官の設置に関する件」
  12. ^ 1948年(昭和23年)12月20日農林省告示第270号「食品局駐在官の設置に関する件中改正」
  13. ^ 1957年(昭和32年)7月6日農林省告示第587号「中央卸売市場の取扱品目に変更があつた件」
  14. ^ 1982年(昭和57年)11月13日日本国有鉄道公示第167号「駅の廃止」
  15. ^ 横浜市中央卸売市場 概要(横浜市経済局)
  16. ^ 中央卸売市場で被災地復興支援をテーマに「横浜市場まつり」(ヨコハマ経済新聞 2011年10月21日)
  17. ^ JAPAN FAMILY FESTIVAL vol.03(2016年)のサイト2017年5月18日閲覧)より

関連項目[編集]

  • 中央卸売市場
  • 横浜南部市場 - 金沢区にある民営市場。かつては横浜市中央卸売市場の南部市場であったが、前述の通り当市場へ統合され、中央卸売市場としては廃止となった。
  • みなとみらい地区 - 当市場エリアとみなとみらい橋で接続。
  • ポートサイド地区 - 隣接する再開発地域。
  • コットンハーバー地区 - 山内埠頭内で隣接する再開発地域。当市場エリアとは自動車専用「コットン大橋」または歩行者専用通路「コットンみらいロード」で接続。

座標: 北緯35度28分1.9秒 東経139度38分3.9秒