横浜市立大学医学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜市立大学医学会
創立者 高木逸磨
設立 1948年(昭和23年)
起源 十全醫院
主要人物 齋藤知行(会長)
活動地域 日本の旗 日本
主眼 医学研究の推進
会員数 5,265人
ウェブサイト http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~igakukai/index.html
テンプレートを表示

横浜市立大学医学会(よこはましりつだいがくいがくかい、: Yokohama City University Medical Association)は、横浜市立大学医学部医学科・大学院医学研究科に在籍する教員学生横浜市立大学附属病院附属市民総合医療センターに勤務する医師、及び横浜市立大学医学部医学科同窓会(倶進会)会員をもって構成される学術団体医学研究を推進し、会員の学識を高め、あわせて会員相互の連携を図ることを目的としている。

本部事務局を横浜市立大学医学部内に置いている[1]

概要[編集]

宣教師ジェームス・カーティス・ヘボンと宣教師デュアン・シモンズが、横浜の近代医学の基礎を築いたといわれる。とくにシモンズは、1871年(明治4年)に横浜に設立された「十全醫院」(現:横浜市立大学附属市民総合医療センター)に勤務し、後進の指導を行った。十全醫院は最新の西洋医学を学ぶ日本人医師が集う場となり、日本の近代医学の一つの源流となった。1891年(明治24年)に十全醫院は横浜十全医院に改称し、1944年(昭和19年)に横浜十全医院を中核として横浜市立医学専門学校(後に横浜医科大学)が開校した。そして、1948年(昭和23年)に横浜医科大学(後に横浜市立大学医学部)を中心に神奈川県医師会、横浜市医師会が参加し、医学研究の推進を目的とした「横浜医学会」(: Yokohama Medical Association)が設立された[2]

ヘボンとシモンズ以来の伝統を受け継いだ横浜医学会は1967年(昭和42年)に神奈川県医師会と分離し、1976年(昭和51年)に横浜市立大学医学部医学科同窓会(倶進会)の会員全員加入の新組織として、横浜医学会を継承する「横浜市立大学医学会」が発足した[2]

現在、横浜市立大学医学会は5000名以上の医師医学生の会員を擁する。

主な事業[編集]

  • 学術誌の発行
  • 医学会講演会の開催
  • 横浜市立大学医学会賞・医学研究奨励賞の授与

横浜医学[編集]

横浜医学は、横浜医学会の学会誌として、1948年(昭和23年)6月に創刊された学術誌。1976年(昭和51年)以降、横浜市立大学医学会の学術誌として、出版は継続されている[3]。 創刊時の英称はJournal of Yokohama Medical Associationであったが、横浜医学会から横浜市立大学医学会への移行に伴い、The Yokohama Medical Journalに変更された。その際に雑誌表装もブルーとなり、今日に至る[4]

横浜医学は、基礎臨床社会医学を含めた医学及び関連領域のすべてを対象とし、創刊以来、会員による研究の成果を広く紹介することを目的とする。掲載記事は、原著論文、症例報告、総説、トピックスなどがある。言語は英語日本語

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]