横浜市立栗田谷中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜市立栗田谷中学校
Kuritayajuniahighschool.JPG
過去の名称 横浜市立青木中学校
国公私立 公立学校
設置者 横浜市
設立年月日 1947年(昭和22年)5月1日
(横浜市立青木中学校として)
所在地 221-0804
横浜市神奈川区栗田谷3番地1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

横浜市立栗田谷中学校(よこはましりつ くりたやちゅうがっこう)は、神奈川県横浜市神奈川区栗田谷に所在する公立中学校。栗中(くりちゅう)と略称されるである。

沿革[編集]

  • 1947年昭和22年)
    • 5月1日 横浜市立青木中学校として幸ヶ谷小学校に併設
    • 5月5日 開校幸ヶ谷・栗田谷・三ッ沢の小学校の卒業生、1、2年生計518名、職員11名
    • 5月6日 幸ヶ谷小学校より5教室および講堂を借り、授業開始
    • 5月14日 講堂は区役所使用となり代わりに6教室を借りる
    • 5月30日 PTA後援会創立
    • 11月29日 PTA創立
  • 1948年(昭和23年)4月1日 入学式入学生461名各学年揃う計979名職員34名
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月23日 第一回卒業式卒業生110名
    • 4月1日 入学式入学生473名栗田谷中学校
    • 7月4日 校名を変更して「横浜市立栗田谷中学校」となる
    • 7月22日 栗田谷小学校校舎に移転
    • 9月1日 生徒数1387名職員45名の陣容
  • 1950年(昭和25年)
    • 2月1日 校章制定
    • 2月7日 校歌制定
    • 4月1日 通学区域変更。幸ヶ谷・二ッ谷小(昭和24年11月25日栗田谷小学校改称)および 青木小(昭和23年11月25日復校)区域内の内、沢渡・高島台・上反町 ・桐畑・反町・台町・鶴屋町・北軽井沢4・栗田谷・松本町の一部となる
    • 4月6日 横浜市立松本中学校新設。本校生徒383名(2、3年生)松本中学校に転校し、 生徒数1,267名職員44名となる
  • 1955年(昭和30年)6月9日 十周年記念式典
  • 1972年(昭和47年)6月29日 開校記念日の制定、7月4日とする
  • 1973年(昭和48年)7月3日 体育館兼講堂落成記念式典
  • 1977年(昭和52年)11月12日 三十周年記念式典
  • 1981年(昭和56年)
    • 2月13日 神奈川県教育委員会理科教育課研究推進校研究発表会第一次発表
    • 7月13日 〃第二次発表
  • 1982年(昭和57年)12月8日 改築新校舎および体育館付帯施設完成
  • 1984年(昭和59年)2月15日 健康優良校として市より表彰を受ける
  • 1997年平成9年)5月17日 50周年記念式典
  • 2000年(平成12年)3月22日 格技場「栗子館」落成記念式典
  • 2003年(平成15年)
    • 2月 体育館兼講堂内装全面改装
    • 4月1日 二学期制試行開始
    • 7月29日 情報処理室コンピューター更新
  • 2004年(平成16年)4月1日 二学期制開始
  • 2005年(平成17年)7月 体育館床改装
  • 2006年(平成18年)4月4日 PSY(パイオニアスクールよこはま)の指定を受ける

アクセス[編集]

通学区域[編集]

  • 横浜市立幸ヶ谷小学校区域すべて
    • 青木町、大野町、神奈川一丁目、神奈川二丁目、神奈川本町、金港町、幸ケ谷、栄町、橋本町、東神奈川一丁目、星野町、山内町
  • 横浜市立二谷小学校区域すべて
    • 旭ケ丘、西神奈川一丁目、西神奈川二丁目、二本榎1番から27番31号まで、28番、白楽1番地から89番地まで、108番地から115番地まで、平川町、広台 太田町、二谷町
  • 横浜市立青木小学校区域のうち
    • 上反町、桐畑、栗田谷1番から10番まで、14番1号から14番4号まで、15番11号から15番52号まで、沢渡、台町、高島台、反町、鶴屋町、松本町1丁目、2丁目
  • 横浜市立斎藤分小学校区域のうち
    • 斎藤分町30番14号から30番52号まで、31番から53番まで、中丸

出身著名人[編集]

関連項目[編集]