横浜市立義務教育学校霧が丘学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横浜市立義務教育学校霧が丘学園
過去の名称 横浜市立小中一貫校霧が丘小中学校
国公私立の別 公立学校
学校種別 義務教育学校
設置者 横浜市
併合学校 横浜市立霧が丘小学校
横浜市立霧が丘中学校
設立年月日 2016年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 226-0016
横浜市緑区霧が丘四丁目
3番地(小学部)
4番地(中学部)
公式サイト [1] (日本語)
テンプレートを表示

横浜市立義務教育学校霧が丘学園(よこはましりつぎむきょういくがっこうきりがおかがくえん)は、神奈川県横浜市緑区にある横浜市立の義務教育学校である。

概要[編集]

横浜市立義務教育学校霧が丘学園は、横浜市に設置されている公立学校である。

沿革[編集]

経緯[編集]

当校は2006年4月に開校した横浜市立霧が丘小学校と1982年4月に開校した横浜市立霧が丘中学校を前身とする。両校は、2010年4月より横浜市立小中一貫校 霧が丘小中学校として小中一貫教育を実施した[1]。2016年の学校教育法改正法施行により義務教育学校が新設され、これを受けて神奈川県下で初めての義務教育学校として開校した[2]

年表[編集]

学校教育目標[編集]

人とのかかわり合いを大切にした教育を推進し、豊かな人間性をもった児童・生徒を育てます[3]

学校行事[編集]

体育祭、学習発表会、合唱祭、百人一首大会

通学区域[編集]

  • 横浜市緑区
    • 霧が丘一丁目、霧が丘二丁目、霧が丘三丁目、霧が丘四丁目、霧が丘五丁目、霧が丘六丁目
    • 十日市場町1863番地、1864番地、1866番地、1867番地、1916番地から1922番地、2031番地から2,047番地まで、2,057番地から2,462番地まで、2,463番地の4、2,471番地から終りまで[4]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 学校のあゆみ 2016年4月2日 霧が丘学園中学部
  2. ^ 霧が丘学園」 県内唯一の義務教育学校 横浜 /神奈川 毎日新聞 2016年4月6日
  3. ^ 横浜市立小中一貫校 霧が丘小中学校 平成27年度版 中期学校経営方針
  4. ^ 小・中学校通学区域 横浜市

関連項目[編集]