横浜特別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

横浜特別(よこはまとくべつ)とはかつて横浜競馬場の芝3200メートルで行われていた競馬の特殊競走(現在の重賞競走に相当)である。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1928年5月19日 ニツポン 牡4 3:33 1/5 稲葉秀男
第2回 1928年11月10日 キヨタキ 牡4 3:35 2/5 徳田伊三郎 清浦敬吉
第3回 1929年5月18日 アヤセ 牡4 3:36 4/5 稲葉秀男 田口邦重
第4回 1929年11月9日 キタノホシ 牡5 3:41 1/5 元石吉太郎 吉田善助
第5回 1930年5月31日 ウエツトチヤペル 牝5 3:34 2/5 清水権平
第6回 1930年11月8日 ケンシユン 牡4 3:33 0/5 清水権平
第7回 1931年5月30日 ケンコン 牡4 3:40 0/5 函館孫作
第8回 1931年11月3日 ハクリユウ 牡3 3:32 1/5 稲葉秀男 北郷五郎 新井八郎
第9回 1932年5月15日 ハクヨシ 牡4 3:29 2/5 二本柳勇 尾形景造 遠山芳三
第10回 1932年10月9日 ワカタカ 牡3 3:29 1/5 函館孫作 東原玉造 乾鼎一
第11回 1933年5月14日 アスコツト 牡5 3:31 1/5 尾形景造 尾形景造 ドライバー
第12回 1933年10月15日 ハクセツ 牡4 3:32 4/5 田中和一郎 田中和一郎 小林暢
第13回 1934年5月13日 ライリキ 牡4 3:40 2/5 清水茂次
第14回 1934年10月28日 ハツピーランド 牝4 3:33 1/5 美馬勝一 佐藤順治 林民雄
第15回 1935年5月19日 ヤヘヒカリ 牝4 3:39 1/5 伊藤正四郎 尾形景造 和田孝一郎
第16回 1935年11月10日 ナンコウ 牡4 3:43 3/5 武田文吾
第17回 1936年5月17日 クレオパトラトマス 牝4 3:39 2/5 函館孫作
第18回 1936年11月8日 ツキヤス 牡4 3:39 3/5 稲葉秀男 田中和一郎 安永喜七郎
第19回 1937年5月16日 イワヰカブト 牡4 3:28 3/5 尾形景造 大久保房松 デー・エム
第20回 1937年11月7日 ナミトミ 牝4 - 尾形景造 高橋政次郎 西橋外男
第21回 1938年4月29日 アヅマダケ 牡4 3:32 3/5 内藤潔 尾形景造 カワナ
第22回 1938年10月15日 ニユーフオード 牡4 4:09 1/5 野平省三 野平省三 鳴海周次郎
第23回 1939年4月30日 スゲヌマ 牡4 3:46 1/5 伊藤正四郎 小山内重蔵 千明賢治
第24回 1939年10月15日 ヘンウン 牡4 3:50 3/5 岸参吉 鈴木信太郎 カノウ
第25回 1940年5月4日 エスパリオン 牡5 3:55 3/5 荒井初太郎
第26回 1940年10月19日 ヘンウン 牡5 3:52 2/5 杉浦照 鈴木信太郎 カノウ
第27回 1941年3月28日 タマサクラ 牝5 3:51 3/5 浅野武志 新本秀吉
第28回 1941年10月5日 ミスミナミ 牝4 3:56 0/5 東原玉造 池得次
第29回 1942年3月29日 ライオンカツプ 牡4 2:46 3/5 八木沢勝美 カブト
第30回 1942年10月11日 テツバンザイ 牝4 3:57 4/5 稲葉幸夫 稲葉幸夫 林良一
第31回 1943年4月4日 クリヒカリ 牡4 2:50 4/5 小西喜蔵 田中和一郎 栗林友二
第32回 1943年10月17日 フアンタスト 牝3 3:45 1/5 小西喜蔵 田中和一郎 加藤雄策
第33回 1944年5月7日 クリフジ 牝4 2:39 4/5 前田長吉 尾形景造 栗林友二
  • レース名:第29回以降 「横浜記念」
  • 距離:第22、32回 3400m、第23 - 28、30回 3450m、第29、31回 2600m、第33回 2400m
  • 競馬場:第31、33回 東京競馬場、第32回 中山競馬場
  • 第20回は1位入線馬が失格、2位入線のナミトミが繰り上がりで優勝。そのため正確な勝時計が存在しない。第33回は能力検定競走として施行。