横浜都市発展記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 横浜都市発展記念館
Museum of Yokohama Urban History
横浜都市発展記念館の入口
施設情報
収蔵作品数 約22,000点(平成25年度)[1]
来館者数 39,688人(平成25年度)[2]
事業主体 横浜市[3]
管理運営 (公財)横浜市ふるさと歴史財団[3]
開館 2003年3月15日[4]
所在地 231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通12
位置 北緯35度26分46.576秒 東経139度38分35.722秒 / 北緯35.44627111度 東経139.64325611度 / 35.44627111; 139.64325611座標: 北緯35度26分46.576秒 東経139度38分35.722秒 / 北緯35.44627111度 東経139.64325611度 / 35.44627111; 139.64325611
公式サイト  http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/
プロジェクト:GLAM

横浜都市発展記念館(よこはまとしはってんきねんかん、Museum of Yokohama Urban History)は、神奈川県横浜市にある横浜市の発展のあゆみを展示する博物館である。2003年3月開館[4]横浜ユーラシア文化館と同一の建物内(4階)にある。

概要[編集]

横浜市の発展と拡大に関して「都市形成」「市民のくらし」「ヨコハマ文化」の三つの側面に焦点を当て、関東大震災以降の歴史資料を中心に展示している[5][6]。建物は、2000年(平成12年)に「旧横浜市外電話局」として横浜市認定歴史的建造物に認定された建造物を改修し利用している[7][8]。管理運営団体は公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団

収蔵品と展示[編集]

横浜の都市形成、生活文化の歴史に関する資料(遺物、図書、写真、新聞雑誌、文書、絵葉書、地図、図面、電子資料など)を2014年時点で約22,000点ほど収蔵している[9]。展示は、常設展と企画展からなる。企画展は、同じ建物に同居する横浜ユーラシア文化館と、共有スペース(3階)で交互に行っている。屋外展示および1階は入場無料で見学可能となっている。

収蔵品の一部はウェブサイトでも閲覧可能であり、昭和初期の横浜中心地区にあったさまざまな施設を当時の歴史地図上に表示した『横浜歴史情報マップ』[10]や、大正~昭和戦前期中心に横浜の風景が描写された絵葉書約600枚が閲覧できる『横浜絵葉書データーベース』[11]、昭和9年の横浜の写真306枚と解説文265点を公開した『横浜グラフ』[12]などがある。

刊行物[編集]

図録、古地図のほか、2005年から『横浜都市発展記念館紀要』が刊行されており、『映像でたどる昭和の横浜(DVD)』の映像資料などもある[13]。また、年2回ニュースレター『ハマ発Newsletter』が発行されており、ウェブ上で公開されている[14]

展覧会図録流用事件[編集]

2015年2月に法政大学出版局が刊行した学術書「水都学3」の所収論文に、当記念館の展覧会図録からの流用があったことが7月に 発覚し、執筆者の大学教授が流用を認め謝罪、出版局が同書に説明文書を付けることで合意した[15]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市ふるさと歴史財団 『平成25年度事業報告書』(PDF)、57-57頁。2015年2月22日閲覧。
  2. ^ 横浜市ふるさと歴史財団 『平成25年度事業報告書』(PDF)、59-59頁。2015年2月22日閲覧。
  3. ^ a b 横浜市指定管理者一覧
  4. ^ a b “横浜のあゆみ紹介 横浜・中区に記念館きょう開館”. 朝日新聞: 31面(神奈川1面). (2003年3月15日) 
  5. ^ 横浜都市発展記念館パンフレット
  6. ^ 横浜都市発展記念館, 2003,『目でみる「都市横浜」のあゆみ』
  7. ^ 歴史を生かしたまちづくり 横浜市認定歴史的建造物 一覧”. 2015年2月22日閲覧。
  8. ^ 旧横浜市外電話局~横浜都市発展記念館”. 2015年2月22日閲覧。
  9. ^ 横浜市ふるさと歴史財団 『平成25年度事業報告書』(PDF)、56-56頁。2015年2月22日閲覧。
  10. ^ 横浜歴史情報マップ”. 2015年2月22日閲覧。
  11. ^ 横浜絵葉書データベース”. 2015年2月22日閲覧。
  12. ^ 横浜グラフ”. 2015年2月22日閲覧。
  13. ^ 横浜都市発展記念館:当館刊行物”. 2015年2月22日閲覧。
  14. ^ ハマ発Newsletter第1号~横浜都市発展記念館”. 2015年2月22日閲覧。
  15. ^ 展覧会図録を論文に流用 法政大教授が謝罪”. 日本経済新聞. 2015年8月28日閲覧。

関連項目[編集]