横浜青葉インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
横浜青葉インターチェンジ
横浜青葉ジャンクション
横浜青葉出入口
Yokohama Aoba IC.jpg
首都高速神奈川7号横浜北西線開通後の様子
(2020年3月撮影)
所属路線 E1 東名高速道路
IC番号 3-1
料金所番号 01-134
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0246.svg 横浜青葉 市ヶ尾
起点からの距離 13.3 km(東京IC起点)
東名川崎IC (5.7 km)
(0.8 km) 港北PA
所属路線 Shuto Urban Expwy Sign K7 (NW).png首都高速神奈川7号横浜北西線
IC番号 759
料金所番号 12-983(東名接続)
本線標識の表記 横浜青葉 市ケ尾 藤ヶ丘
起点からの距離 7.1 km(横浜港北JCT起点)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0246.svg 国道246号
供用開始日 (東名)横浜青葉IC : 1998年3月20日
(首都高)横浜青葉出入口・横浜青葉JCT : 2020年3月22日
通行台数 31,000台/日
所在地 227-0042
神奈川県横浜市青葉区下谷本町35番地12
テンプレートを表示
東名高速道路(右上から左下)、首都高(右下)、国道246号(左上奥)が複雑に連結されている
付近には谷本川が流れる
横浜青葉ICのランプウェイ

横浜青葉インターチェンジ(よこはまあおばインターチェンジ)は、神奈川県横浜市青葉区にある東名高速道路インターチェンジである。国道246号に連絡している。首都高速神奈川7号横浜北西線と接続する横浜青葉ジャンクション(よこはまあおばジャンクション)と首都高速神奈川7号横浜北西線の横浜青葉出入口(よこはまあおばでいりぐち)が併設されている[1]

概要[編集]

国道246号との接続、東名高速道路と首都高速神奈川7号横浜北西線の交差と全方向の接続、東名高速道路と首都高速神奈川7号横浜北西線の各料金所の設置を実現するため、南北約1.5km、東西約0.4kmという大規模で複雑な構造となっている。

東名高速道路唯一のY型インターチェンジである(東名高速道路でトランペット型でないインターチェンジは、他に東京IC裾野ICの2箇所のみ)。

当ICから下り線(静岡名古屋方面)に入る場合、本線に合流するとすぐに港北PAがあり、合流車線がそのままPAへの減速車線となる。そのため、ICから本線へ合流する車両と本線からPAに入る車両が交わる「織り込み交通」が発生する。本線への流入路分岐部の方向標識は東京-清水間で唯一、下り方面が「名古屋」ではなく「静岡」と表示されている。

本ICの開設に合わせ、1998年3月10日に国道246号の接続部分も市ヶ尾立体として高架化された。また、供用開始当初より横浜環状北西線の接続を見越し、長いランプウェイや分岐の準備構造が設けられた。

道路[編集]

接続する道路[編集]

  • 直接接続
    • Japanese National Route Sign 0246.svg 国道246号
    • 横浜市道市ヶ尾134号線(出口)、市ヶ尾87号線(入口)

料金所[編集]

  • ブース数:15

東名入口[編集]

  • ブース数:3
    • ETC専用(時間帯によってはETC/一般):1
    • ETC/一般 : 2

東名出口[編集]

  • ブース数:6
    • ETC専用(時間帯によってはETC/一般):3
    • 一般:3

東名→首都高[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1

首都高→東名[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1

首都高入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1


歴史[編集]

横浜市北西部地域の交通の利便性向上と横浜町田インターチェンジ(旧称=横浜インターチェンジ)の渋滞緩和のために開設された。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開通記念イベントおよび開通式典は中止された[3][4]

周辺[編集]

[編集]

E1 東名高速道路
(3) 東名川崎IC - (3-1) 横浜青葉IC/JCT - 港北PA - (4) 横浜町田IC
Shuto Urban Expwy Sign K7 (NW).png首都高速神奈川7号横浜北西線
横浜港北JCT/ (757,758)横浜港北出入口 - 横浜青葉JCT/(759) 横浜青葉出入口

その他[編集]

橋脚は横浜環状北西線の接続を見越した構造となっている(2011年2月撮影)
  • ICランプ橋下の空間の一部は横浜市の放置自転車保管場所として利用されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東名またぐ横浜青葉JCTの「最高所」へ 首都高「横浜環状北西線」工事現場に潜入(写真25枚) - 乗りものニュース(2018.11.16版)2018年11月16日閲覧
  2. ^ 横浜北西線(横浜北線〜東名高速)が2020年3月22日16時に開通します ファンランイベント(2020年2月29日)・一般公開イベント(2020年3月8日)も開催”. 首都高速道路株式会社・横浜市道路局 (2019年12月18日). 2019年12月18日閲覧。
  3. ^ 横浜北西線開通記念イベントの中止について”. 首都高速道路株式会社・横浜市道路局 (2020年2月20日). 2020年4月2日閲覧。
  4. ^ 横浜北西線 開通式典の開催中止について”. 首都高速道路株式会社・横浜市道路局 (2020年3月12日). 2020年4月2日閲覧。

関連項目[編集]